1. TOP
  2. 背中汗で白くなったTシャツを同僚に指摘されショック!

背中汗で白くなったTシャツを同僚に指摘されショック!

shutterstock_454218922
現在三十二歳会社員の女です。学生の頃から汗っかきで、当時は自転車通学でしたのでよく汗をかいていました。私は「新陳代謝が活発だからだろうな〜」と思ってましたし、自転車で片道二十分以上かかる道を通学していたので、「それだけ走れば汗をかくに決まっている!」と思っていたんですが…。

当時はまだ汗に対するデオドラントがありませんでしたので、学校についたら汗を拭くかスプレーをするくらいの対策しかしていませんでした。当時から汗とはそういうものだ、自然と出るんだから仕方ないという認識だったのです。

大人になってからもその意識は変わりなく…自分の汗っかきもそのままで、ダイエットをして痩せたら多少はましになるはず!と思いダイエットを行ってみても結局汗の量は変わらず…「そういう体質なんだ」と思って開き直って過ごしていました。

湿度が高くなる5月にすでに汗…周りの社員は涼しい顔

現在勤めている会社は最寄り駅から徒歩で三十分くらいかかります。社員は最寄駅から全員徒歩で会社にくるのですが、やはり暑い時期には皆汗をかきます。

それは当たり前なのですが、私は5月の暑くなってきて湿度があがってくる時期ですでに汗を沢山かくようになってしまいます。ですが、周りの社員は5月はまだ涼しいらしく、汗をかいていません。

私も、別に暑くはないのですが先述どおり人一倍汗をかきますので、歩いていると汗をかいてしまうのです。なので、会社についたらまず服を着替えます。

でもその辺の季節はまだ気を抜いていますので、代わりの服などは会社に持っていっていないのです。なので汗をかいた状態で仕事をするハメになってしまいます。「今日はあんまり汗をかかないだろうから替えの服いらないや〜」と思って、持ってこなかったときに限って、よく汗をかいてしまうのです。

汗染みて、塩をふいた背中を同僚に指摘されショック…

私の会社は私服で仕事をするところでして、私は基本的に仕事中はよく黒い服、黒いTシャツばかりを着ています。そして通勤で汗をかいた日は、汗ジミが出来てしまうのです。黒のTシャツの背中の辺りに白の汗ジミ…というか塩をふくのです。

それを同僚に指摘されたことがありました。背中は自分で気づきませんので、まさかそんなところに汗をかいてしかも白くなって塩をふいているとは思いもしません。今までももしかしたら塩をふいていることがあったの?と思うと、自分で気づかなかったことにショックを受けてしまいました。

実際、服を家で脱いで確認してみると、背中に白い模様みたいなものが入っているのが分かるのです。汗のあと、塩をふいたあとです。

他人はこれを見ていたのか、自分は気づかなかったのかということが凄くショックで、今は毎日変えの服を会社に持参するようにしていますし、デオドラントも毎日きちんと使用して何とか抑えられる部分は抑える努力をしています。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 代謝が良いと思っていた自分…大学のプレゼンで緊張して大量の顔汗

  • 高校生の頃から大量の顔汗が…社会人になる前に対策すべき?

  • 初対面の人との食事中に大量の汗で大恥…もう外食は嫌

  • 【味覚性多汗症の悩み】食事の時は真冬でも顔から滝汗が…

  • 顔汗のせいで数々のトラウマが…。汗に強い高価な化粧品も効果なし

  • 電話対応や接客中に大量の汗…周りの目が気になるので苦痛です