1. TOP
  2. 胸汗で心電図がくっつかない!?健康診断で大パニック

胸汗で心電図がくっつかない!?健康診断で大パニック

shutterstock_44065114

37歳の専業主婦です。

極端なあがり症の私は、学生の頃からひとり緊張しては、胸のあたりに大汗をかく→焦ってさらに汗をかくということを繰り返してきました。
卒業証書授与、大学のゼミの発表、友人の結婚式のスピーチなどの大事な場面で物事の開始早々、汗ばんできた自分の体が気になって集中できず、上の空のまま終わりを迎えていたことは、数え切れないほどありました。

そんな私の緊張と汗の付き合いは長いのですが、その中で最も印象深い、私にとっては特別な体験を紹介したいと思います。

汗びっしょりの胸。心電図の吸盤がくっ付かないかも!?

今から10年近く前、当時勤務していた会社での健康診断のときの出来事です。健康診断用の検査服に着替えた私は、いつものようにそれだけで緊張モード。

普段着慣れない格好をしたことに加え、健康診断会場で会社のお偉いさんたちに多数遭遇したことで、すっかり舞い上がってしまい、胸や首のあたりの汗が気になり始めます。
大丈夫!服に隠されて、汗は見えないはず!きっとまだそんなに匂わない、大丈夫!あれこれ考えながら、必死に自分を鼓舞していましたが、ピンチは突然やってきました。そう、忘れもしない心電図検査です。

「では、台に上がってね。胸のあたりにいくつか吸盤のようなものと、手首と足首に大きなクリップつけて調べるからね。」

手際よく作業を進めていく看護師の女性の手つきを見ながら、私の頭の中は緊張で真っ白になりました。

「ああ、どうしよう…よりによって、汗びっしょりのこの胸に吸盤をつけるなんて…汗で滑ってくっつかないかもしれないのに…どう思われるだろう、初対面の女性なのに嫌われるかも、」

と無性に悲しくなって、泣きたい気分になりました。

看護師の大らかな優しさと一言に救われた

shutterstock_177651827

そのときです。検査用の服の前を軽々と開け、吸盤を胸につけていた女性が、
「あはは、そんなに緊張しなくでも大丈夫。タオルで拭けちゃうし、何かがとれちゃったら、またつければいいだけだから。人生の大概のことはね、何とでもなるものだから、気楽に楽しめばいいんだよね。」と大らかに笑ってくれたのです。

気が付けば、私も大笑いしていました。

ついさっきまで、言いようもなく不安で泣きたいと思っていたのに、今度は、女性の大らかな温かさと優しさに、胸が一杯になり、嬉しくて涙が出そうになりました。
ひとり緊張し、汗をかき、絶体絶命だと思っていた心電図検査は、終わってみれば、嬉しい経験として、私の胸に残ることになりました。
その女性とは二度と会うことはなかったけれど、温かい大らかな笑い声は、今も耳に残っています。

人間そう簡単には変わらないようで、今でも何でもないことでひとり緊張して、胸や脇の汗を気にしています。でも心電図の一件以来、「大丈夫。何とかなるさ」と気楽に思えるようになりました。

汗は厄介モノだけど、たかが汗。ときには笑い飛ばしながら付き合っていきたいです。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 【多汗症の悲劇】顔汗で携帯電話のボタンを壊したのは私くらいです。

  • 【趣味で出たコンサート】汗じみが目立つシャツを着て大失敗!

  • 顔汗のせいで数々のトラウマが…。汗に強い高価な化粧品も効果なし

  • 【お漏らし?】太もも汗が異常なOLの死ぬ程恥ずかしい体験談

  • 汗を拭き過ぎて口唇ヘルペスに!化粧も崩れるのですっぴんで通勤

  • 【脇汗がひどい元キャバ嬢の体験談】ドレス着用時は脇を締めて接客