1. TOP
  2. 手汗でピアノの鍵盤がベトベトに…先生から言われた一言に傷つく

手汗でピアノの鍵盤がベトベトに…先生から言われた一言に傷つく

shutterstock_143817007
私は現在35歳の専業主婦です。汗は誰でもかくものだから仕方がないなど言われることがありますが、汗で悩んだことがある私からしたら、通常量ならば誰でも同じだと我慢できるけど、人よりも多い場合には大きな悩みになると思っています。

小学生の時のピアノ教室で先生に言われた事

私が子どもの頃から悩んでいたのは、、、手汗でした。初めて自分がそれを自覚したのが、小学生の頃にピアノ教室に通った時のことでした。
ピアノ教室で先生の前でピアノを弾いて習うということは多少緊張はしますし、そのこともあってか私はいつもピアノを弾くと鍵盤が汗でべとべとになっていました。

先生がそれを拭いてくれていたのですが、発表会の時に「○○ちゃんはタオルを持って行って、自分の発表が終わったら、鍵盤を拭いてから退場してね」と言われました。

後の人のことを考えるとそうした方が良いのですが、他の人はそんなことをしなくても問題ないようだったので、小学生ながらも私は人とは違うなと思っていました。

小中学生の頃にテストを受ける時にも、そのまま手を置いてテストをしているとテスト用紙がべとべとになるので、タオルを手の下にひいてテストを受けていましたし、授業の時にノートを書く時にもそうでした。

他の人と比べると不自由だなということは感じていました。

友達と手をつないだ時に言われた何気ない一言…

そして嫌だったのは、人と手をつなぐ機会です。他の人の手は私のようにべたべたとしていないので、手をつなぐということもすんなり抵抗なくできているようでした。

しかし私の場合はべとべとしていたので、他の人にどう思われるかなど気にして拭いてからつないでいました。
しかし高校生の時に、友人がふいに私の手をつないできたことがあったのです。

その友人は「きゃー。○○ちゃんの手は何でそんなにべとべとしているの!」と驚いて、自分の手を拭いていました。

悪気のない言葉だったのだと思いますが、その当時の私にとっては、やはりこれは周りに嫌がられることなんだという風に思いましたし、それからだいぶ時間が経ちましたが今でもショックで覚えています。

社会人になり、私と同じように手汗に悩んでいると思われる人を職場で見つけました。その人も事務仕事などの時には、タオルを握りしめていましたし、その時に私だけじゃないんだという妙な安心感がありました。

自分だけ人とは違う体質ということは、女子にとってはコンプレックスになります。

小さい頃から大人になるまでの私をずっと悩まし続けていました。こんな体質は嫌だなということは、何度も思っていました。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 汗っかきをコンプレックスに思うかどうかで人生が変わる!

  • 【多汗症の悲劇】顔汗で携帯電話のボタンを壊したのは私くらいです。

  • 顔の汗が最前列の生徒のプリントに…!悩んだ末に同僚の教師に相談

  • 提案書に顔汗がつく事も多々…でもお客様から意外な一言が!?

  • 【緊張魔のOLの顔汗対策!】首を冷やして化粧崩れを防いでいます

  • 顔の汗で大事故寸前に!【24歳トラックドライバーの体験談】