1. TOP
  2. 提案書に顔汗がつく事も多々…でもお客様から意外な一言が!?

提案書に顔汗がつく事も多々…でもお客様から意外な一言が!?

787
現在28歳、女性、仕事はライフプランナーをしています。
毎度のことながらお客様へのご提案中に顔汗がダラダラと出てきてしまいます。

この仕事は、最初にお客様のお話しをお伺いするのですが、ほとんどの場合が、提案したい内容とお客様のご要望が違ってきます。そこでまず、顔汗スイッチが入ってしまいます。

お客様のご要望に応えようと話を聞けば聞くほど、メモを取ったりバタバタしてしまい、気づくとタラタラと額から汗が流れてきてしまいます。

1回の面談でお客様のご希望をなるべく多くお伺いしようとすればするほど汗が出てきてしまい、提案書を出す頃には滴り落ちるほど。汗も気にしながら、お客様のご意見もお伺いしながらと、毎回ハラハラします。提案書でのご説明の時には下を向くことが多くなるのですが、集中するとまた大量の汗が出てきてしまいます。

最後にお客様にご確認をするころには、メイクも落ちてしまい、ほとんどすっぴんになっているほどです。結局提案書にはポタポタと汗の後がついてしまい、丁寧にお詫びをして、再度お持ちするお約束を取り付けることが殆どです。

顔汗でリピータをつかんだ!お客様から意外なお言葉が・・・

そんな営業スタイルで、なんとか仕事を続けながら、お客様の前で顔汗をかかないように、自分なりに色々な対策をするように努力を続けました。そして、顔汗をコントロールできるようになって、2年が経った頃のことです。

その日は一日具合が悪かったのですが、顔汗というよりも冷や汗がじわっと出てきていました。そんな私の様子にお客様が気付き、体調を心配してくださいました。

営業員として体調管理が出来ていない事をお詫びしたところ、お客様からは意外なお返事が。「今日は汗かいてないから手抜きされたのかと思ったよ。」

一瞬意味が分からなかったのですが、よくお話しをお伺いすると、以前、私がそのお客さまのところへお伺いした後、顔汗や手汗でクチャクチャになった提案書を見て、

「この子は一生懸命自分の希望に沿うように頑張ってくれているんだ。緊張もしているのだろうけれど、ここまで一生懸命やってくれるなら次に来た時には、任せてみようかな。」

と、ご夫婦でお話しをして下さっていたみたいです。それなのに、今回は、ダラダラ汗をかく事がなく、淡々と話を進めていたので、「前のように一生懸命やってくれないのでは?」と、不安になったそうです。

顔汗も営業の誇り…

そのお話しをお伺いして、これから、お客様の人生をお預かりするのに、顔汗の事ばかり気にしていた自分が恥ずかしくなりました。たしかに、私の顔汗は緊張していたり、焦っていたりした時に出てしまいます。でも、顔汗をかいてしまうときは、決していい加減に仕事をしている時ではなくて、一生懸命やっている時です。

このお客さまのおかげで、確かに提案書に汗がついてしまうのは良いことではありませんが、一生懸命、お客様の力になりたい、相談に乗りたいと思うがあまり顔汗をかいてしまうのは、恥ずべき事ではない!と思うようになりました。

むしろ、汗をかいてしまったとしても、一生懸命、お仕事をさせていただこうと思うようになりました。そして、このお客様からはこれから長いお付き合いをしていくお約束をいただきました。

それからというもの初めてのお客様には、私は顔汗をかいてしまう事をお伝えし、それほど一生懸命にお客様と向き合っていきたいと思っていることを営業のつかみにし、ご説明させて頂いています。これからも、この顔汗と一緒にお客様の素敵な人生計画のお手伝いが出来るように頑張っていきます。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 顔の汗は私の敵!髪の毛が濡れてくせ毛がより強くなる…

  • 代謝が良いと思っていた自分…大学のプレゼンで緊張して大量の顔汗

  • グレーTシャツで幼稚園の参観に行ったら子どもに脇汗を指摘され…

  • 【緊張魔のOLの顔汗対策!】首を冷やして化粧崩れを防いでいます

  • 額の汗で滑って転倒、汚物入れが床に散乱…【介護福祉士の失敗談】

  • 【多汗症の悲劇】顔汗で携帯電話のボタンを壊したのは私くらいです。