1. TOP
  2. 足裏の汗対策を6つ紹介!【人前で靴を脱ぎたくない人へ】

足裏の汗対策を6つ紹介!【人前で靴を脱ぎたくない人へ】

385a8cba2f1c910e9b56fe1036eaf3e8_s
足の裏の汗は、たくさんかいてしまっても靴下や靴を履いているので周りの人から気づかれにくいです。ですが、汗の量が多いと靴の中が蒸れたり、汗でベタベタになって不快です。

自分が不快というだけでなく、足の裏の汗をかいてしまうと、会社で仕事用の靴やスリッパに履き替えたり、仕事が終わってからの飲み会で座敷に上がるときなど、臭ってしまいそうで不安になりますよね。ニオイは回りの人にも迷惑をかけるので何とか対策しなくては!と思います。

また、20代の頃は足の裏の汗は殆ど気にならなかったのに、30代になったらすごく汗が多くなった・・・というように、年齢とともに汗のかき方に変化が出て困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?急に汗が多くなると、もしかして病気?と心配になる方もいるでしょう。

そこで、このページでは足の裏の汗が多くなる原因と、足の裏の汗と臭いの対策方法について紹介します。

足の汗を昔よりも多くかくようになった・・・その原因は?

前は足の汗はあまりかかなかったのに、最近、汗の量が増えたというときは、年齢とともに起こるからだの変化が考えられます。その変化とは、たとえば、

・体重が増えた
・自律神経の乱れ
・ストレスが多い

というようなことが考えられます。また、汗が増えるのは、何らかの「病気」が関係している事もあります。たとえば、

・甲状腺機能亢進症などのホルモンの分泌異常
・副腎や脳下垂体などホルモン分泌を司る臓器の腫瘍
・更年期障害

などがあります。「汗が多い」場合、治療が必要なこともありますし、命に関わるような病気であることも考えられるので、汗の量が異常で気になるときは、内科や婦人科で一度診察を受けてみましょう。

[su_divider]

足の裏に汗が多いのはなぜ?

汗腺が多い

足の裏には、わきの下・手のひらと同じように汗が出る汗腺がたくさんあります。ですから、大量の汗が出やすいです。

密閉されている

足の裏は、靴下や靴、女性の場合はストッキングなどを履いている時間帯が長く、密閉された状態になります。手のひらは、汗をかいても蒸発しやすいのですが、足の裏は密閉された状態にあるので、汗が蒸発せず溜まってしまいます。また、密閉されているため、手のひらよりも温度が高くなるので汗をかきやすくなります。

足の裏はストレスで汗をかきやすい部位

足の裏はストレスで汗をかきやすい部位です。緊張したり、嫌な場面に出くわすと足の裏に汗をかき、さらに足に汗をかいてしまったということがストレスになって、ますます汗をかくという悪循環にも陥りやすいです。汗をかいてしまうことを気にしすぎると汗の量が多くなってしまいますから、なるべく気にしなくて良いように、対策をしていきましょう。

[su_divider]

足の裏の汗とニオイの対策方法

足をしっかり洗う

ニオイを発生させないようにするためには、まず、足をしっかり洗うことが大切です。

足の裏のニオイを抑える洗い方

手順1: 湯舟につかり足の裏にしっかり水分を含ませる

シャワーのときは、洗面器に湯を張って、足の裏をつけても良いでしょう。水分をしっかり含ませることで、汚れが浮き上がって取れやすくなります。

手順2: 固形石けんで洗う

ボディーシャンプーには、保湿成分が含まれているものが多いです。保湿成分が含まれていると、靴を履いたときに足が蒸れやすくなるので、固形石けんで洗いましょう。

手順3: 手で優しく洗う

足の裏をしっかり洗おうと思うがあまり、硬いスポンジや軽石でこすってしまう人がいます。ですが、皮膚に傷がつくと、その部分に雑菌が繁殖しやすくなるので固形石けんを泡立て、手で優しく洗います。

洗うときには指の間まで洗いましょう。爪の中もキレイにしてくださいね。爪が伸びている人は、爪も切っておきましょう。

手順4: しっかりすすぎ、乾かす

指の間までしっかりすすぎましょう。そして、しっかり乾かします。家の中では、素足が一番良いのですが、足が冷えるというような人は、足がしっかり乾いてから靴下を履くようにしてくださいね。

靴下を履きかえる

通勤で足の裏の汗をかいたら靴下を履きかえましょう。ストッキングを履いている女性も、可能であれば会社に着いてからストッキングを履くなど工夫する雑菌の繁殖を抑えることができます。

靴下は、5本指靴下がおすすめです。足の指1本1本を覆うので汗を吸収してくれますし、雑菌も繁殖しにくくなります。職場で5本指靴下を履くというのは現実的ではないかもしれませんが、お休みの日や通勤タイムなどに履いてみてはいかがでしょうか?

靴を変える

・通気性のよい靴を履く

高温多湿の環境になりがちな靴は、どうしてもニオイが発生します。通気性の良い靴
を選びましょう。通勤のときだけでも、メッシュのスニーカーや、サンダルなどを履くだけでかなり違ってきます。ままた、職場ではパンプスよりもサンダルがおすすめ。職場でも不自然ではなく、華美でもないオフィスサンダルが売っています。

・足にあった靴を履く

足に合わない、履き心地の悪い靴は、足の裏に無理な力がかかったり、擦れを感じるなど足にストレスを与えます。精神的なストレスだけでなく、物理的なストレスも足の裏の汗を多くする原因になるので、足にあった靴を履くようにしましょう。

・毎日履く靴を変える

毎日同じ靴を履いていれば、当然毎日の汗が靴にしみこんでいきますから雑菌が繁殖しやすくなりますし、繁殖する雑菌の量も多くなります。2.3足の靴を用意し、毎日履く靴を変えるようにしましょう。一日履いた靴は天日干ししておきましょう。消臭剤があれば吹きかけて、しっかり乾くまで干しておくとにおいが消えます。(*人気の消臭スプレー【ヌーラ】 靴にも靴下にも使える)

中敷を使う

靴に中敷を入れておくと、この中敷が汗を吸収してくれます。消臭効果、抗菌効果のある中敷を選べば、効果が高まります。中敷も毎日同じものではなく、2.3組用意して日替わりで使うようにしましょう。そして、使っていない日は天日干ししておくようにします。

食事に気をつける

一般的に体臭がきつくなるといわれている食べ物(肉、牛乳、チーズ、にんにく、酒などなど)は控えめにする用にしましょう。和食中心でバランスよく食べることで、汗・体臭のニオイを抑えることができます。

生活習慣に気をつける

不眠やストレスなどは、疲労を招きます。身体が疲れてくると、体内から疲労臭といってアンモニアを含むニオイが多く出るようになります。睡眠時間をきちんととること、自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスをためない生活を送ることもニオイ対策の一つです。

[su_divider]

まとめ

足の裏の汗が多い原因とニオイを対策するには、

・足を清潔に洗う
・靴や中敷、靴下を取り替える
・食事や生活習慣に気をつける

ということが大切。

靴や靴下・ストッキングを履き密閉された状態で足の裏に汗をかくと、熱と汗がこもり、雑菌が繁殖しやすくなるので強烈なニオイを発するようになります。汗をかいてしまうとういことよりも、足の場合は「ニオイ」が大きな悩みになりますよね。

そして、汗の量が多ければ多いほど、ニオイが気になりますが、気にしすぎてストレスになるとますます汗の量が増えてしまいます。ですから、ニオイの対策を万全にし、なるべく汗やニオイを気にせずに過ごせるように工夫してみましょう。

毎日キチンと足の裏の汗対策、ニオイ対策をしておけば、突然の飲み会のお誘いにも足のニオイを気にせず参加できますね。それでも心配という時には、足の裏の汗を抑える制汗剤や、靴の臭いが消える消臭スプレーを使うと安心です。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 【足の臭いに悩む女子集合】臭いの元の足汗は…靴を変えて対策!