1. TOP
  2. ベビーパウダーの落とし穴!【多汗症の人は逆効果?】

ベビーパウダーの落とし穴!【多汗症の人は逆効果?】

068556bb2f400713ad0333cb2c207479_s
ベビーパウダーは、一年中便利に使うことができますが、夏、汗をかく季節は特に大活躍ですよね。汗をかきやすい部位に塗っておけば、肌がサラサラで、ベタつきを抑えることができます。

しかし、ベビーパウダーには大きな落とし穴があるんです。特に多汗症の方は、ベビーパウダーを使うと逆効果になることもあります。このページでは、ベビーパウダーを使うときの注意点と、ベビーパウダーを化粧崩れ対策に使うときの方法・おすすめのベビーパウダーについて紹介します。

 

多汗症の方がベビーパウダーをつけると逆効果になるのはなぜ?

shutterstock_384551311
多汗症の方がベビーパウダーをつけるとなぜ逆効果なのか?それは、汗の量が多いとベビーパウダーが効果を発揮できないからです。

ベビーバウダーが効果的なのは普通の汗の量の人

暑いときに、汗ばむ脇や顔などに汗をかく程度であれば、ベビーパウダーはとても効果的です。お風呂上がりや外出する前にベビーパウダーを身体につけておくと、汗ばむ程度の汗であれば、パウダーが汗を吸収し、肌をサラサラに保ってくれます。

ベビーパウダーが効果的でないのはポタポタ垂れるような汗をかく人

暑いときや、緊張したとき、更年期のホットフラッシュなどでポタポタ垂れるような汗をかいてしまう人は、ベビーパウダーを使ってもパウダーが汗を吸収しきれません。汗を吸収しきれないだけでなく、汗とベビーパウダーが混ざって肌トラブルになってしまいます。

汗を多量にかく人は、ベビーパウダーで汗を吸収させるのではなくシャワーを浴びて汗を洗い流したほうが効果的です。シャワーが無理な状況であれば、濡れタオルで汗を抑えるようにして拭き取りましょう。濡れタオルを使うと、体温も下がるので汗も引きやすくなります。

 

ベビーパウダーは間違った使い方をするとどうなる?

shutterstock_96431795

ベビーパウダーは、間違った使い方をしてしまうと危険を伴います。便利に効果的に使うために、正しい使い方をするようにしましょう。

肌トラブル

ベビーパウダーは、汗が多い人が使うと、ベビーパウダーと汗が混ざって汗腺の上でダマになり、肌トラブルの原因になります。また、汗をたくさん吸収して欲しいから・・・と、ベビーパウダーを厚塗りすると汗や皮脂の逃げ場がなくなり、やはりダマになってしまいます。

肌トラブルを防ぐためも、パウダーは厚塗りしないこと、薄塗りで追いつかないほど汗をかいてしまうときは、汗対策としてベビーパウダーを使うのは諦めましょう。

乾燥肌になる

汗をかく季節、テカりやすい・・・というときに、ベビーパウダーを使うと汗を吸収してくれるので効果的なのですが、乾燥する季節にベビーパウダーを使うと、本来、肌の上にあるべき皮脂が吸収されてしまうので、乾燥肌になることがあります。

もともと乾燥肌の人や乾燥する季節にベビーパウダーを使うのであれば、乾燥しすぎないように薄めにつけるようにしましょう。

喘息や目の炎症

ベビーパウダーは粒子が細かいので、気をつけて使わないと飛び散ってしまいます。自分で吸い込んでしまったり、小さなお子さんがいる方はお子さんが吸い込んでしまったりすると喘息の引き金となることがありますし、目などに入ると炎症を起こすこともあります。蓋をあけるときやパウダーを取り出して肌につけるときは、飛び散らないように気をつけて使ってください。

 

ベビーパウダーは顔に使える?正しい使い方を紹介!

shutterstock_159741653

ベビーパウダーは、一般的な化粧品と比較しても安全で優しい成分が配合されています。そして、顔に汗をかくとメイクが崩れてしまう・・・という時、化粧崩れ対策として便利に使うことができます!

ただし、汗の量が多い方が使うと、逆効果になるので注意してくださいね。ポタポタ垂れるような汗をかくのでなければ、とても効果的に使えますよ♪

ベビーパウダーを化粧崩れ対策として使うときの使い方

ベビーパウダーを化粧崩れ対策として使うときの使い方を紹介します。

1. 基礎化粧品⇒化粧下地⇒ファンデーション⇒ベビーパウダー

2. 基礎化粧品⇒化粧下地⇒ベビーパウダー⇒ファンデーション

 

というパターンの方が多いです。どちらのパターンがおすすめか?というと、人それぞれです。2の、ファンデーションの前にベビーパウダーを使ったほうがマットな仕上がりになるという声もありますが、肌質によるところも多いと思うので、両方試してみて、自分の肌に心地良い順番で使ってみてくださいね。

夜寝る前にもベビーパウダーを使ってみてください。化粧水など、基礎化粧品のあとに、ベビーパウダーを軽く付けて寝ると、皮脂が吸着されるのでニキビ予防・お肌サラサラを保つ事ができます。

ただし、乾燥肌の方は、乾燥が強くなってしまうことがありますから、注意してくださいね。皮脂が多い部分(Tゾーン)だけ付けて寝るというのも一つの方法です。

製品によっては成分が違う

顔に使う・・・となるとやはり心配なのは成分ですよね。赤ちゃんが使えるとはいっても、本当に安心なの?誰でも使えるの?と気になります。ひとくちにベビーパウダーといっても、色々なメーカーが販売しているので、成分もそれぞれ違います。

配合成分によってはアレルギーが起きてしまうこともあるかもしれませんし、誰が使っても100%安心です!と言い切ることはできません。アレルギーがある方や敏感肌の方は、購入の際は、成分についてしっかり確認してください。

 

メイクに使える安全なベビーパウダー2選

薬局やドラッグストアで見かけることが多い代表的なベビーパウダー、そして、化粧崩れ対策として使っている方が多い安心成分のベビーパウダーを2点、紹介します。実際に使っている方の口コミも紹介しますので、ベビーパウダーを化粧崩れ対策に使ってみようかな?と検討中の方は、参考にしてみてください。

和光堂 シッカロールナチュラル

181214_xl
<出典:アットコスメ/http://www.cosme.net/product/product_id/2928500/top>

値段:

486円

特徴:

シッカロールナチュラルは、和光堂の商品。国産ブランドで信頼性のあるタルクフリーのベビーパウダーです。紅茶の香りがしますよ。

主原料はコーンスターチ。保湿成分としては植物性スクワラン、毛穴や汗腺に作用して肌を引き締める効果がある酸化亜鉛を配合しているので、汗による化粧崩れの予防ができます。酸化亜鉛には、細菌の繁殖を防ぐという肌を守る作用もあります。

実際に使ってみた方の口コミでは、

・タルクが気になるので、タルクフリーのシッカロールを選んでいる。
・ザラザラした仕上がりになるが、時間が経ってもベタベタしてこないのが良い。
・日焼け止めを塗ると顔がべたつくのでシッカロールを塗ってさらっとさせている。
・使ってすぐはざらつく感じがするが、肌になじむといい感じになる。

という評価になっています。ジョンソン・ベビーパウダーに比べると粒子が荒く、ざらついた感じがするという声が多くありましたが、皮脂をしっかり吸着してくれるので化粧崩れ予防に効果が期待できます。

ただし、注意点として、シッカロールを塗ると肌が乾燥しすぎてしまうという声もありました。頬など乾燥してしまうという方は、シッカロールはTゾーンなどの皮脂が多い部分だけ塗るという方法がいいですね。

成分:

コーンスターチ、植物性スクワラン、チャエキス(1)、ステアリン酸Ca、ベンゼトニウムクロリド、香料

買える場所:

amazon、楽天,スーパー,ドラッグストアなど

 

ジョンソン・ベビーパウダー

mig
<出典:アットコスメ/http://www.cosme.net/product/product_id/2439/top>

値段:

550円(税込)

特徴:

ジョンソン・ベビーパウダーは、生まれたその日の赤ちゃんの肌でも使うことができる、低刺激なベビーパウダーです。

主原料はタルク。タルクというと安全性を心配する方もいらっしゃいますが、ジョンソン・ベビーパウダーに配合されているタルクは、蒸気減菌済みのタルクなので安心。タルクの粒子の間に汗が吸収されるので、汗や皮脂による化粧崩れを防ぐことができます。

また、ジョンソン・ベビーパウダーに使われている香料は、IFRA(国際香料品香協会)の基準をクリアした安全背の高い香料。安心して使うことができます。

実際に使ってみた方たちの口コミには、

・基礎化粧品⇒化粧下地⇒ファンデーション⇒ジョンソン・ベビーパウダーの順で使うとテカらず化粧くずれも防げる。
・休みの日は、基礎化粧品の上にジョンソンベビーパウダーで過ごしているが、ベタベタせずサラサラ肌が続く。ファンデーションなしでも肌がきれいに見える。

という声があります。
シッカロールに比べて粒子が細かく、フェイスパウダー的な感触で使えるという声も多くありました。

ただし、やはり乾燥しすぎてしまうという意見も
皮脂が少ない部分にたっぷりベビーパウダーを使ってしまうと皮脂が吸着されてしまい、肌が乾燥するので、顔の部位によって使う量を調節するなど工夫してみてください。

成分:

タルク、香料

買える場所:

amazon、楽天,スーパー,ドラッグストアなど


タルク配合のベビーパウダーは使わないほうがいいの?

shutterstock_409692667
和光堂のシッカロールは、サラサラ感は少なくざらつくという口コミをされている方が多いです。顔に使うとき、ザラザラするタイプのものは使いにくいと思うのですが、それでも、ジョンソンベビーパウダーではなくシッカロールを選ぶ方が多いです。

その理由は、紅茶の香りが魅力的!というだけでなく、シッカロールには「タルク」が配合されていないから・・・。タルクは、危険というイメージのある方が多いようです。

なぜ、タルク=危険というイメージがあるのか?というと、1987年、タルクからアスベストが検出され、社会問題になったからです。タルクは、天然の鉱石を粉砕した滑石(かっせき)というもので、ベビーパウダーだけでなく、ファンデーションやメイクグッズに使われています。

しかし、現在使われているタルクには安全性に関する基準が設けられているので、タルク配合の化粧品は安心して使うことができます。

このページで紹介したジョンソンのベビーパウダーには、タルクが配合されていますが、他のベビーパウダーもタルクが配合されているものが殆どです。タルクの配合・無配合にこだわるのではなく、アレルギーや刺激になる成分がないかどうか、また、使用感を比較して選ぶといいでしょう。
 

まとめ

・多汗症の方や、汗の量が異常に多くなる季節はベビーパウダーは逆効果。汗の多い人は、濡れタオルで汗を拭き取るほうが効果的。

・化粧崩れ対策として使うなら、下地の後、ファンデーションの前か後に使う。

・メーカーによって配合成分が違うので、アレルギーや刺激のある成分が入っていないか確認してから使う。

・現在ベビーパウダーなど化粧品に使われているタルクは、安全なので安心して使える。

 

ベビーパウダーは、赤ちゃんだけでなく大人も便利に使えるアイテムです。お風呂上りにつけておくと、サラサラ素肌を保つ事ができますし、カッターシャツやブラウスの襟元や脇につけておけば、服についた汗を吸い取ってくれるので汗染み予防にもなります。

あせも予防にも使えますし、化粧崩れ対策としても使うことができます。

そして、ベビーパウダーは、一個400~600円くらいで購入できるのでコスパも抜群!ドラッグストアなどで手軽に手に入りますから、是非お試しになってみてはいかがでしょうか。
 

私は乾燥肌なので、このベビーパウダーに関する情報を自分で調べていくにあたって、「ベビーパウダーは私の肌にはよくないかも」と判断して汗対策に使用してみるのを諦めました。今は顔汗用の制汗ジェルを使って日中の化粧崩れを防いでいます。

顔汗用制汗ジェルの「サラフェ」は、肌にも優しく、汗を止める効果はかなり高いので、顔汗による化粧崩れにお悩みの方はぜひ私のサラフェのレビューをチェックしてみてください♪

2016-02-24 16.26.35

⇒顔汗対策ジェルクリーム「サラフェ」を実際に試してみました!

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 【崩れないメイク法】汗をかいても崩れにくい夏メイクを紹介!

  • 制汗スプレーでおすすめはどれ?【選ぶ際には「匂い」に注意!】

  • 脇汗を抑える人気のグッズを紹介!【薬局など市販で売ってるアイテム編】

  • プレミアムデオヴィサージュで顔汗が止まる?私の体験談を口コミ

  • 女性の洗顔シートの選び方!メイク時はクレンジングシートが良い?

  • 汗に強いファンデーションを厳選!夏でも平気なコスメグッズはコレ