1. TOP
  2. ウォータープルーフの日焼け止め特集!【敏感肌でも使えるのは?】

ウォータープルーフの日焼け止め特集!【敏感肌でも使えるのは?】

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

・夏は特に汗っかきになるから日焼け止めを塗ってもすぐに落ちてしまう。
・ウォータープルーフと謳っている商品なのに汗をかくと落ちてしまうものもある。
・敏感肌だから、汗に強い!というような日焼け止めだと肌に負担がかかりそうで心配。

このような方におすすめな、敏感肌の方でも使える、しかも汗や水に強いウォータープルーフの日焼け止めを2点紹介します。どちらも肌が荒れやすい方に人気ですが、強い敏感肌の方は、紫外線吸収剤不使用の【NOV UV shield EX】のほうが良いでしょう。

ただし、塗った部分が白くなるというデメリットもあるので、実際に使ってみた方の口コミも参考になさってみてくださいね。

■紫外線吸収剤とは
皮膚の表面で紫外線を吸収し、エネルギーに変えて放出することができる化学成分です。この紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは、紫外線が肌の内部に入り込んでしまうことを防ぐことができますし、無色透明なので塗った部分が白くなってしまうこともなく、使い心地がとても良いです。
しかし、肌への負担が強くなるので、敏感肌の方は、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

 

敏感肌やアトピー肌でも使える人気のウォータープルーフの日焼け止め

パーフェクトエッセンスサンスクリーンA+N(資生堂/アネッサ)

195621_xl
(出典:アットコスメ http://www.cosme.net/product/product_id/10073531/top)

値段

3000円(税抜)

紫外線防止効果

SPF50・PA++++

特徴:

特徴:
パーフェクトエッセンスサンスクリーンA+Nは、とろける高保湿ジュレ。紫外線ダメージによる乾燥などからも肌を守り、スキンケアもできる日焼け止めです。さらに、ウォータープルーフタイプなのに、いつもの石けんで簡単に落とすことができます。

ゴシゴシこすらなくても簡単に落とすことができ、肌のケアをしながら使うことができるので、肌への負担が少なく、敏感肌の方にもおススメできる日焼け止め美容液です。

使ってみた方たちの口コミからは、

・着け心地が良く重ね塗りをしても白くならない
・臭いを気にせず使える

という感想などがあります。
また、

・肌荒れしているときや肌を休ませたいときに使える
・化粧下地として使うと化粧のノリがよくなる

というような使い方をしている方も多くいました。

ただ、肌荒れをしてしまうという口コミも見られました。強い敏感肌の方は、次に紹介する紫外線吸収剤不使用で、さらに肌に優しい「ノブ/NOV UV shield EX」のほうが安心して使えそうです。

買える場所:

アネッサの公式サイト,アットコスメ,ドラッグストア,スーパー,楽天,アマゾン

NOV UV shield EX(常盤薬品工業/ノブ)

195788_xl
(出典:アットコスメ http://www.cosme.net/product/product_id/10090480/top)

値段:

2500円(税抜)

紫外線防止効果:

SPF50+・PA++++

特徴:

NOV UV shield EXは、紫外線吸収剤不使用で敏感肌にも優しい日焼け止めです。

日焼け止めは刺激が強いものが多いので、敏感肌の方は使うのをあきらめているという方もいらっしゃるかもしれませんが、この日焼け止めは無香料・低刺激性・アレルギーテスト済み・光アレルギーテスト済みです。

さらに、汗や水に強いウォータープルーフなのに、石けんで優しく落とすことができます。また、ヒアルロン酸も配合されているので、日焼け止めを塗っても肌が乾燥せず、しっとりした肌を維持することができます。

実際に使ってみた方たちの口コミからは、

・ほとんどの日焼け止めは肌が荒れるが、低刺激で使いやすい
・超敏感肌ですが、臭いや付け心地など全く問題がありません

というような感想をお持ちの方が多いです。
ただ、

・塗ったところが白くなるのが気になる

という方も多いです。ですが、白くなってしまった部分は、NOV UV shield EXの上からファンデーションを重ねれば大丈夫です。

買える場所:

ノブの公式サイト,アットコスメ,ドラッグストア,スーパー,楽天,アマゾン

上記2点の日焼け止めは化粧下地として使える

上記で紹介した【パーフェクトエッセンスサンスクリーンA+N】と【NOV UV shield EX】は、どちらも化粧下地として使える日焼け止めです。ですから、日焼け止めの後、化粧下地を使わずに、そのままファンデーションをつけても大丈夫です。

「化粧下地としても使える」という表記のない日焼け止めの上にファンデーションを重ねてしまうと、ノリが悪く、厚塗りになりがちで、結果、化粧崩れしやすくなります。「化粧下地としても使える」という表記のない日焼け止めを使う場合は、化粧下地を使ってからファンデーションを使いましょう。

 

敏感肌やアトピー肌でも使えるパウダータイプの日焼け止め

shutterstock_371382346
もう一つ、肌にとても優しいので敏感肌の方でも使うことができ、化粧直しにとても便利なパウダータイプの日焼け止めを紹介します。パウダータイプの日焼け止めは、汗で流れやすいのでこれだけで日焼け止め対策として使うことはおすすめできません。化粧直し用・日焼け止めの塗りなおし用として使ってください。

ミネラルフィニッシングパウダー フィニッシングサンプロテクション(スキンキュア・ラボ/ビューティフルスキン)

221738_xl
(出典:アットコスメ http://www.cosme.net/product/product_id/2944930/top)

値段:

4571円(税抜)

紫外線防止効果:

SPF40・PA+++

特徴:

肌にとても優しい(無香料・無効物油・界面活性剤不使用・紫外線吸収剤不使用・ノンアルコール・パラベンフリー)日焼け止めパウダーです。べたつかず、手軽にメイクの上から重ね付けできます。パフ、ミラーも付いているので持ち運びに便利で、化粧直し・日焼け止めの塗りなおしにぴったりです。

使ってみた人の口コミ:

・肌荒れしません(34歳)
・日焼け止め効果もそこそこあると思います。化粧下時に日焼け止めをしっかり使えば、日焼け止めの塗り直しはコレで十分です(27歳)
・近所の皮膚科で紹介されました。肌がきれいになりました(31歳)

買える場所:

ビューティフルスキンの公式サイト

 

日焼け止めはこまめに塗りなおすことが必要

shutterstock_42892540

日焼け止めを塗る順番

日焼け止めの順番は、化粧水や乳液などのスキンケアの次、ファンデーションの前です。
順番としては、

洗顔⇒化粧水などのスキンケア⇒日焼け止め⇒化粧下地⇒ファンデーション

となります。

どのくらいの時間で塗りなおすといい?

日焼け止めは、2~3時間置きに塗りなおすことが必要です。時間がたつほど日焼け止めの効果は薄れてしまいます。汗を大量にかいたときなどは、もっと短い時間で塗りなおしてくださいね。

日焼け止めの塗りなおし方

メイクをした後に日焼け止めを塗りなおす方法としては、3つの方法があります。

(1) メイクを全て落としてから塗りなおす

日焼け止め効果をしっかり得たいなら、一旦全てメイクを落とし、一からやり直すのが理想的です。クレンジングで全て落としても良いですし、時間を短縮したいときには、乳液をコットンに付けて、メイクを落とし、日焼け止めを塗ってメイクをしなおすという方法もあります。

乳液は、クレンジングの代わりに、メイクを落とすときに使えます。アイメイクが汗で滲んでしまったときも、綿棒などに乳液を付けて滲んだ部分を拭き取ればきれいになります。

(2) 日焼け止めをメイクの上から塗り重ねる

日焼け止めをメイクの上から塗り重ねるという方法でも、日焼け止めの効果を得ることができます。しかし、ファンデーションの上からそのまま指などで日焼け止めを塗れば、ベースメイクが崩れてしまいます。

メイクの上から日焼け止めを塗る場合は、まず、パフに日焼け止めを乗せて、顔の中心から外側に向って日焼け止めを広げ、ヨレたファンデーションは拭い取ってしまいます。その後、ファンデーションを重ねればキレイになります。夏場は、いつもパフを余分に持っていると日焼け止め用に使うことができて便利ですね。

(3) 日焼け止めパウダーを使う

日焼け止め効果のあるパウダーファンデーションを塗り重ねれば、化粧直しもできるので一石二鳥です。上記で紹介した日焼け止めパウダー【ミネラルフィニッシングパウダー フィニッシングサンプロテクション】は、とてもおすすめなので、よかったら使ってみてくださいね。敏感肌の方でも使うことができますよ。

 

まとめ

汗や水に強いウォータープルーフの日焼け止めを適切に使って、夏の野外イベントやプール、海水浴などを楽しみましょう。ですが、ウォータープルーフだからといって、まったく落ちないわけではありません。こまめに塗りなおしてくださいね。

敏感肌だから肌に負担になる・・・と、日焼け止めを使わないという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、敏感肌の上に日焼けをしてしまうと、その後のお肌はとても大変です。こちらで紹介したものは、お肌が弱い方でも使うことができるので、今まで日焼け止めを使うことをためらっていた方も、試してみてはいかがでしょうか。

夏の野外イベントなど、楽しんでいる時は特に、盛り上がってきてしまうと、日焼け止めを塗りなおすのが面倒になってしまう・・・ということはありがちなのですが、キチンと対策しないと後で困ってしまうことになります。面倒でもキチンと対策をしてくださいね。

自分にとって最も使いやすく効果の高いものを見つけて、上手に活用してみてください。
 

【特集記事】日焼け止めを怠った結果できてしまったシミ。もし、コスメで解消できるとしたら?

顔にできたシミに悩んでいた私が唯一効果を実感できたのが「ビーグレンホワイトケア」というコスメ。
日焼け止めはあくまで「予防」であって、今すでにあるシミを「消す」事は当然できません。

もしご自分の顔のシミをなんとかしたい!というならば、私のビーグレンの体験レポートをぜひ読んでみてください。


\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 化粧直しにおすすめなパウダーファンデ3選【直し方の秘訣とは?】

  • プレミアムデオヴィサージュで顔汗が止まる?私の体験談を口コミ

  • 脇汗を抑える人気のグッズを紹介!【薬局など市販で売ってるアイテム編】

  • 汗でも取れにくいつけまのり特集!付け方にはコツがある?

  • 【崩れないメイク法】汗をかいても崩れにくい夏メイクを紹介!

  • 【落ちないアイライナー3選!】パンダ目に悩む30代女子必見