1. TOP
  2. 【崩れないメイク法】汗をかいても崩れにくい夏メイクを紹介!

【崩れないメイク法】汗をかいても崩れにくい夏メイクを紹介!

d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s
夏になると、朝しっかりメイクをしても顔汗をかいてしまってメイクが浮いてしまったり、エアコンで乾燥してテカってしまったり・・・。でも、そんなに頻繁にお化粧直せないし・・・と悩んでしまう方は多いのではないでしょうか?そこで、夏の化粧崩れを予防するメイク方法、すばやく化粧直しをする方法について紹介します。

夏メイクが崩れてしまう原因と対策方法は?

夏のメイクが崩れてしまう原因には、「汗」、「乾燥」、「皮脂の分泌が増える」ということが挙げられます。エアコンによって肌が乾燥してしまうと通常よりも皮脂がたくさん出ます。夏場には欠かせないエアコンですが、肌が乾燥しないようにしておかないと、皮脂と肌に乗せた化粧品が混ざり、化粧が浮いてしまいます。

化粧が浮いてしまっている状態のときに、急ぎ足で歩いたり、エアコンのついていない部屋に行ったりして汗をかいたり、つい顔を触ってしまったりすれば、まさにオイルクレンジングをする様にメイクが崩れてしまいます。

スキンケアで肌の乾燥を防ぎ皮脂の分泌を抑える

寝る前の洗顔後の保湿も大切ですが、朝のメイク前の保湿も重要です。朝は忙しいので、化粧水を手に取りパンパンっと軽く付けて、すぐに下地を塗り始めるという方も多いでしょう。

ですが、これだけでは保湿が不十分です。保湿が不十分であれば、すぐに肌が乾燥し、皮脂が分泌されメイクが浮いてきてしまいます。まずは、メイク前にしっかり保湿しましょう。

化粧水はたっぷり使いましょう。毛穴を引き締めると皮脂が出にくくなりますから、コットンや指の腹で叩くようにして、毛穴を引き締めながら化粧水をつけるようにしましょう。

乾燥肌や敏感肌の方には使えないことも多いのですが、普通肌の方は毛穴を引き締める効果の高い『収れん化粧水』を使うのも一つの方法です。

また、化粧水を冷やして使うのも毛穴の引き締め効果がありますよ。冷蔵庫で冷やしたものをつければ、ひんやりして気持ちが良いですし、毛穴も引き締まります。

汗や皮脂に強い化粧品を使ったほうがいい?

汗や皮脂に強い化粧品もたくさん出ています。化粧直しができないときは、こういった化粧品を使ってメイク崩れを防ぐようにすると良いですね。ですが、汗や皮脂に強いということは肌への刺激が強いですし、メイクを落とすときのクレンジングにも時間がかかります。

毎日しっかり塗って、ゴシゴシ洗う・・・ということを繰り返すと、乾燥肌になりやすくなりますし、肌の乾燥が進めば皮脂分泌も増えて、ますます化粧崩れしやすくなり、小じわやくすみの原因にもなります。

化粧崩れしない化粧品、汗や皮脂に強いといわれる化粧品を使うのは、海やプールへ行くとき、彼とのデートのとき、忙しくて殆どメイクを直す時間が取れないという時だけにしたほうが、肌への負担が少ないです。

崩れないメイク・崩れが目立たないメイク方法とは?

なるべく、普段のメイクは化粧崩れしにくい化粧品や汗や皮脂に強い化粧品を使わずに、崩れが目立たないようなメイクを工夫して乗り切りましょう。

メイクが崩れが目だってしまうのは、厚塗りしているからです。汗をかくと取れてしまうから・・・、しっかり塗らないと日焼けするから・・・といって、厚塗りしてしまうと、化粧崩れも激しく悲惨な状態になりますし、崩れたときの化粧直しにもかなりの時間がかかってしまいます。

ポイントは化粧下地

下地は、メイクをキレイに乗せるため、肌を明るく見せるためなどの役割があるのですが、ほかにも肌を守る役割もしています。ですが、肌に合わない下地を使ってしまうと、肌は守られなくなりトラブルの原因になりますし、メイクが崩れやすくなります。

自分の肌質をしっかりチェックして、肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めと下地は両方塗る?順番は?

夏のメイクはなるべく控えめに・・・が基本です。ファンデーションは塗れば塗っただけ、汗や皮脂が出れば崩れやすくなりますし、崩れた部分が目立ちます。ですが、日焼け止めと下地は別。ここは肌を守るためにしっかり塗るべきところです。

下地をきちんとして夏の強い紫外線から肌を守ることで、乾燥肌も防ぐことができます。

■日焼け止めと下地は両方別々に塗ったほうがいい?
答えは、両方塗っても良いけど、最近は【下地効果のある日焼け止め】が出ているので、それを塗るのが良い!です。2つ塗るより1つのほうが簡単ですよね。
もし、別々に塗るなら、日焼け止め→下地→ファンデーションという順番になります。

 

ファンデーションはリキッドが良い!

メイク崩れを防ぎたいならリキッドタイプのファンデーションがいいでしょう。お肌が乾燥しにくくなるので皮脂分泌が抑えられ、きれいに肌に乗りやすいです。リキッドの上からパウダーで仕上げればさらにきれいですね。

簡単にメイク直しをする方法

崩れないメイク方法を工夫していたとしても、やはり夏は暑いです。汗をかかないほうがおかしい!といっても過言ではないですよね。そして、汗をかいてしまったらやはりメイクが崩れてしまいます。ですから、時間が取れれば、ササッとメイクを直したいですよね。

また、日焼けをしたくないなら、日焼け止めや日焼け止め効果のある下地の塗りなおしは、1日の中で2回くらい(3時間おき)も必要です。

下地や日焼け止めを塗りなおしてメイク直しをする方法

手順1:コットンに乳液を含ませ、アイメイクを覗いて一旦メイクを落とす。

手順2:アイメイクの部分以外に、日焼け止め・日焼け止め効果のある下地を塗る。

手順3:リキッドファンデーションを塗って、パウダーで仕上げる。

この方法なら、お昼休みなどにできると思います。ただし、暑いところでメイク直しをすると、直している最中から汗が吹き出てきてしまってファンデーションが崩れます。化粧直しは、なるべく涼しいところ行ってくださいね。

日焼け止めを重ねて塗りメイク直しをする方法

お昼休みなどもメイク直しの時間が取れないという方もいらっしゃると思います。そのような時は、もっと簡単に上から日焼け止めを重ねて塗る方法もあります。

手順1:ティッシュでメイクが崩れた部分を拭き取る。

手順2:日焼け止め効果のあるフェイスパウダーをつける。

この方法なら、すぐ!ですね。ただし、リキッドと違ってパウダーは長持ちしません。こまめにチェックして重ねていくことが必要です。この場合、厚くなりすぎないように、ティッシュでオフしてから付け直すようにしてください。

しっかり落として毛穴を引き締めるスキンケアを!

日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地をしっかり塗っていますから、クレンジング・洗顔をしっかりしないと毛穴にメイク汚れが詰まってしまい、肌トラブルの原因になります。クレンジングをしっかり行って、完璧にメイクを落とし、洗顔で仕上げましょう。

そして、冷やしタオルで皮膚を冷やしたり、冷やした化粧水をたっぷり使って毛穴を引き締めてくださいね。

崩れないメイク!崩れが目立たないメイクの基本とは?のまとめ

・乾燥肌にならないようにケアする。
・毛穴を引き締める。
・日焼け対策のために下地をしっかり塗る。
・ファンデーションは、機能性の高いリキッドタイプがいい。
・メイク直しはなるべく時間を見つけて行うようにする。



夏は、メイクが崩れるのは当然・・・と言ってしまえばそうなのですが、メイクが崩れる原因(皮脂・肌の乾燥)の対策をすることで、対処できます。

どうしても、メイクが崩れないようにしたい!という時は、肌への負担は少し心配ですが、崩れにくい化粧品もありますから、そういったものを使ってみるのも良いですし、顔用の制汗剤を使って顔汗を防ぎ、メイク崩れを防ぐという方法もあります。

顔汗対策用のジェルクリーム「サラフェ」を実際に私も試してみました。汗でよくメイクが崩れてしまう人は、ぜひこちらのレビューもご覧になってくださいね。
 
2016-02-24 16.26.35

⇒顔汗対策ジェルクリーム「サラフェ」を実際に試してみました!

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • プレミアムデオヴィサージュで顔汗が止まる?私の体験談を口コミ

  • 汗でも取れにくいつけまのり特集!付け方にはコツがある?

  • 黄ぐすみの原因と改善方法【対策できる化粧品はコレ】

  • 【汗ですぐ浮く…】海やプールでも崩れないメイクのコツとは?

  • ウォータープルーフの日焼け止め特集!【敏感肌でも使えるのは?】

  • ベビーパウダーの落とし穴!【多汗症の人は逆効果?】