1. TOP
  2. 【汗ですぐ浮く…】海やプールでも崩れないメイクのコツとは?

【汗ですぐ浮く…】海やプールでも崩れないメイクのコツとは?

147a9dad0be2ea4454ab7277b58b05e5_s

楽しみな夏がやってきますね。でも、心配なのがメイク。海やプールで夏を楽しみたいけれど、汗や水でメイクが崩れてしまうと楽しむどころではなくなってしまいます。水に潜るつもりはなくても、水をかぶってしまったり、汗をかいてメイクが崩れることは避けられません。そこで、夏、海やプールでメイク崩れを気にせずに楽しめるメイク法について紹介します。

 

海やプールへ行くときはバッチリメイクが良い?ノーメイクが良い?

海やプールへ行くとき、メイクはどうしようか?と迷う方は多いのではないでしょうか?バッチリしていくか、ノーメイク・すっぴんで行くか?で、迷いますよね。せっかく楽しく遊べるところへ行くのに、顔のことが気になって楽しめないのは残念です。

また、海やプールといえば、とにかく日焼け対策が大事なので、日焼けしないように、ファンデーションを厚く塗ったほうがいいのかな?と思う方も多いでしょう。ですが、特にプールでは、水が汚れるのでメイクをしてこないで欲しいと思っている人もたくさんいますから、ガッツリメイクをしていけば眉をひそめられてしまうかもしれません。

だからといってノーメイクもありえない・・・。そんな時は、崩れないように、或いは崩れが目立たないように「薄付きでもキレイに見えるメイク」、「水や汗に強い良いメイク」をして出かけましょう♪

まずはルールをチェック!

プールによっては、化粧禁止、日焼け止め禁止、油性サンオイル禁止・・・というように、ルールが決まっているところもあります。事前にチェックしてください。♪

海はともかく、子連れが多いプールでは、化粧禁止となっていなかったとしても、子供を汚れた水に入れたくないというママが多いです。しっかりイクをしていると嫌な顔をされてしまうこともありますから、メイクをするならナチュラルメイクのほうが無難です。ナチュラルで軽めのメイクのほうが、崩れたときも目立ちませんね。

[su_divider]
 

海やプールへ行くときはポイントメイク派が多い!

どうせ落ちてしまうから・・・と、日焼け止めだけを塗って出かけるという方もいますが、やはりメイクをしていく方のほうが圧倒的に多いです。とはいっても、「日焼け止めと色つきリップだけ」、「日焼け止めとアイブロウ(眉)だけ」など、「眉」と「口もと」のポイントメイクだけという方が殆どです。そして、メイクをするなら水や汗に強い化粧品を使うのが大前提です。

アイメイク

絶対に崩れたくないので、マスカラは【ウオータープルーフ】にしましょう。マスカラだけではちょっと心配という方は、マスカラの上からトップコートを塗ってコーティングしておけば、さらに安心です。汗がひどくてパンダ目になってしまいがちな方は、海やプールだけでなく、普段からトップコートを使ってみると良いですよ。

リップ

リップは、色つきリップで十分!紫外線でカサカサしますから、日焼け止めを塗り替えるタイミングよりも、こまめに塗りなおすといいですね。

ファンデーション

「日焼け止めだけ」、「下地にパウダーだけ」というように、、落ちることを前提にシンプルにしているという方が殆どです。厚く塗れば塗るほど崩れたときが悲惨です。日焼け、水濡れ対策ができる紫外線カット効果の高いもの、汗水に強いものを選んで使いましょう。

[su_divider]
 

薄付きファンデーションで素肌美人に見せるコツ

ウオータープルーフのアイメイクで、眉やまつ毛など目元メイクはバッチリ!コレならファンデなしでも大丈夫!別人のようにはならない!という場合でも、日焼けのことを考えると、顔に何も塗らないというわけにはいかないですよね。

かといってしっかり塗ってしまうと、崩れたときが最悪な状態に・・・。トイレの洗面所を独占して時間をかけて崩れたメイクを落とす事もできません。そこで、薄めに塗ってきれいな素肌に見せるコツを紹介します。

毛穴を引き締める

毛穴を引き締め、肌の調子を整えることによって、薄付きメイクをしてくすみを隠せば、素肌美人に見せることができます。前の日から、いつも使っている化粧水を冷蔵庫で冷やし、ローションマスクをしましょう。

冷たく冷やした化粧水で保湿しながら毛穴を引き締めることで、ファンデーションがつきやすくなりますし、崩れにくくなります。乾燥肌や敏感肌の方にはおススメできませんが、収れん化粧水を使ってみるのもいいですね。

冷蔵庫で冷やした化粧水は、海やプールで一日遊んで疲れたお肌にも効果的です。火照った肌を冷やすときにも、冷やした化粧水を使って肌の状態を落ち着かせてくださいね。

いつもの化粧品で保湿して早めに寝る

化粧水の後は、いつもどおりの乳液や美容液を使い、肌になじませましょう。海に行くから、プールに行くから、毛穴を引き締めて素肌美人を目指したい!と、このときだけ収れん化粧水を使ったら肌の状態が悪くなってしまった!という方もいます。なので、いつも使い慣れているものを使うようにしましょう。

また、楽しみで眠れない・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかり寝ることでお肌の調子がよくなりますし、メイクのノリがよくなりますよ。

日焼け止めはしっかり!ファンデーションは薄めに!

ウォータープルーフタイプが良いですよ。下地は、「日焼け止め兼下地」のもので、しっかり塗って軽くティッシュでオフしてからファンデーションを薄く延ばしましょう。前日の毛穴引き締め効果によって、いつもよりも化粧のノリが良くなっていると思いますよ♪

現地でこまめに塗りなおす

長時間、海やプールで過ごす場合は、朝のメイクを夜まで持たせるのは不可能です。屋外では日差しが強く紫外線の影響を受けやすいですから、帽子やサングラスなどでなるべく日差しをさえぎってくださいね。塗りなおしは、ファンデーションを上から足すのではなく、下地の日焼け止めから塗りなおすのが理想的です。

[su_divider]
 

汗水に強い!という化粧品は絶対に落ちない?

汗や水に強いという化粧品は、絶対に落ちないか・・・?というと、実はそうではありません。「落ちにくい」というだけで、実際には汗をかいたり、水がかかったりすれば落ちてしまう可能性が高いです。特に、手でこすったり、ハンカチなどで汗を拭けばどうしても落ちてしまいます。

クロールをしたり潜ったりすることはないから、落ちにくい化粧品で大丈夫!十分!と思っても、汗をかけばどうしても崩れてしまうので、鏡でチェック!は忘れないようにしましょう。また、こすったりしないように気をつけてくださいね。

水で落ちない化粧品はないのかな?と考えたとき、シンクロナイズドスイミングの選手が使っている化粧品なら、水に潜っても落ちないのでは?と思います。でも、落とすのが半端なく大変です。

海でもプールでも、ガッツリしっかりメイクをしたい!というのであれば、シンクロ選手のメイクグッズ(*コーセーファシオのリキッドアイライナーNなど)を使っても良いですが、一般的に、海やプールでのガッツリメイクは好まれません。

海やプールで落ちにくい化粧品を使った後は・・・

普段よりも水や汗を意識して、落ちにくい化粧品を使ったり、落ちにくいように工夫したメイクは、当然ですがクレンジングでも落ちにくくなります。特に、ウォータープルーフマスカラは、落ちにくいですから、目元専用のクレンジングを使うなどして、しっかり落とすようにしましょう。そして、火照った肌はお絞りで冷やし、冷やした化粧水をたっぷりつけてお肌を休ませましょう。

海やプールでも崩れないメイクのコツのまとめ

・汗や水に強いウオータープルーフの化粧品を使う。
・冷やした化粧水で毛穴を引き締める。
・薄化粧にする(日焼け止め・下地はしっかり/ファンデーションは少なめ)
・ポイントメイク(ウオータープルーフでパンダ目にならないように注意)
・しっかりクレンジングで落とす。
・冷やした化粧水で火照った肌を冷やす。

 

暑い夏、プールや海へ出かけたら、「メイク崩れ」ばかりを気にしなくて済むように過ごしたいですね。崩れてしまっても、崩れたことに気がつかない程度の薄付きメイクが良いですよ。でも、「日焼け対策」はしっかりしてくださいね。

盛り上がってくると、パンダ目も、日焼けも気にならなくなっちゃう!という方もいますが、パンダ目はともかく、日焼けをしてしまうと後が辛いですよ。
 
2016-02-24 16.26.35

⇒顔汗対策ジェルクリーム「サラフェ」を実際に試してみました!

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!