1. TOP
  2. アイメイク
  3. 【比較】アイプチとプチ整形、どっちで二重まぶたをつくる?

【比較】アイプチとプチ整形、どっちで二重まぶたをつくる?

ぱっちりした二重まぶたになる方法として、アイプチなどで自分で二重を作る方法と外科的に施術をするプチ整形があります。

そして、毎日アイプチで二重まぶたを作っている人の中には、
・アイプチは毎日大変だし、いつか卒業したい
・プチ整形は費用もかかるし、危険もあるというイメージで怖い
なので、
・このままアイプチを続けようか、それともプチ整形に踏み切ろうか迷っている
という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アイプチとプチ整形についてそれぞれの方法のメリットやデメリット、そして、体験した人たちの口コミなどを比較してみたので、参考にしてみてください。

アイプチとプチ整形の二重まぶたのつくり方の違い

それではまず、アイプチとプチ整形の二重まぶたのつくり方の違いについてご紹介します。

アイプチ

(出典:elads.biz)

アイプチは、二重のりとも呼ばれている接着剤の事。
接着剤でまぶたの皮膚をくっつけて二重のラインを作ったり、まぶたに薄い膜を作りその上にまぶたの皮膚を折り込むことによって二重を作ります。

●アイプチで二重まぶたを作るときの流れ(くっつけて二重を作る方法)
Step1:スティックなどを使って二重のラインを決める
Step2:決めたラインに沿ってアイプチ(接着剤/二重のり)を塗る
Step3:半乾きになるまで乾かし、スティックでまぶたを押し込んで二重のラインを作る
Step4:まぶたがくっつき二重のラインができる

●アイプチで二重まぶたを作るときの流れ(まぶたを折り込んで二重を作る方法)
Step1:スティックなどを使って二重のラインを決める
Step2:決めたラインの下にアイプチ(接着剤/二重のり)を塗る
Step3:しっかり乾かす
Step4:目を開けるとまぶたが織り込まれて二重のラインができる

プチ整形

(出典:http://kinohikari.com/service/eye/maibotsu/)

二重まぶたを作るための手術には色々な方法がありますが、多くの人はまぶたへの負担が少ない「埋没法」と呼ばれる方法を選んでいます。

埋没法は、外科手術に使用される細い糸でまぶたの皮膚を1~3か所留めることで二重のラインを作ります。
かかる時間は15分ほど。
クリニックによって価格は異なりますが、2万円くらいから施術が可能なところもあります。

●プチ整形(埋没法)で二重まぶたを作るときの流れ
Step1:スティックなどを使って二重のラインを決める
Step2:麻酔(点眼麻酔、局部麻酔など)をする
Step3:麻酔が効いたことを確認し、糸でまぶたを1~3点縫合する
Step4:医師が二重のラインを確認して終了

どっちが安全?成功する?アイプチと整形を比較してみた

アイプチとプチ整形では、どちらが重い通りの二重まぶたを手に入れることはできるのでしょうか?
かかる費用や安全度、そして成功度、メリットやデメリットなどについて比較してみました。

費用を比較

●アイプチ
1年間で1500円~1万円くらい。

アイプチは、100円ショップでも購入できるものもありますし、高くても1000円程で購入できる商品が多いです。
でも、使い続ければ1年間で1万円、2年間で2万円…というように、費用はかかります。

●プチ整形
2万円~10万円くらい。

プチ整形はクリニックによって様々な値段設定になっていますが、2万円~10万円というのが相場のようです。

安全性を比較

●アイプチ
アイプチは、中高生のお小遣いでも手軽に購入できますし、誰でも使うことができるというイメージですが、実はそうではありません。
敏感肌やアレルギーの人だと、まぶたがかぶれてしまう事もあります。
また、一度アレルギーを起こしてしまうと、その商品と同じ成分が入っているアイプチは使うことができません。

さらには、かぶれを起こすとまぶたの肌に色素沈着が起こり、皮膚が茶色になってしまったり、たるみができてしまう事も。
かぶれを起こさなくても何年も使い続ければ、まぶたが伸びてしまい、実年齢よりもフケ顔に見られてしまうようになる人もいます。

●プチ整形
埋没法での施術はメスを使いませんから、手軽にできる二重まぶた整形です。
しかし、施術に伴う薬剤でアレルギーが起きたり、施術後に腫れるなどの症状が出る人も。
また、施術する医師の技術によっては思い通りの二重まぶたになれないこともあります。

二重になれるまでの期間はどれくらい?

●アイプチ
毎日の作業としては、両目で5分
しかし、中には15分ほどかけて二重を作っている人もいます。
そして、慣れるまではうまくできなかったり、苦労して二重を作っても日中過ごしているうちに取れてしまう事もあります。

何年も使い続けているうちに、自然に二重になれたという人もいますが、まぶたがかぶれやすいので、毎日使い続けるのは難しい現状があります。

●プチ整形
手術後、1週間くらいで腫れが引き、1ヶ月後くらいには自然な二重まぶたになることができます。

しかし、5~10%の人が2年以内に元に戻ってしまう事も。
特にまぶたの皮膚が厚い人では、元に戻る可能性が高いそうです。

また、何年か後に元に戻ったという事もよく聞く話で、一度整形したからといって一生消えない二重まぶたになれるとは限りません。

結局、思い通りの二重まぶたになれるのはどっち?

上記でご紹介したように、アイプチもプチ整形にも、どちらにもメリット・デメリットがあります。
なので、結局どちらが良いのか…迷いますよね。

それに、どちらの方法も100%安全!というわけではなく、心配や不安があります

●アイプチの心配・不安な点
・まぶたがかぶれる可能性がある
・使い続けることによってまぶたが伸びる可能性があるので、何年も使い続けることができない

●プチ整形の心配・不安な点
・突然二重まぶたになったら周りに整形したことがバレる
・簡単にはやり直しができない
・せっかく整形しても元に戻ってしまう可能性がある

やはり、どちらが良いのか…判断は難しいですね。

アイプチと整形の口コミを比較してみた

アイプチと整形、どちらが良いのかについては、実際の体験者の人たちの口コミも参考になります。
そこで、ヤフー知恵袋や掲示板に寄せられている書き込みを紹介します。

整形を体験していない人の口コミ

●20代前半/Kさん
私も一重で悩んでいて整形を考えているのですが、会社の同僚に突然二重まぶたになった人がいて、「あの人整形したんだね」と噂されているのが気なります。
その人は整形する前までは地味な人でしたが、整形した後顔の印象が変わってしまい、性格まで変わってしまったようです。
周りの人から「整形した」とか噂されるのも嫌なので、結局私は「アイプチ使ってる!」とみんなに正直に話して、アイプチで二重を作っています。
でも、アイプチはかぶれるので毎日できないし、失敗すると朝バタバタ忙しくなるので整形したいというのが本音です。

●30代前半/Jさん
アイプチやアイテープなどで二重を作っています。
結婚前に、彼にもバレたので今はどうっていう事はありません。
でも、バレるかも?とビクビクしながら過ごしていた時は辛かったです。
いっそのこと整形しようかな?と何度も思いました。
でも、バレてしまってからは、整形しなくて良かったと思っています。
簡単にできるとネットでは書いてありますが、実際に整形した友だちは「痛い」といっていましたし、一週間ほど腫れが引かず、メイクもできず、仕事も休んで大変な様子でした。

整形体験者の方の口コミ

●30代後半/Nさん
高校時代、アイテープなどで二重を作っていましたが、社会人になってから埋没法で二重まぶたにしました。
毎日、二重を作る手間が省けたことや、テープがかぶれることがなくなったのは楽でしたが、7年で取れてしまいました。
今は、お出かけ家の時だけアイプチで二重まぶたを作っています。
若い人はチャレンジしてみるのもいいと思いますが、私は、結構痛かったのでもうやりません。

●20代前半/Pさん
クリニックでシュミレーションをしたときは自然な感じでしたが、整形後の二重まぶたは幅が広すぎて、鏡を見る度に後悔。
クリニックに電話をしてみたら、少し時間が経つと幅が自然に狭くなるといわれましたが、もっと幅を狭くすればよかったと思っています。
そこで、マッサージなどをして脂肪を落とすようにして、すっきりした二重を目指しています。
アイプチでまぶたを作っていた時は、マッサージなどはしていなかったので、結局「目」にかけている時間は整形前と変わらない気がします。

●30代後半/Oさん
埋没法で二重整形しました。
今までアイプチやアイテープを使って二重にしていましたが、メイクも楽になって、自分にも自信が持てます。
気持ちまで明るくなって、毎日出かけるのが楽しいです。

●10代後半/Tさん
周りの子みたいにアイプチが上手に使えなかったので、学校が休みの時に、二重整形しました。
そして学校に行ったら、クラスの何人かから「整形したの?(笑)」など言われ、冷ややかな目で見られている気がします。
かわいくなりたいと思って整形して、かわいくなれると思ったのにショックです。

口コミから分かってくること

整形して良かったという人もいれば、あまり良くなかった…という人も。
また、アイプチが上手にできない、かぶれる、朝忙しい…などの理由で、いっそのこと整形しようかな?と考えている人も多いようです。

でも、やはり整形は「痛い」、「整形したことが周りにバレる、バレた」という人も多くいます。
できれば、痛みなどなく、そして誰にも知られないように二重まぶたになれる方法があれば良いですよね♪

アイプチや整形以外にもある!二重まぶたをつくる方法は?

先ほどもご紹介しましたが、アイプチは「のり/接着剤」で二重まぶたを作ります。
そして、アイプチと同じようにまぶたをくっつけるグッズとしては「アイテープ」や「ファイバー」などがあります。

それらの使い方は、アイプチとほぼ同じ。

アイテープはまぶたに張り、まぶたをくっつける、或いはまぶたを織り込むことによって二重を作ります。
ファイバーは、アイテープよりももっと細い糸のような形をしていて、そのファイバーをまぶたに食い込ませることによって二重を作ります。

このように、アイプチや整形だけでなく、アイテープやファイバーなどで二重まぶたを作る事もできます。
なので、もし、アイプチが上手くできないという時には、ほかのグッズも試してみるといいかもしれません。

二重まぶたになりやすくなる方法

ひとくちに「一重まぶた」とはいっても、二重まぶたになりやすい一の人、なりにくい一重の人がいますが、その差は、まぶたの脂肪。
まぶたが多くついていて厚ぼったいまぶたの人は、二重の癖が付きにくく、癖が付いたとしてもすぐに取れてしまうことが多いです。

つまり、二重まぶたになりやすくするためには、まず、まぶたの脂肪を落とすことが大事。
その方法も色々あります。

●マッサージする
まぶたの脂肪を目頭側から目尻側に向けて流す感じで、指の腹を使って優しくマッサージをします。
まぶたの皮膚を強く引っ張ってしまうと、たるみや伸びの原因になるので、優しく血行を促す感じでマッサージをしてください。

●温冷タオル
Step1:40℃くらいに温めたタオルで、目の周りを覆い5分ほど温めます。
Step2:冷たいタオルで、目の周りを覆い1分ほど冷やします。
Step3:Step1とStep2を2~3回繰り返します。

●目の周りの体操
眉毛を指で押さえ、眉毛が動かないように気を付けながら、ゆっくり目を開いたり閉じたりを繰り返します。
まぶたの皮膚が引っ張られている感じがしたら、効いている証拠です。

どの方法も、目の周りの血行が良くなるのでむくみが改善でき、代謝が良くなって目の周りの脂肪が落ちやすくなります。
そして、眼精疲労の改善や目の下のクマの予防にも役立つので一石二鳥。
スマホなどで目が疲れているという人も多いと思ので、毎日の生活のなかに取り入れてみてはいかがでしょうか。

大切なのは、毎日繰り返すこと。
繰り返しているうちに、腫れぼったくて硬いまぶたがやわらかくなり、癖付けもしやすくなるのでアイプチなども使いやすくなります。
また、もし整形したとしてもより自然な二重まぶたになれますし、整形の「持ち」もよくなります。

とはいっても、即効性は期待できないので、毎日気長に続けてみてください。
稀に、マッサージを繰り返していたら二重になれた、ダイエットをして痩せたら二重になった…という人もいます。
なので、脂肪を落とすことは二重まぶたに効果的といえます。

実はアイプチや整形ってバレやすい?おすすめの方法は?

二重整形をした人、アイテープ・アイプチなどを使って二重まぶたを作っている人の口コミを読んでみると、
・バレる
・急に二重になるのは不自然
という書き込みをしている人が多くいました。

でも、マッサージで二重になれる可能性は少ないです。
マッサージは、二重まぶたになりやすいまぶたになることはできても、実際に二重まぶたになれる人は少ないという現状があります。

そこでおススメしたいのが、夜用のアイプチ「二重まぶた美容液」です。

二重まぶた美容液とは?

二重まぶた美容液は、夜寝る時に使って二重の癖付けをするものです。

使い方は、アイプチと同じような方法でまぶたをくっつけるというもの。
夜寝ている間はまばたきが少ないので、日中よりもしっかり癖付けをすることができます。

そして、翌朝洗顔をすると、二重の癖付けが完了しているので、日中はアイプチをしなくても過ごせるようになります。
アイプチをごまかすアイメイクをしなくても良くなり、アイプチがバレる、取れるといった心配もなくなりますよ。

さらには、まぶたの皮膚を保護する美容成分や、腫れぼったいまぶたのむくみやたるみを解消する美容成分なども含まれているので、毎日使っても肌荒れしにくいですし、二重になりやすいまぶたになれることができます。

●おススメはナイトアイボーテ
二重まぶた美容液といっても色々な商品がありますが、私がおすすめしたいのは「ナイトアイボーテ」。
SNSなどで話題になり、注文が殺到し販売中止になったこともあるほど人気の商品です。

早い人では1週間ほどで二重まぶたの癖付けができることも。

今なら通常価格の38%OFFで使ってみることができます。
こちらは定期購入で注文した場合の価格ですが、もし気に入らないという場合は初回解約でもOK。
続けたい場合は、2980円で継続できます。

市販されているアイプチなどに比べると価格は高いですが、その分、美容成分がたっぷり入っているので安心して使えます。

●二重まぶた美容液を使えばアイプチを卒業できる!
二重まぶた美容液は肌荒れしないので、毎日使い続けることができます。
夜の癖付けだけでは不安という人は、日中も普通のアイプチと同じように使うことができますよ。

そして、個人差がありますが3~6か月ほど使うと、癖付けをしなくてもOKな二重まぶたが手に入る人も多いです。
つまり、ナイトアイボーテを使えばアイプチが卒業できるのです。

なので、整形手術を検討する前に、まずは二重まぶた美容液を試してみるべきだと私は思います。

まずは癖付け二重で様子を見る

ここまでに、アイプチや整形で二重を作る方法や体験談などをご紹介しましたが、結局、どちらが良いのか…私には決められませんでした。

でも、アイプチや整形の方法、そして体験者の人たちの口コミなどを参考にすると、まずはアイプチなどで二重まぶたを試してみてから整形することを検討するといいと思いました。

というのは、一重まぶたや奥二重の人がいきなり整形手術をして二重まぶたになると、顔の表情が変わってしまうので家族を含めた周りの人もびっくりしてしまうかも?
それに、整形してしまったら簡単には元に戻せない(再手術が必要)です。

また、自分の思い通りの二重まぶたの形は、何度か二重まぶたを作ってみてからでないと決められないのではないでしょうか。
二重まぶたになりたくて実際に二重を作ってみると、「想像していたのと違った」という事があるかもしれませんし、二重の形も「これがいい、もっと幅を広くした方がいい、せまくしたほうがいい…」など、最初に思っていた形とは変わってくるかもしれません。

なので、自分が理想とする二重まぶたの形が決まるまで、アイプチなどで様子をみてみてはいかがでしょうか。
そうすれば、周りの人にも二重まぶたの印象をつけることができますし、自分でもしっかり決心ができてから整形に踏み切ることができます。

また、その際のアイプチを、夜使うタイプのアイプチ(二重まぶた美容液)を使えば、肌にも優しいですし、毎日続けて使えるのでしっかり癖付けができます。
使っているうちに、整形を検討しなくてもよくなれば嬉しいですよね♪

まとめ


いかがでしたか?

ぱっちりとした大きな目元になりたい!という人にとって、一重まぶたや奥二重は大きな悩みやコンプレックスになることもあります。

二重まぶたになることで自分に自信が持てる!という人には、その方法としてアイプチやプチ整形があります。
それぞれの方法についての情報を集め、自分に合った方法、納得ができる方法を選んでみてくださいね。

最終的にどちらの方法を選ぶかは人それぞれですが、私は、まずはナイトアイボーテなどの二重まぶた美容液を使ってみることをおすすめします。

二重まぶた美容液なら肌に優しく使えますし、夜使うので、アイプチの「バレる」、「かぶれる」といったデメリットをカバーできます。
そして使ってみた人の多くが本物の二重を手に入れているので、整形を検討する前に試しててはいかがでしょうか。

ナイトアイボーテを使ってみた!体験レポートはこちら

↓ ↓ ↓

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 「コレなら痛まない」アイプチの落とし方の決定版!早く落ちる裏技とは?

  • 【ニセモノ?】口コミで話題のドリーミンアイリッチの効果は嘘?使ってみた!

  • ナイトアイボーテを昼間も使いたい人へ…夜も昼も使う時の注意点とは?

  • 【朗報】塗るアイテープ?実はリキッドタイプのアイテープが使いやすさ抜群だった!

  • 最強!一重も奥二重も自力でくっきり二重まぶたを作る方法は?

  • 【悩み解決】アイプチを使うタイミングや順番が分からない!メイクが先?テープとの使い分けは?