1. TOP
  2. 助けて!アイテープができない人必見の方法とは?失敗しにくいアイテープもご紹介

助けて!アイテープができない人必見の方法とは?失敗しにくいアイテープもご紹介

アイテープが上手くできない!と悩んでいる人はいませんか?

こちらでは、アイテープが上手くできない、説明書通りに使っているつもりなのに二重にならない…といった悩みを抱えている人に向けて、アイテープを使う際の方法や注意点、うまく作るコツをまとめました。

また、失敗しにくい初心者の人にもおすすめなアイテープもご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

アイテープが上手くできない、二重にならない人にありがちな悩みとは?

アイテープが上手くできない」、「二重にならない」という人たちにありがちな悩みとは、どのようなものなのか…。
Yahoo知恵袋などで、探ってみました。

すると、
・目頭が食い込まない
・アイテープを貼って二重になっても数回まばたきすると元に戻ってしまう

というように、アイテープが上手く貼れないという悩みの人、
そして、
・続けているのに全然二重になれない

など、癖付けが定着しない(アイテープを剥がすと元に戻ってしまう)という悩みが多いことが分かりました。

説明書通りに使っているつもりなのにアイテープが貼れない…というと、諦めたくなってしまう人もいますよね。
また、せっかく可愛いパッチリな二重になれたのに、アイテープを剥がしてしばらくしたら元に戻ってしまう…というのもガッカリです。

でも、コツを掴めばアイテープは上手に貼れますし、癖付けを定着させる方法もあります。

アイテープができない人必見の成功法とは?

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=iQ_12s_2sVk)

それでは、アイテープができない人必見の成功法をご紹介します。

アイテープがうまくいかない時、上手く貼るコツ

アイテープの使い方の説明書を見ながらやってみても、くっつかない、すぐにはがれる、目頭が食い込まないということも多いようです。
そこで、コツをご紹介します!

 

●コツ1: 二重のラインの下に目の大きさに合ったアイテープを貼る!
二重のラインを決めたら、そのラインの下にアイテープを貼ってください。
その際、目の大きさや形に合ったアイテープを貼るようにしましょう。

市販されているものをそのまま貼ると、目の形に合わないという人も。
その場合は、はさみでカーブや長さを調節して貼ってください。
何度か練習してみると、自分の目の形に合うように細工するのもスムーズにできるようになりますよ。

また、慣れないうちは、なるべく目の際に貼るとうまくいきます。

幅を広くしたいと思うがあまり二重ラインを超えてアイテープを貼ってしまうと、はがれやすくなったり、目を開けたときにアイテープが二重まぶたからはみ出てしまったりします。
そうなると、見た目も不自然に。

ですから、二重のラインの下に、ラインを超えないようにアイテープを貼るようにしましょう。

幅を広くしたい場合は、アイテープの貼り方に慣れてきてから、徐々に幅を広げていくとうまくいきます。

●コツ2: 貼る順番に注意!
アイテープを貼るとき、目頭から貼ったり、なんとなくまぶたの中央に貼って押さえているという人も多いようです。

しかし、まぶたには凹凸やカーブがあります。
なので、適当に、なんとなく貼るというのでは、とれる、浮く…という結果になることも。

ですから、まぶたの凹凸やカーブに合わせて、たるまないように、丁寧に貼りましょう。

その際、貼る順番としては、1.まぶたの中央、2.目頭、3.目尻の順にするとキレイに
貼れます。

●コツ3: 慌てすぎない!
アイテープを貼るのは、「忙しい朝」という人も多いのではないでしょうか?
慌ててしまうとまぶたの皮脂を拭きとらずに貼ってしまうことがあるかもしれません。

ですが、粘着剤は皮脂が付いているとキレイに付かないので、必ず油分を拭き取ってから貼るようにしてください。

 

●コツ4: 貼った後は触らない!
アイテープを貼った後は、こすらないようにしましょう。

ドライアイや目の疲れで目薬を使うという人は、なるべく目薬がアイテープに付かないように気を付けてみてください。

汗をかいたり、目薬などでアイテープが湿ってしまうとはがれやすくなります。
その際は、なるべく早くティッシュなどで、抑えるように優しく水分を拭き取るようにしましょう。

 

 癖付けが定着しない、定着させるコツ

「毎日二重の癖付けをしていたら、いつの間にか何もしなくても二重になった!」という口コミも多く見受けられます。
なので、毎日使っていたら自分も二重になれるはず!と信じて頑張っている人も多いですよね。

確かに、毎日使い続けていれば二重になれる可能性は高いのですが、でもかかる期間には個人差があります。
1年半もかかったという人もいますし、一向に二重になれないという人も。
ですから、あまり焦らないようにしてください。

しかし、二重の癖付けを定着させるコツがあるのでご紹介します。

 

●コツ1: 毎日癖をつける
毎日癖付けをすると、癖が付きやすくなります。
ですが、肌荒れをしてしまうと毎日癖付けできません。
なので、なるべく肌に優しいアイテープを選んで使ったほうが良いです。

●コツ2: 同じラインで癖付ける
毎日癖付けをする際は、同じラインで癖付けをしましょう。

●コツ3: 継続する
効果がない、癖付けが定着しないという人の多くは、一定期間使ってやめてしまっている人が殆どです。
癖が付いたかな?と思ってもやめずに継続しましょう。
1度、二重まぶたの癖をつけると2~3日持つというようになったら、2日に1度、3日に1度というようにケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

 これなら浮かない!失敗しにくいアイテープは?

アイテープといっても色々な商品がありますが、こちらでは、その中でも浮きにくく強力なタイプ「エタニティアイテープ」をご紹介します。

●特徴:
・丈夫で伸縮性がある強粘着の医療用両面テープ(ISO-10993に基づく安全性を確認)で1日中キープできる
・かぶたのカーブにフィットしやすい

●価格:
1200円(税抜)、72枚入り

●使ってみた人に口コミ・評判
・整形級の二重になれる
・目がつらない
・はがれることがない
・アイプチよりも自然に二重になれる
・重い一重でも二重になれた
・上からメイクもできる
・変なテカりもなく自然
・がっつりなアイテープだけど目に刺激などはない
・汗にも強い
・テープが付いている台紙に切り込みが入っているので、台紙の一部分だけを剥がして使える
など。

効果に関しての評判も良いですが、「台紙の一部分だけを剥がして使える」など、初心者さんでも使いやすいようになっているのも魅力的。
また、メイクができるのも嬉しいアイテープです。

●購入できる場所:
公式サイト、楽天市場やamazonなどの大手通販サイト、ドラッグストアなど。

●販売元:
GR/ガールズメーカー

あとがき

二重になる方法は色々ありますが、アイテープは慣れるまで使い方が難しいと感じる人も多いと思います。
特に頑固な一重の人の場合は、アイテープが浮く、くっつかない、はがれる…など、まぶたが薄い人に比べて難しいということも。

そんな時「出来ない」、「効果がない」、「失敗するのが辛い」など、イライラしてしまったり諦めてしまうのは残念。

絶対二重にならない一重はありませんし、まぶたの厚さや使う頻度などによっても個人差はありますが、頑固な一重ほどアイテープがオススメ!と言う人も多いです。
なので、諦めることなく、ぱっちり二重を目指して頑張ってみませんか?

でも、まぶたに負担がかかってしまったり、気持ちも疲れてしまうのは良くないので、頑張りすぎないようにしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 「コレなら痛まない」アイプチの落とし方の決定版!早く落ちる裏技とは?

  • 【男子のキモチ】彼女がアイプチで二重整形してた!「別れたい…」と思う男性の割合は?

  • 【朗報】塗るアイテープ?実はリキッドタイプのアイテープが使いやすさ抜群だった!

  • アイプチでまぶたが痒い!かぶれちゃった時の対処法とは?

  • 【初心者向け】アイテープの正しい貼り方と剥がし方のコツとは?

  • マツエク”断られた”!アイプチしてるとまつ毛エクステ出来ないって本当?