1. ホーム
  2. アイメイク

ばさっと上向き!”塗るつけまつげ”おすすめは自まつげ際立てタイプ?【口コミ調査】

アイメイク まつげ
  1,006 Views

まつげをちょっとでも長くバサバサにしたい!だけど、つけまつげやまつエクじゃなくて自まつげで勝負したい!そんなマスカラ派のあなたに朗報です。まるでつけまつげやまつエクをつけているように目元がバサバサに仕上がるマスカラ「塗るつけまつげ」に待望の新作が登場しました。
さて、その仕上がり具合はどうなのでしょうか。

そもそも”塗るつけまつげ”ってなに?

“塗るつけまつげ”は、dejavu(デジャヴュ)というブランドから発売されているマスカラのキャッチコピーです。
マスカラなのに、まるでつけまつげをつけたような、長さやボリュームがでてバサバサまつげになれる優秀アイテム。

2001年に発売と同時に一大ブームを引き起こすほどに話題を呼び、その使用感の良さとクオリティの高さから現在も多くの女性に愛用され続けています。

このマスカラの魅力は、ただまつげを太く長くするというだけではなく、「涙や皮脂でにじまないのに、簡単にお湯で落とせる」というフィルムプルーフ処方という新技術にあります。

マスカラは、時間がたつとどうしてもマスカラ成分が涙や皮脂に溶けだし、夕方になると目の下が黒くパンダ目になってしまうのが悩みでした。
一般的なマスカラは涙や皮脂を弾く「ウォータープルーフタイプ」になっているのが多いのですが、それでもやはりパンダ目を完全には防ぐことができません。そして、強力なウォータープルーフタイプであればあるほど、普通のクレンジングでなかなか落ちないというのが欠点で、メイクをしっかり落とすことができていなかったり、強いクレンジングを使うことでまつげや肌に負担がかかってしまうのです。

そこで、「水を弾いてにじまない&お湯でふやけて簡単にオフできる」というフィルムプルーフを開発し、商品化したのがdejavu(デジャヴュ)です。
フィルムプルーフは、ウォータープルーフタイプとは成分が全く異なるので、水分や皮脂に溶けだすことがありません。

↓ ↓ ↓

全くパンダ目にならないんですよ!
そして、お湯に触れるとマスカラがふやける性質があるので、お湯で洗顔するだけでつるんと落ちます。
大切なまつげを傷めることなくクレンジングができるという優れものです。

特殊なファイバーがまつげに絡みつくので、まつげがバサバサに長く仕上がるうえに、お湯でつるんと簡単に落とせるなんて、まさに名前の通り「塗るつけまつげ」そのものですね。

さて、2018年7月現在、dejavu(デジャヴュ)の塗るつけまつげには6つ種類があり、あらゆるまつげの悩みに対応しています。
中でも一番新しいのは、2018年6月に発売の「ラッシュアップK自まつげ際立てタイプ」です。

◆dejavu(デジャヴュ)の商品ラインナップ◆

①ファイバーウィッグ ウルトラロングF ¥1,500(税抜)
定番商品!まつげを長く見せるタイプ

②ラッシュノックアウト エクストラボリュームa ¥1,500(税抜)
まつげを太くボリューミーに見せるタイプ

③キープスタイル ¥1,500(税抜)
ビューラーをした上向きまつげをキープするタイプ

④タイニースナイパー ¥1,000(税抜)
下まつげや目尻、目頭に細かく塗れる部分用タイプ

⑤ファイバーウィッグ ウルトラロングF ¥1,500(税抜)
定番のファイバーウィッグシリーズのカラーバージョン

⑥ラッシュアップK ¥1,200(税抜)(2018年6月新商品!
自まつげ際立てタイプ

塗るつけまつげの新作「自まつげ際立てタイプ」って?

(http://www.dejavu-net.jp/campaign/kiwadate/)

うぶ毛に絡まりやすい新フィルム配合!

塗るつけまつげの新作ラッシュアップKは、うぶ毛のような細くて短いまつげまでしっかりと際立てることができる、うぶ毛対応のマスカラです。
一般的なマスカラにも言えることですが、従来のdejavu(デジャヴュ)商品のフィルム液では、うぶ毛のような細くて短いまつげには液をうまく絡めることができず、マスカラを塗ってもうぶ毛のところは短いままという欠点がありました。

そこで登場したのが、この新作ラッシュアップKです。液には新しくうぶ毛用に開発された「スムースフィットフィルム」が使われていて、うぶ毛に密着しやすく絡まりやすくなったのです。

他のシリーズと比較しても、毛への密着性が高く、そして粘度が低くなめらかになっていて、根元から毛先までフィルム液がす~っとムラなくのばせる処方になっていますよ。

三角形の超極細ブラシで塗りやすさバツグン!

ブラシは断面が三角形になっていて、さらにブラシの毛の最短はわずか1.5mm
こんな超極細最短ブラシなら、うぶ毛を塗るときに皮膚や粘膜を傷つけることなく、細かい部分まできちんと塗ることができますね。

驚くことに、dejavu(デジャヴュ)の調査によると、一般女性のマスカラをした目をチェックしたところ、平均的に4分の1のまつげにマスカラが届いていない塗り残しがあったそう。
塗り残しのほとんどが、目頭目尻など塗りにくいところや細くて短いうぶ毛だったそうです。
この新作ラッシュアップKで、うぶ毛を際立たせれば、いままで見えなかったうぶ毛が一気に存在感UPし、目元が力強く生まれ変わりますよ。

つけまつげやまつエクに頼らず、自まつげをバサバサにしたい人にとっては嬉しいアイテム。お湯でツルンと落ちるから、まつげへの負担がないので育毛している人にとってはかなりありがたいですね。

塗るつけまつげの使い方

マスカラの基本的な塗り方や使い方について、解説します。
マスカラがダマになりにくいようにするにはちょっとしたコツがあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

◆用意する物◆
・ティッシュ
・マスカラ
・コーム

① まず初めに、コームでまつげをとかします。
まつげを溶かして1本1本をセパレートしておきましょう。ビューラーをしたい人は、コームで溶かしたあとのこの時点でビューラーをしておきます。その後、もう一度コームでとかすのもお忘れなく。

② マスカラのブラシについている余分なの液だまりやフィルムの塊をティッシュで優しくオフします。
このひと手間でマスカラがまつげの上でダマになるのを防ぐことができます。特にある程度使って量が減ってきたマスカラは乾燥して液だまりやフィルムの塊ができやすいので、このティッシュオフがおすすめです。

③ 上まつげの中央から塗り始める
まず、まつげの中央あたりの根元にブラシをあてて、ブラシと毛を絡ませるようにグイっと押し入れます。そのまま少し左右にジグザグに振動させながらゆっくりと毛先まです~っと塗りましょう。フィルム繊維を絡めるように塗るのがコツです。

④ 上まつげの目頭・目尻はブラシをタテにして塗る
ブラシをタテや斜めにしたり、ブラシの先端をうまくつかって、目頭や目尻にマスカラをぬります。このとき、部分用に塗れるタイプのタイニースナイパーや、新作のラッシュアップKがあると、短い毛でもかなり簡単に塗れますよ。

⑤ 塗り残しをチェックしながらマスカラを重ね付けしていく
まつげの根本や、うぶ毛、などで塗れてない部分をチェックして、ブラシをタテに使って埋めていきます。1本1本丁寧に塗りましょう。ここでもタイニースナイパーや、新作のラッシュアップKがあると大活躍しますよ。

⑥ 下まつげの中央を塗る
下まつげが長い人は、上と同様にブラシを横に持って、中央から塗っていきます。根本にブラシを押し当てて、毛と絡ませながら塗っていきましょう。

⑦ 下まつげの短くて塗れない部分はブラシをタテにして塗る
ここでもブラシをタテに持ち替えて、1本1本丁寧に塗っていきましょう。下まつげは、マスカラのブラシが皮膚にあたりやすいので、短い人はラッシュアップKを使うようにしましょう。無理に塗ると、皮膚を傷つける原因になってしまいます。

⑧ 仕上げはお好みで重ね付けしてデザイン
まつげの中央の部分を2度塗りすると黒目が大きくみえてぱっちりした印象になります。
少し色っぽさを出したい時は、目尻の部分を2度塗りしましょう。

マスカラでちょっとでもまつげをバサバサにするには育毛がオススメ

マスカラは、自まつげが命です。日頃からまつげが傷まないようにケアしておきましょう。育毛してちょっとでもまつげを長く成長させておけば、このdejavu(デジャヴュ)の塗るつけまつげの効果で、まるで本当につけまつげをしているような目になれますよ。自まつげを長くしたい人は、ぜひ日頃からまつげの育毛剤でケアしてみてくださいね。
まつげの育毛なら、値段が手ごろなのまつ毛がよく伸びると評判のエマーキットというまつげ美容液があります。定番人気商品なので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

どれがいい?塗るつけまつげの口コミ調査

30代 東京都 杉山さん
もう10年以上デジャヴュ愛用しています。定番のファイバーウィッグウルトラロングと、タイニースナイパーを2本使っています。20代の頃はラッシュノックアウト使ってて、まつげにめっちゃボリューム出してました。だけど30代になってちょっと心変わり(笑)
ファイバーウィッグの方がまつげが1本1本セパレートする感じです。今はこっちの方が好きなので。

20代 兵庫県 野田さん
新作のラッシュアップK使ってみました。なるほど!タイニースナイパーよりもうぶ毛に貼りつくように密着しますね。どんなマスカラ使っても目頭って塗りにくかったのに、このラッシュアップの三角ブラシならうまく塗れます。いいかも~

30代 大阪府 小宮山さん
ラッシュアップKたしかにいいです。1~2mm程度のちっちゃいうぶ毛にも頑張ってこれで塗ってます。1mmの毛は難しいけど頑張れば塗れますよ~♪2mmの毛なら余裕です!
うぶ毛ってかなり印象変わりますね。アイライン引いたみたいにぱっちりします。

40代 和歌山県 山本さん
年齢とともにまつげが元気なくなってきました。キープスタイルをずっと使ってたんですが、10年前の目力を取り戻すために、補助としてラッシュアップKも買いました。40代後半の私みたいなコシのない毛でも1本1本ちゃんと塗れていい感じです。キープスタイルとラッシュアップを両方使ってアイメイク頑張ります。

塗るつけまつげでボリュームまつげに

新発売のラッシュアップKの使い心地とても良さそうですね。うぶ毛にまでしっかり塗れる処方とブラシになっているなんて、すごく画期的です。
お湯でふやけてツルンとオフできから、まつげに負担をかけずにオフできるというのも、嬉しいポイントです。

まつげは女の命とも言われているくらい重要です。自まつ毛をバサッと見せたい方はぜひ使ってみてくださいね。

まつげにもっとボリュームを出したい方は、まつげ美容液を使うのもおすすめです。

まつげ美容液は自まつげを育毛している人にはオススメなアイテムなので、”塗るつけまつげ”と合わせてぜひ使ってみてくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜おすすめ二重美容液・アイプチご案内サイト〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜おすすめ二重美容液・アイプチご案内サイト〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

mai

mai

管理人のmaiです。28歳のOL、女子力の低さに周りからしばしば「おっさん」と呼ばれるアイメイク初心者でしたが、研究していく内に少しずつ「女子力が高くなったね」といわれるようになりました。

重たい奥二重なので、よくむくんだ目をカバーするメイクに悩んでます。

このサイト「さらコス」では、自分で試してみた制汗剤や、汗を抑える為の対策、さらには今話題の最新コスメ情報などを紹介しています。実は名前の由来は、私たちの生活をコスメが取り囲んでいるという意味で、「surround lifes  cosme」からとっています。

関連記事

  • 【値段は安い?】ナイトアイボーテの購入方法は?最安値も調査!

  • 二重まぶたが”むくんで”一重に!朝に即効で効果の出るマッサージ方法とは?

  • 紫、緑、青、ピンク…アイトークはどの色がおすすめ?”コージー本舗のアイプチ”種類と違いをまとめてみた

  • 【”くっつけない”アイプチって何?】おすすめから使い方まで

  • 【悩み】三重まぶたはアイプチでは治らない…こんな時どうする?

  • 【コスメ座談会】本当に”使いやすい”おすすめアイテープ&アイプチは何?比較してみた!