1. ホーム
  2. アイメイク

【”くっつけない”アイプチって何?】おすすめから使い方まで

アイメイク アイプチ
  94,328 Views

 

アイプチを使うなら、なるべくバレにくい方法で二重まぶたを作りたい!という人は、
まぶたをくっつけないタイプのアイプチ(非粘着式/非接着式/折込式)
を使ってみてはいかがでしょうか?

くっつけないタイプのアイプチは、まぶたをくっつけるタイプのアイプチよりも自然に仕上がるのでバレにくいという嬉しいメリットがありますよ♪

今回は、「くっつけないアイプチ」についての詳しい情報をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



くっつけないタイプのアイプチって何?

 

ひとくちにアイプチといっても、瞼を
「くっつけるタイプ(接着式/粘着式)」

「くっつけないタイプ(非接着式/非粘着式/折込式)」
があります。
ここからはそれぞれの違いや使い方について説明していきます。

粘着式と非粘着式の違い

まず、粘着式(接着式)と非粘着式(非接着式)のアイプチの違いについてご紹介します。

●粘着式(接着式)
まぶたとまぶたの皮膚を、アイプチ(のり)でくっつけて二重のラインを作る方法です。

メリット
比較的簡単に二重まぶたが作れるので、アイプチ初心者さんに人気
まぶたが厚い人も、非接着式より二重をキープしやすい

デメリット
目を閉じたり下を向くと、まぶたが引きつって見えることがある
アイプチをしていることがバレやすい
常にまぶたが引っ張られているので、目を完全に閉じることができずドライアイになりやすい

●非粘着式(非接着式・折り込み式)
まぶたの皮膚をくっつけるのではなく、まぶたの上にアイプチ(のり)を塗って乾かすことで薄い膜を作ります。
そして、その膜の上にまぶたを被せる(折り込む)ことで二重まぶたのラインを作る方法です。
*非粘着式のアイプチは、まぶたを折り込むように二重を作るので、折り込み式とも呼ばれています。

メリット
まぶたをくっつけないので、引きつったりせず、自然に見えるのでバレにくい
まぶたを自然に閉じることができるのでドライアイになりにくい

デメリット
接着式のアイプチに比べると使い方が難しいので、初心者さんには難しい
まぶたが厚い人は、接着式よりも二重がキープしにくい

●粘着式と非粘着式の違い【まとめ】
粘着式(接着式)と非粘着式(非接着式)のアイプチは簡単にまとめると、

粘着式が向いているのは
ガンコで重たい一重の人

非粘着式が向いているのは
→目立たない薄い一重や既に二重で形を整えたい人

という違いが大きいです!

また、非粘着式は初心者には使い方が少し難しいです。
「初心者さんには難しい」とはいっても、どのようなタイプのアイプチでも、最初は誰でもコツをつかむまでは練習が必要!
非接着タイプも練習を積んでコツさえつかめば上手にできるようになります。

キープできる時間(アイプチのもち)についても、粘着力の強いものを選ぶことで解決できますし、毎日使う事で癖が付きやすくなるので「持ち」も良くなってきます。
アイプチを使って二重まぶたを作る上で「バレにくい」というのは、とても魅力的な要素なので、頑張って練習してみてはいかがでしょうか。

非粘着式のアイプチが使えない人はいる?

上記の「非粘着式/デメリット」のところでもご紹介しましたが、まぶたの脂肪が多く厚ぼったい人では、まぶたが上手く折り込めず二重まぶたになりにくいです。

もし、アイプチを使っても二重まぶたになれない時は、ほかにもアイテープ二重まぶた美容液(まばたきが少ない夜に癖付けするタイプ)などの方法で二重を作ることもできるので、諦めなくても大丈夫ですよ♪

くっつけないアイプチ(非接着式/非粘着式)のりタイプの使い方

それではここで、くっつけない(非接着式/非粘着式)アイプチの中で「のりタイプ」をご紹介します。

商品によって使い方は多少違いますが、こちらでは後程商品の特徴についてもご紹介する
「ABシークレットソフトフィルム」の使い方です。

非粘着式のアイプチは、基本的にこのような使い方なので参考にしてみてください。

Step1:
作りたい二重のラインの下に沿ってアイプチを塗る。

 

Step2:
目をつぶったまま乾かす。

 

Step3:
乾いたらゆっくり目を開け、作った被膜(アイプチを塗った部分)にシワが付かないように気を付けながら、二重のラインを整える。

Step4:
完成。
とても自然な二重まぶたになりました。

スポンサーリンク



非粘着式のアイプチを選ぶときのポイント

非粘着式のアイプチといっても、色々なメーカーから様々な商品が販売されています。

その中から、
・肌への負担が少ない
・二重まぶたの「持ち」が良い
・使いやすい(筆や液体の塗りやすさ)
・消耗品なので継続しやすい価格かどうか
という点についてチェックし、自分にとって最も良いと思うものを選んでみてください。

片面非粘着式の”テープタイプのアイプチ”絆創膏、医療用テープ…どれがオススメ?

とにかくアイプチで目立ちたくない!なら、のりタイプではなく肌馴染みのよいテープタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

片面非粘着式のアイテープとは、片面だけを貼り付ける折り込みタイプ。
両面テープのものは透明なものが多い一方、片面テープは限りなく肌に近い肌色を使っているので、テカリが少なく目立ちにくいのが特徴です。

また、アイテープを使うときに気になるのは「お肌(まぶた)への負担」。
片面非粘着式のアイテープは医療用テープとして採用されている素材を使っているものや、敏感肌の人でもかぶれにくいように低刺激で作られているものもあります。

まぶたの皮膚は薄くてとてもデリケート。
粘着力や耐久性も大切ですが、アイプチやアイテープは素肌に直接使うアイテムなので、
・美容液成分が含まれている
・かぶれにくい素材を使っている
など、お肌(まぶた)への負担も考慮してみてもいいかもしれません。

医療用テープでおすすめ!人気商品は?

STYLE+NOBLE プリュドール ナチュラル

価格:
600円(税抜)

特徴:
頑固な一重にも使える
・肌馴染みがよく、目立ちにくい
・布テープのためテープの上からメイクがしやすい
・医療用テープとして使われている不織布素材なので肌に優しい

 

絆創膏タイプでおすすめ!人気商品は?

のび~るアイテープ 絆創膏タイプ

価格:
100円(税抜)

特徴:
100均一で購入できるのでコスパがいい
・肌馴染みのよい、目立ちにくい肌色
・ファイバータイプ並みによく伸びる

”折込式アイプチ”おすすめ人気商品3選

それでは、おすすめの非粘着式(非接着式/折込式)のアイプチをご紹介します。
実際に使っている人たちの口コミや体験談から、人気が高く、使いやすいと評判の商品を3点選んでみました。

おすすめ人気商品1:AB シークレットソフトフィルム/クリアフィルム

『AB シークレットの非粘着式アイプチ』は、
ソフトフィルム、クリアフィルムのどちらにもまぶたの皮膚を守る美容成分が配合されています。
完全に乾かしてから目を開けるのが、うまく使うポイント。
もし早く乾かしたい時は、ドライヤーの冷風を当てると良いですよ。

●AB シークレットソフトフィルム

 

価格:
840円(税抜)

特徴:
・ゴムラテックスタイプで汗や水に強い
・塗って乾くと柔軟性があるソフトな被膜が作られる
・美容成分としてカミツレエキス(保湿)、ローズマリー葉エキス(ひきしめ)を配合
・筆が太くいので一発でラインが引ける
・被膜が柔らかすぎるという場合は、重ね塗りをすると硬くなる

購入できる場所:
ドラッグストアや薬局、ドンキホーテ、楽天やamazonなどの大手通販サイトなど。

 

●AB シークレット/クリアフィルム

価格:
840円(税抜)

特徴:
・アクリルタイプ
・塗って乾くと硬い被膜が作られる
・保湿美容成分として加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Naを配合
・筆が細く、目立たないファイバ―のようなラインが引ける

購入できる場所:
ドラッグストアや薬局、ドンキホーテ、楽天やamazonなどの大手通販サイトなど。

おすすめ人気商品2:ローヤルプチアイム・ローヤルアイムリピ

『ローヤルプチアイム・ローヤルアイムリピ』にも美容成分が配合されており、速乾性があります。

また、加齢によって重くなってしまったまぶたをリフトアップする効果もあるので、幅広い年齢層に人気の商品です。

価格:
2800円(税抜)

特徴:
・ゴムラテックスタイプ
速乾性に優れる
・品質が安定する瓶容器
ウォータープルーフ(汗や水に強い)
・保湿美容成分としてアロエベラエキスとユズエキスを配合
・独自のストレッチエッセンスにより、ツレや圧迫感なく自然にまぶたを閉じられるのでバレにくい

購入できる場所:
一部のドラッグストアや薬局、ドンキホーテ、プラザ、ロフト、楽天やamazonなどの大手通販サイトなど。

 

おすすめ人気商品3:マジプチ

 

『マジプチ』は、仕上がりが魔法級!といわれているほど、塗りやすい筆に特徴があります。

二重のラインを決める時に使えるようプッシャーもついていますが、マジプチを塗った後はプッシャー不要(もちろん使ってもOK)。
まばたきだけで二重が完成するというのが魅力です。

価格:
1230円(税抜)

特徴:
・ゴムラテックスタイプ
速乾性がある
・乾くと透明になり目立ちにくい
・専用クレンジング不要、お湯で簡単にオフできる
・保湿美容成分としてヒアルロン酸Na、リピジュアを配合
・一発で塗れる太めの筆

購入できる場所
一部のドラッグストアや薬局、ドンキホーテ、プラザ、ロフト、楽天やamazonなどの大手通販サイトなど。

 

くっつけないアイプチは二重の持続時間が短い?

粘着タイプでも非粘着タイプでも大事なことは二重まぶたの持続時間。
途中でアイプチが取れてしまっては、せっかくきれいに二重まぶた作っても意味がありません。

二重まぶたを保つポイントは「アイプチの粘着力
粘着力が高ければ高いほど二重が崩れにくいです。

アイプチをしてもすぐに取れてしまうのが気になる方は、粘着力・接着力が高いタイプのアイプチを選びましょう。

粘着タイプと非粘着タイプだと、やり方や塗る量、使い慣れているかなどによっても変わりますが、粘着タイプの方が持続時間は長いといった印象です。
また、アイテープタイプのアイプチは目頭や目尻から剥がれてきてしまう…といった口コミも多いので、
粘着力でいうと、のりタイプアイプチの方が強いものが多い印象です。

汗や涙でアイプチが取れてきてしまう場合は、水分に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。
それでも崩れるのが気になる方は、夜にクセ付けができる夜用タイプを使ってみるのもいいですよ。

 

くっつけないアイプチ(非粘着式)も使ってみては?

いかがでしたか?

くっつけないアイプチ(非粘着式)についてご紹介しました。

くっつけないアイプチは、片面タイプのアイテープと同じような仕組みで、
まぶたを折り曲げて二重まぶたを作ります。

しかし「塗る」ことによって被膜を作るので、アイテープを切ってまぶたに貼るより、
幅を広げたり小さくしたり…というのが自由自在です。
なので、粘着式のアイプチよりも、自分の目の形に合う目立ちにくい二重まぶたを作ることができ
ツレや圧迫感を感じずに1日過ごせます。

コツをつかみ、上手に使いこなせるようになるまで練習してみてくださいね。

今回、こちらでご紹介した3つの非粘着式アイプチは、どれも美容成分が配合されているので、かぶれなどの心配は少ないです。
しかし、肌質は人それぞれなので、もし、まぶたの赤みや痒みを感じたらすぐに使用を中止してください。

肌荒れしてしまって使えなかった…という人や、
もっとたくさん美容成分が入ってる肌に優しいアイプチを使いたいという人、
夜に癖付けをしたい人は
例えばナイトアイボーテのような二重まぶた美容液もありますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜おすすめ二重美容液・アイプチご案内サイト〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜おすすめ二重美容液・アイプチご案内サイト〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

suemaru

suemaru

理系大学に通ういわゆるリケジョです。
理系のロボット・宇宙等はかなり得意な分野です。
理系の学校に通ってるのに、今まで一番得意だった科目は国語(笑)

聞きやすい声がチャームポイントです。

管理人のmaiと同じ重たい二重なので、二重系の記事を紹介してます。

関連記事

  • 【真似したい!】ゆにばーす・はらちゃんの詐欺メイク方法とは

  • 本当?アイライナーなのにまつ育効果!?ガットラッシュの口コミ体験談調査

  • 基礎から応用まで!誰でも出来ちゃうアイプチの使い方とコツの講座

  • 【アイプチ、すぐ取れる!泣】取れる理由と防止策はコレ!

  • ナイトアイボーテを昼間も使いたい人へ…夜も昼も使う時の注意点とは?

  • 【アイトークは塗りにくい?】薄いすっきり一重まぶたが使ってみた!