1. TOP
  2. 鼻汗を止める為の6つの対策【毛穴の黒ずみ・いちご鼻に悩む人へ】

鼻汗を止める為の6つの対策【毛穴の黒ずみ・いちご鼻に悩む人へ】

han
鼻汗を止める方法ってないの!?と、悩んでいる女性は少なくないと思います。私も鼻の頭は一際汗をかきますし、鼻の下の汗もひどいので悩みの種です。

女性の場合は、

・メイクが崩れる。
・毛穴の黒ずみがひどくなり、イチゴ鼻の原因に

と、鼻汗をかく事によるデメリットは見過ごせません。

また、顔の汗はあまりかかないのに鼻の頭にだけ大粒の汗をかいてしまう人もいますが、そもそもなぜ鼻は汗をかきやすいのでしょうか?こちらでは、鼻汗の止め方、そして鼻汗の原因についてまとめてみました。

鼻汗の原因ってそもそも何?

shutterstock_218229922
鼻汗といっても、鼻の頭に汗をかいてしまう、鼻の下に汗をかいてしまう、顔全体にも汗をかいてしまう方など色々ですが、その原因は、以下のように様々です。

多汗症

多汗症の原因は、精神的なストレス・緊張・不安などによって交感神経が優位になり、汗腺が活発に働くようになるためと考えられています。ストレスをためない、リラックスするなどの工夫してみましょう。
 

■鼻汗は心臓と関係が!?

顔汗はあまりかかないのに、鼻の汗だけかいてしまう、しかも大量に鼻汗がでるので自分でも疑問なのだけど・・・という方もいますよね。この場合、鼻の上が赤くなり、汗をかいているときは、心臓病を患っている可能性があります。

動悸などの症状を感じる場合はもちろん、ご家族で心臓疾患を患っている方がいる場合は特に、自分でも気づかないうちに心臓に病気を患っていることがありますから、一度診察を受けておくと安心です。

辛いものを食べたときの味覚性多汗症

辛いものを食べると汗をかきます。病気などはなくても殆どの人がそうですから心配は要りません。ですが、辛いものを食べると、鼻の上、鼻の下などだけ汗がメイクが崩れる・・・ということはありがちですね。食後の後のメイク直しの時間は、余裕をもっておきましょう。

また、緊張したり、汗をかきたくないと強く思うことで顔や鼻から汗が吹き出てしまうという症状が、味覚性多汗症です。このような症状の方は、冷やしたり圧迫したりという鼻汗対策だけではく、心療内科の受診も考えると良い改善策が見つかる事があります。

更年期障害

30代の女性の場合、上半身の多汗で更年期障害を疑うことは殆どありませんが、ひとくちに更年期といっても症状が出る年齢、症状の現れ方には個人差がありますから、更年期障害ではない!と言い切ることはできません。

ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって、30代後半から、顔汗をかきやすくなる方もいます。私の周りでも、30代ですが、「更年期?」といわれてしまうほど顔汗をかいてしまう人がいます。女性の体はデリケートなので、年齢に関係なく色々なことが起きてきますね。

また、日ごろから食生活が乱れていると、暑くないのに出てしまう汗が多くなります。特に、脂っこいものが好きな人、塩分が多い人は汗をかきやすいので日々の食生活を見直すことも必要です。

 

鼻汗を止めるための、その場ですぐできる対策

shutterstock_336067958
汗をかいてしまうと困る場面や、今すぐ汗をとめたい!という時は、「冷やす」、「圧迫する」という方法があります。

冷やす

冷たい水で濡らしたタオルを首の後ろに当てて冷やします。鼻汗をかいてしまう習慣があるのであれば、保冷剤やペットボトルに水などを入れて凍らせたものをタオルに包んで持ち歩くのも良いと思います。首を冷やすと、首を通っている太い血管が冷やされるので、顔の部分の汗、鼻汗を止めることができます。

また、「冷やす」ということをこまめに行うようにすると、体温調節機能を鍛える効果も得られます。
鼻汗を止めるための一時的な対策方法ではありますが、多汗で悩んでいる方にとって体温調節機能を鍛えるという事は、多汗症の根本的な改善方法としても有効なので、ぜひ取り入れてみてください。

圧迫する

指で胸の上(乳首の上のあたり)のツボを抑えることによって、その部分から上の汗が止まります。わきの下を両手で押さえても同じ効果があります。

ee50ce04-4725-4c09-b94f-f6cf99c39789
(出典:https://www.cosme.net/biche/articles/xnHSKhj3)

少しきつめのブラジャーをする、ブラジャーのホックをいつもよりもキツくするというだけでも、顔汗を抑える効果が。

また、指で胸のツボを押さえたり、わきの下を量で押さえるというのが大変な方は「汗止め帯」という商品などもあります。
乳首の上やわきの下などは、人目があるとなかなか押さえる動作をするのは難しいので、こういったグッズを使って人目を気にせずに対策してみてはいかがでしょうか。

 

どうしてもひどい場合は病院で治療を受けてみる

597064085da88b765642ef6518664278_s
鼻汗を止める方法として、専門分野の医療機関で治療を受けるという方法もあります。病院で行う多汗症の治療というと、「手術」をイメージする方も多いですし、鼻汗は病気ではない!と軽く思われてしまって家族や友人にも「病院は必要ないのでは?」といわれてしまうこともあり、鼻汗程度で病院へ行くのは敷居が高いと感じてしまう方もいます。

ですが、お薬を使ったり、顔汗を止める手術をするなど、その人にあった治療方法を専門医が一緒に考えてくれますから、悩みがひどいのであれば、一度受診してみるといいと思います。

鼻汗がひどい場合、何科に行けばいいの?

鼻汗がひどい原因は、「多汗症の場合」と、強いストレスを感じたときなどだけ急に汗が吹き出る「精神的な場合」が考えられます。どちらの場合も、専門機関としては、「皮膚科」、「美容整形外科」などがありますが、まずはお近くの皮膚科で相談してください。

鼻汗を治したい、薬を使いたい・・・と思って、自分の判断でネットでお薬を購入するのはおすすめできません。お薬には副作用があります。自己判断せずに、お薬を使う場合は、医療機関にご相談くださいね。


 
 

鼻汗をかきやすい人のための崩れにくいメイク方

image2_小鼻
鼻汗だけひどいと、鼻の周りだけメイクが崩れてしまうことがあります。夏の暑い時期に、顔全体に汗をかいてしまう場合は、当然メイクも全体的に崩れるのですが、顔汗はあまりひどくないのに鼻だけメイクが崩れてしまうのは、ちょっと恥ずかしい・・・。

ウォータープルーフの化粧品を使う

ウォータープルーフのファンデーションメイクをすると、汗で化粧が崩れにくくなります。また、鼻汗をかくとどうしてもハンカチや手で鼻を触る回数が増え、触った分だけメイクも崩れます。ですからなるべく触らないように、汗を拭く時は冷たい水で絞ったタオルなどで押さえ拭きをするなどしてメイクが落ちないように工夫しましょう。

顔汗用の制汗剤を使う

顔汗用の制汗剤を使って顔汗を抑えることもできます。たとえば、ahcセンシティブやサラフェがあります。どちらも効果があるとて、顔汗に悩んでいる方の間で注目されています。

特にサラフェは日本製なので成分も安心。メイクの前に塗っておくと汗を抑えられますし、日中も、鼻汗をかいてしまって気になるときは、メイクの上から塗ることもできるので便利に使えます。

 

鼻汗がひどいとイチゴ鼻の原因になる?

サラ 1

鼻汗で悩んでいる方の中には、毛穴が黒ずんでイチゴ鼻になってしまうのでは?と悩んでいる方もいます。確かに、鼻汗が多いと鼻の毛穴に皮脂がたまりやすいのですが、イチゴ鼻は「汗」が原因ではありません。イチゴ鼻の原因は、皮脂と古い角質や汚れが混ざったものが毛穴に詰まって酸化することによって起こります。

つまり、皮脂の少ないサラサラの汗をかいているだけなら、イチゴ鼻にはならないのです。ただ、どうしても鼻は皮脂分泌が多くなりがちな部位なので、鼻汗の量と関係があるのでは?と思ってしまう方も多いんですね。

イチゴ鼻にならないためには正しいケアをすることが大切です。

イチゴ鼻にならないための正しいケアの基本

・洗い過ぎない
・洗顔後は毛穴を引き締める
・保湿する

まず、鼻の黒ずみがひどいからといって洗いすぎてしまうと、皮膚が乾燥し、皮脂がどんどん出てきてしまいますので洗いすぎは禁物です。

石けんで洗うのは、朝・晩2回。朝の洗顔は、乾燥肌を招くという意見もありますが、夜のうちに皮脂が出て、鼻の周りがベタついている場合は朝もしっかり石けんを使って洗いましょう。皮脂が鼻に残ったままになっていると、脂が毛穴に詰まり、さらに毛穴が広がってしまいますし、脂が酸化すれば黒ずみの原因になります。

ただし、カサカサしている、乾燥肌がひどいという場合は、夜、メイクを落とすときのみ石けんを使って洗顔してください。

洗うときは、石けんをしっかり泡立て、ゴシゴシこすらないように、指の腹で優しく洗ってください。そして、しっかりすすぎましょう。

3fc769f8bdca042152f12f8d0e441616_s

また、毛穴を引き締めることはイチゴ鼻対策になるだけではなく、鼻汗の量も少なくできます。洗顔後は、開いてしまっている毛穴をしっかり引き締めましょう。冷蔵庫で冷やした化粧水を使うと毛穴の締りがよくなりますよ。

冷やした化粧水をコットンにたっぷりしみこませて、コットンをポンポンと弾ませるように、肌がひんやりするまでパッティングしてください。鼻だけでなく、おでこのテカりが気になる、頬の毛穴の開きが気になるという方は、その部分も念入りにパッティングしましょう。

コットンを使わないという方は、手のひらに化粧水をたっぷりとって、化粧水を肌に浸透させます。その際は、指の腹で鼻にも化粧水をつけるようにしてください。手で化粧水をつけると、鼻の部分に化粧水が行き渡りにくいので、なるべくコットンを使ったほうが良いです。

毛穴の引き締めは鼻汗対策もできて一石二鳥ケアなのです。

そして、保湿も大切です。化粧水の後は、美容液やクリームなどで、さらに保湿効果を高めましょう。

一週間に1度くらいは、ローションパック(たっぷり化粧水をしみこませたコットンを鼻の上に置いて1分ほど、化粧水を肌に浸透させる)を行うと、保湿力が高まります。

ちなみに、顔汗や鼻汗を殆どかかないという人たちは、半身浴をするなどして顔の毛穴を開き、汗と一緒に毛穴の汚れを流し出す努力をしている方もいます。

実は、鼻汗がもともと多い方は毛穴の皮脂は流れやすい状況になっているので、毎日のスキンケア次第でキレイな鼻が維持できるんです。鼻汗はデメリットばかりではないんですよ♪
 

まとめ

・味覚性多汗症の人は心療内科の受診も検討しても良い

・その場でできる対策としては冷やす、圧迫するなどが有効

・メイク崩れが気になるなら、ウォータープルーフの化粧品を使う。

・イチゴ鼻は、皮脂が多く出過ぎないように、正しい洗顔、毛穴の引き締め保湿を行なう

 
鼻汗は、メイクが崩れてしまう原因にもなるので、女性にとってはとても厄介です。それに、鼻汗を気にしすぎてしまうと、余計に汗が吹き出てきてしまいますよね。対策法を知って、落ち着いて対処しましょう。出てしまった汗は、押さえるようにして拭き取れば急激にメイクが崩れることはありません

まずは、冷やす・圧迫するという方法を行ったり、崩れにくい化粧品でメイクをするなどして対策していきましょう。私は顔に使える制汗剤を使用して対策しています。

 
【関連記事】

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 【更年期障害】ホットフラッシュで流れる大量の顔汗をとめるには?

  • 顔汗対策「ahcセンシティブ」使用前の3つの注意点とは?

  • ets手術で顔汗は本当に止まる?実際にどうなのか詳しく知りたい

  • 目の下の汗を防ぐ方法はこの4つ!【汗は皮膚トラブルにも発展?】

  • 人気の日焼け止めサプリ3選!【飲む日焼け止めは本当に効く?】

  • 顔の汗を止めたい!塩化アルミニウムって効果あるの?