1. TOP
  2. 日傘は汗と紫外線を抑えられる?【日焼け止めが汗で落ちる人必見】

日傘は汗と紫外線を抑えられる?【日焼け止めが汗で落ちる人必見】

shutterstock_201039341

立っているだけでも汗が流れ落ちてしまう暑い夏。せっかく日焼け止めクリームを塗っても汗で落ちやすいですよね。

そのような時、日傘を使えばUVカットは可能なのでしょうか?また、日傘で汗の量を抑えられるのでしょうか?

 

日傘で汗の量は抑えられる?

日傘で汗の量は抑えられます。私も日傘を使っていますが、日傘を差していればずっと木陰の下を歩いているような感じで、頭や顔から噴き出す汗の量は変わってきます。

最近は、リーベンのようにひんやり効果のある日傘も出ているので、そのような遮熱効果のある日傘を使えば、より涼しく感じられ、汗で日焼け止めクリームが落ちたりメイクが崩れてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

 

日傘でUVカットはできる?

日傘で紫外線のUVカットはできます

ただし、レースのデザインや生地が薄くUVカット加工がされていない日傘だと意味がありません。UVカット加工がしっかりされている日傘を選びましょう。

また、日傘は身体から離すと日差しが体に体に当たってしまうので、なるべく体から離さないようにして差してください。

 

日傘は黒がいい?それとも白がいい?

日傘の色は黒を選ぼうか、白を選ぼうか…迷う方も多いのではないでしょうか?

昔は日傘といえば、白でレース生地のものが主流でした。しかし、メディアで「黒のほうが紫外線を吸収できる」という情報が報道され、黒の日傘を持つ人が増えました。

でも黒の日傘って暑苦しくて可愛くない…と思う人も中にはいらっしゃいます。

そこで、日傘は黒がいいのか?白がいいのか?「色」が持つ性質から比較してみました。

白の日傘

白は紫外線を反射する効果があります。見た目も涼し気で夏のファッションに合わせやすいのですが、地面からの照り返しを防げないというデメリットが。紫外線は空から降り注ぐだけでなくアスファルトで反射し跳ね返ってくるのです。

黒の日傘

黒は紫外線を吸収する効果があり、空から降り注ぐ紫外線も地面からの照り返しも吸収してくれるので、白の日傘よりもUVカット効果が高いです。しかし、見た目が暑苦しいというデメリットがあります。

このように比較し、色の性質から考えるとUV対策としては「黒の日傘のほうが良い」という結果になります。

しかし、最近の日傘は、白でも黒でもUVカット加工がされていて、UVカット加工の技術も進んでいるので、実際のところは黒でも白でもUVカット効果はほとんど変わりません。

UVカット加工がされている日傘であれば、表面は何色の日傘でもUVカット効果はどれでも同じです。

ただし、UVカット率が高く、内側は黒っぽい生地で作られていて遮光率の高い日傘を選ぶようにしたほうがUVカット効果が高まります

ネット通販で購入する際は販売ページ、お店で購入する場合はタグに書いてあるUVカット率・遮光率を確認してください。

日傘のUVカット率・遮光率とは

UVカット率とは、紫外線カット率。このカット率が高いほど日焼け効果が高い日傘です。

遮光率とは、可視光線カット率。可視光線とは人の目で見える光のこと。日傘に光を遮る日除け機能を求めるなら遮光率の高いものを選びましょう。

 

夏の汗・紫外線対策におススメな日傘

日傘選びで大切なのはUVカット効果率。最近は日傘も進化して紫外線を99%カットできる日傘があります。

汗で日焼け止めが落ちてしまう…でもUV対策は万全にしたい!というのであれば、しっかり紫外線がカットできる日傘を選びましょう。

おススメは銀と黒の組み合わせ

28062a85e1f644c4c31722bbfb1a7231
(出典:amazon)

最近は、表面(外側)は銀色、内側は黒の日傘が多いですね。

外側が銀色の日傘は、空から降り注ぐ紫外線を跳ね返すことができ、内側が黒であれば地面から跳ね返ってくる紫外線を吸収。この色の組み合わせはUVカット対策をしたい人にとって最高の組み合わせの日傘です。

さらに、ひんやり効果がある日傘を選べば、日傘の下はかなり快適です♪

たとえば、「Lieben(リーベン)」には紫外線遮断率99%以上、シルバーコーティングがされていて外側は銀色、内側は黒色になっている日傘があります。そして、遮熱効果もあるので、普通の日傘よりも「ひんやり効果」が得られます。

しかも、単に「銀色」というだけでなく、かわいい柄やレースがついているものもあり、お値段も3000~4000円くらいでリーズナブル。晴雨兼用なので、夕方の突然の雨にも対処できます。

UVカットも万全にしたいけれど、日傘でおしゃれも楽しみたい!という方に、「リーベン」の日傘はとても便利でおススメですよ。

1cb597a81048e80fce4b332e4da80aaa
(出典:amazon)

 

日傘は2年~3年で買い替えを

UVカット効果の高い日傘であっても、長期間使い続けると強い紫外線にさらされ効果が落ちてきてしまいます。

概ね、日傘のUVカット効果は2.3年が寿命だといわれていますが、使う頻度や晴雨兼用であれば雨にさらされる回数などによって寿命は変わってきます。コーティングが剥げてきた、色褪せてきたなと思ったら買い替え時。

まだ使えそうだけれど…と思っても、UVカット効果をきちんと得るために、買い替えをしてくださいね。

 

まとめ

・日傘には、UVカット効果がある
・日除け効果のある遮光率の高い日傘は汗を抑える効果もある
・日傘の色を選ぶなら外が銀色・中が黒がベスト
・UVカット機能の持続年数は2~3年なので買い替えが必要

 
日傘は、夏の必需品。

日傘にはUVカット効果はもちろんのこと、熱中症対策としての効果も期待できます。ですから、日々の紫外線対策として日焼け止めクリームを使うだけでなく、日傘を活用するといいですよ♪

私も日傘を使っているのですが、日傘があるとないとでは体感温度がかなり違います。内側の色が濃い日傘なら、日除け効果も抜群。かなり涼しく感じますよ。

最近は日傘もどんどん進化して、カラフルでおしゃれなデザインのものも多くなってきましたね。UVカット率や遮光率をチェックした上で、自分らしい色・デザイン、夏の暑い時でも外出が楽しくなるような日傘を使ってみてはいかがでしょうか。


\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 汗っかきさんに高評価!通販で人気の多汗症サプリ2選

  • 顔が臭い!ギトギト脂性肌だと臭くなるって本当?【原因と対策方法】

  • 鼻汗を止める為の6つの対策【毛穴の黒ずみ・いちご鼻に悩む人へ】

  • 顔汗には「圧迫」が良い?【芸能人や舞妓さんが汗をかかない秘密】

  • 汗をかくと顔がヒリヒリ痛いのは、スキンケア用品の改善で治る?

  • 【更年期障害】ホットフラッシュで流れる大量の顔汗をとめるには?