1. TOP
  2. 産後のダラダラ汗…これって病気なの?【原因と対策まとめ】

産後のダラダラ汗…これって病気なの?【原因と対策まとめ】

shutterstock_76554586
出産してからすごく汗をかくようになった…という方は多いですよね。

汗をかいてしまうのは母乳をあげているから?
体質が変わったの?
身体のどこかがおかしいのでは?

と、心配になってしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで、こちらでは、産後、汗をかくことが多くなってしまった方に向けて、その原因と対策方法についての情報を紹介します。

 

産後汗が多くなるのは異常なの?

産後、前よりも汗っかきになるという方は少なくありません。出産すると体質が変わるとは言うものの、もしかしたら身体に異常があるのかも?と、心配になってしまう方も多いと思います。

ですが、産後汗が多くなるのは、「産褥期多汗」という症状で、ホルモンのバランスの乱れによって起こるものです。ですから、あまり心配しなくても大丈夫。汗対策をしながら、なるべく快適に過ごすことができるようにしてみましょう。

産後の汗の原因「産褥期多汗」とは?

産後、汗っかきになるのは急激に女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になってしまうからです。

通常、男性ホルモンと女性ホルモンは私たちの身体の中でバランスよく分泌されていますが、妊娠すると女性ホルモンがどんどん増えて、通常の数百倍にもなるといわれています。しかし、出産を終えると一気に女性ホルモンが減少。そして、男性ホルモンが優位になってしまうことがあります。

男性ホルモンが優位になると汗をかきやすくなります。というのも、女性ホルモンは汗を抑える働きをし、男性ホルモンは発汗を促す働きをしているからです。

また、女性ホルモンには、女性の生理に関係している黄体ホルモンと排卵に関係する卵胞ホルモンの2つがあり、黄体ホルモンは体温を高くし発汗する働きが、卵胞ホルモンには汗を抑える働きがあります。

生理前に、身体がほてり、汗をかきやすくなるという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?この生理の時に、汗をかきやすくなるのも、黄体ホルモンの働きが卵胞ホルモンの働きよりも優位になるためです。

このように、出産後は、ホルモンのバランスが乱れることが原因で汗をかきやすくなります。この症状を「産褥期多汗(さんじょくきたかん)」といいますが、これは一時的なものであることが殆どで、授乳を終えてホルモンのバランスが元に戻れば治ってくるので安心してくださいね。

 

産後の汗っかき対策ってどんな方法がある?

産後の汗の量が増えてしまって、何とか汗の量を減らしたい…と思っても、なかなかうまくいきません。

産後、多汗になるのはホルモンバランスの乱れが原因なのですが、ホルモンバランスを整えよう!と思っても、実際にはどう対策したら良いかわかりませんよね。

また、ホルモンバランスは、整うまでには少し時間がかかってしまいます。数か月で落ち着く人もいれば、1年かかってしまう人もいます。個人差があるので、人と比べることもできません。

概ね、卒乳してしばらくする、もしくは生理が再開するころが、ホルモンバランスがもとに戻る時期です。

食生活や睡眠、ストレスなどに気を付けることでホルモンバランスの乱れを整えるという方法もありますが、実際のところ、産後の子育て中に3食きちんと食べる、しっかり寝る、イライラしない…というのは不可能に近いです。

ですから、かいてしまう汗の対策に重点を置いてみてはいかがでしょうか?

汗をかくのは産後だから仕方がない!と、開き直りすぎてしまって、タラタラ、ポタポタと落ちる汗をそのままにしておくのは考えもの。清潔を保つためにも、かいてしまう汗は拭きとりましょう。

濡らしたタオルで汗を拭きとる

タオルハンカチなどで押さえ拭きをするようにして拭くと、肌を傷めずに拭くことができますが、タオルを濡らして汗を拭くようにするとひんやりした気持ちよさも実感できます。暑いときのひんやり感は、心も穏やかになっておススメですよ。

あせも対策をする

産後にあせもに悩まされるママは意外と多いですよね。私も産後のあせもは悲惨で…、「あ、あせもできちゃった。」と言っている間に、あっという間に大きく広がってしまって治るまで大変でした。

あせもができないようにするには、なるべく汗をかいたらすぐに拭き取ること、そして、お風呂は湯船に浸かった方が良いです。そして湯船から出たら、扇風機を回すなどして、早く体から水分を飛ばすことが必要です。

赤ちゃんが泣いているから…と、まだ体が濡れているのに下着をつけて服を着ると、あせもになりやすくなります。肌はしっかり乾かした方が良いです。

ただし、注意点としてあせもができてしまっているとき、肌に痒みがあるときは、シャワーだけにしましょう。湯船につかってしまうと痒みが出てしまいます。痒みがあるときは、ぬるめのシャワーがおすすめです。

こまめに着替える

汗を吸収しやすい下着、衣類(綿素材)を選んで、汗をかいたらこまめに着替えるようにしましょう。

 

産後の頭汗対策について

産後、身体だけでなく、頭からも汗が噴き出るという方も多いですよね。私も産後は汗が多くて悩んだのですが、身体の汗は拭いたり着替えたりで何とか対処できていました。

しかし、頭の汗はうまく拭き取れないし、髪の毛が濡れてしまい、ニオイもこもる…などすごく大変!

ですが、頭の汗について調べてみると、ワキガのように臭いのある汗をかく汗腺は頭にはありません。ワキガの臭いの元になるのは「アポクリン腺」という汗腺です。

このアポクリン腺は頭にはないので、毎日髪の毛をきれいにシャンプーしていれば、汗をかいても混ざる菌が少ないので臭いを発することは少ないです。

とはいっても、頭にはアポクリン腺がないからクサい臭いはしないんだ…と安心することはできません。汗をかいて時間が経てば、頭についている雑菌と汗が混ざって臭います

頭皮も清潔を保つ為に、シャンプーは欠かさない

赤ちゃんのお世話が忙しくて、赤ちゃんを寝かしつけながら一緒に寝てしまって、翌朝、「昨日お風呂に入っていなかったー!」ということがあるかもしれません。ですが、頑張ってシャンプーは毎日したほうが臭い対策ができます。

洗いすぎてしまうと、頭皮が乾燥し、皮脂分泌が多くなります。また、頭皮に傷がついていても雑菌が繁殖しやすくなるので、頭皮に優しい自分に合ったシャンプーで洗ってくださいね。そして、シャンプーやリンスのすすぎ残しがないようにしましょう。

そして、シャンプーの後は髪の毛を乾かしましょう。湿ったままの髪でいると、雑菌が繁殖しやすくなりニオイの原因になります。

 

一番大事なのは「悩み過ぎない」事

産後の汗は悩みすぎると、悩みすぎていることによってさらに汗が多くなってしまうことがあります。ですから、悩み過ぎないようにして、「汗をかくのは産後なのだから仕方がない!」というくらいの気持ちで、乗り切っていくようにするといいでしょう。

しかし、産後の汗をたくさんかいてしまう時期が夏場などにあたると、暑さも重なって尋常でないほどの汗をかいてしまい、これって産褥期多汗なの?ほかに以上があるのでは?などと心配になってしまう人も少なくありません。

また、冬の寒い時期に、周りのみんなが寒いといっているのに一人だけ汗をかいていたりすると、恥ずかしく感じてしまったりすることもありますよね。

このような場合、殆どは産褥期多汗なので心配はいらないのですが、それでもやはり心配だという方は、出産した病院やお子さんの小児科の先生などに相談してみてください。

私は出産のときにお世話になった助産師さんに、「心配ないよ!」と言ってもらってずいぶん気が楽になりました。

制汗剤を使ったり、サプリメントを飲んだり…というのは、授乳に悪影響があるかもしれないので、無理に汗を止めようとしない方が良いです。

 

まとめ

・産後に汗をかきやすくなるのは、殆どが産褥期多汗という一時的な症状。・あせも対策や、濡らしたタオルで汗を拭き取るなど清潔さは心がける

・どうしても心配な人は一度医師に相談してみる。

 

慣れない育児、家族の世話、仕事など…色々大変なことが重なってしまうとストレスも多くなります。このような状況の中で、見た目や臭いが気になる汗をたくさんかいてしまうと「どうしよう…。」と悩んでしまう人が多いと思います。ですが、一時的なことなのであまり悩まずに、上手に乗り切る方法を考え、できることから対策してみてくださいね。

自分の肌の健康のためにも、赤ちゃんの健康のためにも、「清潔」を心がけることが大切です。いつも清潔にしていれば、ニオイも心配ないですし、あせもなどの対策もできます。

もし、あせもなどができてしまったときは、その痒みがストレスになってしまいますから、病院で適切なお薬を処方してもらうなどして対処してください。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 顔が臭い!ギトギト脂性肌だと臭くなるって本当?【原因と対策方法】

  • 【汗をかくと顔がかゆい!】汗が原因でアレルギーになる事もある?

  • 顔汗対策「ahcセンシティブ」使用前の3つの注意点とは?

  • 目の下の汗を防ぐ方法はこの4つ!【汗は皮膚トラブルにも発展?】

  • 汗でメガネがずれる人必見!ずり落ちないグッズ&洗い方を紹介

  • 【更年期障害】ホットフラッシュで流れる大量の顔汗をとめるには?