1. TOP
  2. ブライトエイジは敏感肌でも使っていい?【化粧水の肌荒れ対策】

ブライトエイジは敏感肌でも使っていい?【化粧水の肌荒れ対策】


ブライトエイジは、敏感肌の人でも使えるのでしょうか?

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の人は、化粧品でしみたり湿疹や赤み、痒みが出てしまうなどの肌トラブルが起きてしまうことがあります。
肌荒れを改善したい、シミやシワを消したい…と思って使った化粧品で、このような肌トラブルが起きてしまうのはとても悲しいこと。
なので、敏感肌の人の化粧品選びはとても大変です。

しかし、ブライトエイジは肌に優しい成分で作られている化粧品。
ですから、私は、敏感肌の人にもこのブライトエイジをおすすめしたいです。

そこで、こちらでは、私が敏感肌の人にもブライトエイジをおすすめしたい理由をまとめました。

・もともと敏感肌で使える化粧品が、なかなか見つけられない
・年齢肌をケアしたいけれど、最近肌が敏感になっているから化粧品を変えるのが心配
というような人たちに参考にしていただけたら嬉しいです。

また、敏感肌やアトピー肌でブライトエイジを使っているという方達の口コミもご紹介しますので、併せて参考にしてみてくださいね。

ブライトエイジの配合成分をチェック【敏感肌に良くない成分は入ってる?】

ブライトエイジは、老け顔に見られてしまう年齢肌のトラブル(シミ、小じわ、たるみ、乾燥)を改善したい人のために製薬会社が作った化粧品です。
そして、薬用有効成分としてトラネキサム酸やグリチルリチン酸ステリアルが配合されていて、年齢肌の悩みを根本的に解決できるような成分配合になっています。

全成分は、公式サイトに掲載されています。
その成分一覧を見ても分かるように、合成香料や合成着色料、エタノールは使用していません。
また、アレルギーテスト済み。
なので、安心して使う事ができます。

敏感肌の人でも使える理由

無添加・アレルギーテスト済みというだけでなく、ブライトエイジが敏感肌の人でも使える…という理由は他にもあります。

●美白成分はトラネキサム酸
敏感肌の人の肌は、乾燥しています。
そして、乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下し、外からの刺激に弱い状態。
アトピーがひどくなってしまうのも、肌が乾燥した状態にあるからです。

刺激を受けた肌は、炎症を起こしやすくなり、赤みや痒み、湿疹などを起こしやすくなり、症状が進むと炎症してしまいます。
ですから、刺激が強い成分が配合されている化粧品を使う事はできません。

化粧品に配合されている美白成分は色々あり、中には肌に刺激が強いものもあります。
しかし、ブライトエイジに配合されている美白成分は「トラネキサム酸」。
安全性が高い成分なので、医療現場でも使用されています。

そして、トラネキサム酸はメラニンが生成されるのを抑える働きと、炎症を抑える働きがある薬用成分で、肝斑や肌荒れ予防にも用いられています。
なので、美白ケアもしたいけれど、肌荒れも改善・予防したいという方に、効果的に使えるのです。

●復活の木エキス配合
復活の木エキスは、アフリカのナミブ砂漠高い保水力がある成分。
肌に潤いを与え、敏感に傾いてしまう肌の乾燥を防ぐ効果が期待できます。

ブライトエイジを使っている人達の口コミ【敏感肌の人の口コミをピックアップしました】

敏感肌の人は、「敏感肌用」という化粧品を使う人も多いと思います。
しかし、ブライトエイジは敏感肌の人用に作られてた化粧品ではありません。
乾燥肌、脂性肌、混合肌など、どんな肌質の人にもおススメなエイジング化粧品です。

そして、公式サイトでも「潤い満足度97.2%」と紹介されているように、ブライトエイジの保湿力に満足しているという人はとても多く、乾燥が原因になる敏感肌の愛用者も多くいます。

こちらでは、数多く寄せられている口コミから、敏感肌でもブライトエイジを使っているという人のコメントをピックアップしてご紹介します。

●48歳/Wさん
強い敏感肌の私ですが、ブライトエイジのトライアルキットを試してみたところすべて痒みなどが出ることなく使用することができました。
しかも、使っていると肌の調子がどんどん良くなってきました。
しばらく使い続けて、エイジングケアをしっかりしてみたいと思います。

●42歳/Sさん
ブライトエイジは、肌に負担がかかりそうなクレンジングも乳液状でスルスル伸びるので、ゴシゴシ擦らずにメイクを落とせます。
これならアトピーで敏感肌の私でも安心して使えます。
洗顔も化粧水も美容液も、シミたりすることがありません。
アルコールが入っていないので、アルコール成分でピリピリ感を感じてしまう人にもおススメです。

●38歳/Yさん
最近、肌が乾燥しやすくなって化粧水がシミたりするようになってしまいました。
そこで、肌に刺激がない化粧品を探していた時、ブライトエイジを見つけたのですが、使ってみるとすごくいいです。
これを使うようになってから肌荒れしにくくなりました。
肌も、前よりしっとりしています。

●40代/Kさん
昔から敏感肌で化粧品を選ぶのが大変でした。
ブライトエイジは、肌に優しく使えて馴染みも良く、美白もできるので嬉しいです。
使い続けていたら、少しずつくすみが消えて肌の透明感がアップしました。

肌に合わない人もいます

ブライトエイジは乾燥肌・脂性肌・混合肌・普通肌・敏感肌…などの肌質に関係なく、愛用者が多いエイジング化粧品です。
しかし、誰もが快適に問題なく使える化粧品なのか?というと、そうではありません。

どのような化粧品でもそうですが、ブライトエイジが肌に合わないという人もいます。
それは、敏感肌の人だけではありません。
普通肌の人でもブライトエイジが合わないという人もいます。

そして、肌に合わない化粧品を使っていると、肌に負担をかけるので肌荒れしやすくなります。
弱った肌は、水分を溜め込むことができなくなり乾燥肌に傾くので、結果、敏感肌に。

なので、もし肌に合わないと感じたら使用を中止してください。

敏感肌を改善・予防するにはとにかく保湿!

先ほども紹介しましたが、敏感肌は肌が乾燥していてバリア機能が低下した状態。
バリア機能が低下していると、紫外線や摩擦、化粧品など外からの刺激に対して弱くなり、痒みやかぶれ、ひりひり感やカサつき、赤みや肌荒れなどの症状が出ます。

ですから、敏感肌の人はもちろん、敏感肌にならないようにするためにも、まずは肌を保湿することがスキンケアの基本。

ブライトエイジには、肌に刺激の少ない保湿成分がバランスよく配合されていて、その成分がしっかり肌に浸透します。
高い保湿力が期待できますよ。

脂性肌の人でも敏感肌になる可能性が…

肌の乾燥が敏感肌の原因といわれると、脂性肌なら敏感肌にはならないのでは?と思うかもしれません。
しかし、どんな肌質の人でも敏感肌になる可能性があります。

脂性肌の人の場合、皮脂分泌量が多くなる原因の1つが「肌の奥の乾燥」。
なので、脂性肌の人もしっかり肌を保湿することが必要です。

あとがき

敏感肌の人は、肌に合う化粧品を見つけるのが大変。

特に、30代、40代…と年齢を重ねると、シミ・小じわ・くすみ・たるみなど加齢に伴う肌トラブルも色々出てくるので、そのトラブルに応じた化粧品を使いたいと思います。
ですが、その化粧品によって肌荒れなどを起こしてしまうことは避けたいですよね。
肌荒れを起こしてしまうと、色素沈着になり大きなシミを作ってしまうことにもなりかねません。

なので、化粧品選びは、よりいっそう慎重になってしまいます。

でも、慎重になりすぎてしまうと、なかなか化粧品を見つけることができず、年齢肌のケアが遅れることに…。

ブライトエイジは、敏感肌の人でも使える肌に優しい成分のエイジング化粧品。
敏感肌の人でも愛用している人は多く、使うことによって肌の調子が良くなっていると口コミしている人も多いです。

まずは、トライアルキットで肌に合うかどうかだけでもお試ししてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • ドットゼロとシミウスを徹底比較!【シミに効くのはどっち?】

  • ドットゼロの販売店情報を調べました!楽天やamazonでは…?

  • ビーグレンのシミへの効果は?話題のホワイトケアを試してみた!

  • ブライトエイジはシミに効く?薬効成分「トラネキサム酸」の秘密とは

  • ローヤルゼリーもっちりジェルの解約方法を大公開!【気軽にお試しする為に】

  • 肌の水分量17時間キープ!?ビーグレンQuSomeローションがスゴイ!