1. TOP
  2. ハイドロキノンは効果抜群の美白成分!でも副作用に要注意

ハイドロキノンは効果抜群の美白成分!でも副作用に要注意

shutterstock_452559985

ハイドロキノンは、有名な美白成分。
レーザー治療をしなくても、シミが消える!自宅でシミが治せる!と話題になっている成分です。

でも、レーザーでしか消せなかったシミを消すことができると聞くと、それはかなり強い成分では?と使用を躊躇してしまう方もいるかもしれません。

実際に、ハイドロキノンで副作用が出た!という話を聞いたことがあって使用を諦めているという人もいるのではないでしょうか?

しかし、ハイドロキノンは正しく使えばシミを防いだり、できてしまっているシミを消すことができる効果抜群の美白成分です。

そこで、今回は副作用について、また、ハイドロキノンを安全に使うための詳しい情報をご紹介します。

そもそもハイドロキノンって何?

shutterstock_538639519

ハイドロキノンは、いちごや麦芽、コーヒー、紅茶などに含まれている天然成分。
なので、毎日微量ながら摂取している成分です。

そして、ハイドロキノンは、欧米ではかなり古くからシミの治療薬として用いられてきました。

しかし、日本では2001年の薬事法緩和により化粧品への使用が許可されましたが、それまではその強い作用による副作用の心配があることや保管などの管理が難しいため、医療機関のドクターしかハイドロキノンを用いる事ができませんでした。

それだけ扱いにくい成分だという事が分かります。

どんな副作用があるの?

shutterstock_323276993

ハイドロキノンには、どのような副作用が出る可能性があるのか?ということを具体的に紹介します。

赤みや炎症

肌の赤みや炎症は、ハイドロキノンが肌質に合わない、酸化を起こし劣化した製品を使った場合などに起きる事があります。

ハイドロキノンは、安定性が悪く酸化しやすい特徴があり、酸化した際にできるベンゾキノンという成分が肌に刺激を与えます。
そのため、肌が赤くなって炎症したり、熱感を感じる事があります。

乾燥肌・痒み

ハイドロキノンを塗ると、肌のバリア機能が低下し保湿力が低下するので、乾燥肌になりやすくなり痒みも出ます。

シミが悪化する

ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする作用があります。
なので、紫外線対策を行わずにハイドロキノンを使うと、シミが消えるどころかかえって濃くなってしまいます。

白斑になる可能性がある

濃度が高いハイドロキノンを長期間使用し続けると、いつも塗っている分部が必要以上に白くなってしまう可能性があります。

濃度5%以下のハイドロキノンでは、白斑という副作用が起きた例はないとのことですが、海外で購入したり輸入したものなどを使う時は濃度が高いものが多いので注意が必要です。

発がん性がある

ハイドロキノンには、発がん性があります。

日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品医薬品局(FDA)がラットで実験を行い、ハイドロキノンには遺伝子細胞を破壊する作用があり、発がんの危険性があると報告しています。

ただし、この実験はラットにハイドロキノンを飲ませて行ったものでヒトの皮膚に塗って行った実験ではありません。

現時点では、一般的に販売されているハイドロキノン入りの化粧水や美容液、クリームなどで白斑などの肌が変異するような副作用の報告はないとのことです。

そして、日本では「低濃度の使用であれば発がん性のリスクは限りなくゼロに近い」ということで低濃度(2%まで)配合の商品の販売を許可しています。
(参考:http://www.shimitokyo.com/faq/18.htmlより)

ハイドロキノンを副作用なく使う方法

shutterstock_117880651
ここまでご紹介したように、ハイドロキノンには副作用があります。

しかし、正しい使い方をすることによって、副作用のリスクも低くなります。

日焼け止めを万全に行う

ハイドロキノンは、紫外線から体を守っているメラニンに作用します。
つまり、メラニンが作られにくくなっている肌は、紫外線の影響を直撃することになります。

そうなると、当然、日焼けを起こしやすくなりますし、紫外線をダイレクトに浴び続ければ皮膚がんの危険性も出てきます。
なので、ハイドロキノンを使っている時は特に、日焼け止めクリームを使ったり、帽子や日傘を使うなどの紫外線対策は必須です。

パッチテストを行う

いきなり顔のシミに使ってみるのではなく、肌の柔らかい部分(腕の内側など)でパッチテストを行い、安全性を確認してから使ってください。

特に目の周りなど皮膚が薄い部分に使う時は肌の様子を確認しながら使うなど、慎重に使ってください。

保湿をしっかりする

「どんな副作用がある?」のところでも触れましたが、ハイドロキノンを使うと肌が乾燥してしまう事が多いです。

ですから、保湿ケアは念入りに行う事が必要です。

使用期間が切れた物は使わない

cp7x1ubsj3k9zxk1482496777_1482496901
(出典:http://371112.com/)

この写真のように、ハイドロキノンは変質します。

なので、ハイドロキノンは冷暗所で保管し封を開けたら1ヶ月程度で使い切るようにしてください。
また、使用期間が切れているものは新品のものであっても使わないようにしましょう。

ハイドロキノン配合化粧品の選び方

化粧品に限ったことではなく、どのようなものでも「副作用の心配がある」と聞くとその製品は敬遠されてしまいがちです。

ですが、ハイドロキノンはシミに効く特効薬ともいわれ、副作用があったとしても「シミ」という年齢を感じさせる肌の対策にぜひ使ってみたい!と思う人がとても多いです。

なぜならそれは、本当に「シミ」を消すことができるから!

ハイドロキノンの働き

qusome2

シミの原因は「メラニン色素」。

ハイドロキノンには、このメラニン色素の産生を抑える作用があり、同時にメラニン色素を作る細胞である「メラノサイト」の活動を弱めることもできます。

その効果は、日本における代表的な美白成分であるビタミンCやアルブチン、こうじ酸の10倍~100倍!

さらに、これからできるシミを予防するだけでなく、すでにできてしまっているシミを消す働きもあります。

でも、やっぱりハイドロキノンは危険なの?

シミは老け顔に見られてしまう原因になります。
なので、どうしてもシミを消したいという気持ちはすごくある!…でも副作用があるのはやっぱり不安…という方も多いと思います。

ですが、「ハイドロキノンは安心です!」と断言している化粧品メーカーがあります。

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%b31

その化粧品メーカーとは「ビーグレン」です。

ビーグレンのハイドロキノンは安心!しかも効果も抜群

b-1

1. 配合濃度は1.9%

市販されている化粧品の中には、2%を超えるものもあります。
中には5%を超えるものもあるとか…。
確かに、ハイドロキノンは高濃度のほうがシミを消す効果が高いです。
しかし、その反面、副作用のリスクも高くなります。

2. 最新のサイエンス技術で効く!

先ほど紹介したように、ハイドロキノンは熱や光に弱い物質なので浸透せず肌表面に留まっているだけだと、それ自体が肌の刺激になる可能性があります。
しかし、独自のサイエンス技術「Qソーム」という浸透技術によって、確実に肌の奥に成分が届きます。

しかも、ビーグレンのハイドロキノンは超極小カプセルに包み込んでいるので、肌に刺激なく安定した状態で肌の奥に届けられるのです。
ビーグレンのハイドロキノンは先ほど紹介したように1.9%の配合量ですが、少ない配合量でもしっかり肌の奥で作用するので効果抜群なのです。

3. トライアルセットから試せる

もし肌に合わなかったら…?
ちょっとでも刺激を感じたらやっぱり怖くて使い続けられない…。

という人でも安心です。
ビーグレンなら、格安なトライアルセットで試してみることができます。
しかも返金保証もついていますよ♪

実際に、私も使ってみましたが刺激もありませんし、いい効果が出ています!

⇒私がビーグレンを一ヶ月試したレビューはこちら

まとめ

shutterstock_214901722

いかがでしたか?

ハイドロキノンは、シミができる根本的な部分に働きかける成分なので、シミを消す効果がとても高いことが分かりました。

ですが、使い方を間違えてしまうとシミを消すはずが逆にシミが濃くなってしまったり、肌に炎症が起きるなどの副作用を起こす危険性があります。

まず、ハイドロキノン配合の化粧品は、公式サイトや口コミを確認し「安全、安心に使えると納得できるメーカーのもの」を選びましょう。

次に、どんなに良い!と言われているものであっても全ての人に合うわけではないかもしれないので、使い方を守り、副作用が起きていないか、自分の肌をこまめにチェックしながら使うようにしましょう。
もし、肌に異常があった場合は、すぐに使用を中止し皮膚科医に診てもらうなど対処してくださいね。

安全安心に使えるハイドロキノンはコレ!

先ほどもご紹介しましたが、ビーグレンのハイドロキノンはトライアルセットから始めることができますよ。

私もビーグレンでシミ対策をしています。
まずは、私のビーグレン体験談をご覧になってみてください♪


\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 最強の美容クリーム!と噂のヒルドイドでシミは消えない?本当の効果とは…

  • シミに効く2つの漢方薬はコレ!【肝斑や色素沈着にも効果あり?】

  • ハイドロキノンは「ほくろ・そばかす」を消す事ができる?

  • 【美白効果があるアロマ5選】アロマオイルでシミは本当に消えるの?

  • オリーブオイル洗顔が凄い!「毛穴の黒ずみケア」にも効果あり?

  • 妊娠中や授乳中にハイドロキノンは使っていいの?母乳への影響は?