1. TOP
  2. シミに効く2つの漢方薬はコレ!【肝斑や色素沈着にも効果あり?】

シミに効く2つの漢方薬はコレ!【肝斑や色素沈着にも効果あり?】

shutterstock_519980296

シミを防ぐためには、紫外線対策をしたり美白化粧品を使うなどの方法が一般的ですが、実は「漢方」も効果的なのをご存知ですか?

漢方は、身体に起きている症状を緩和してくれる役割を持ち、シミや色素沈着の改善効果が期待できます。

また、副作用の心配が少なくて身体に優しく、緩やかに作用するという特徴があることが知られています。

そこで今回は、漢方薬を使ってシミを改善したい方へ、シミに効く漢方成分と市販で購入できる漢方薬についてご紹介します。

シミに効く漢方成分の種類と効能・効果

shutterstock_442884181

シミに効く漢方には、どのようなものがあるのか、そしてどのような効能・効果があるのか調べてみました。
※漢方の市販薬については後程ご紹介します。

当帰

当帰(とうき)は、古くから生薬やハーブとして利用されてきた植物。
女性ホルモンの生成を安定化させたり血流を改善する効果があり、生理不順など女性特有の疾患に対する効果が期待できます。

ヨクイニン

ヨクイニンとは、イネ科のハトムギの種皮を剥がしたもの。
皮膚の老化改善、保水力のUP、ニキビ予防、むくみ改善など美容効果がある成分として話題の漢方。
肌老化の一種であるシミの改善にも効果があります。

桂皮

桂皮とは、シナモンのこと。
シナモンといえば世界最古のスパイスの1つですね。
桂皮の効果・効能には、血管拡張作用があります。

芍薬

芍薬(しゃくやく)は、古くから婦人病に効果がある生薬として知られています。
牡丹の花によく似た花を咲かせる植物なので、芍薬の花は美しい女性の例えにも使われてきました。
漢方になるのは根の部分。
血流を改善する効果や肩こりを和らげる効果、冷え性の改善、ホルモンのバランスを整え生理不順を改善する作用もあります。

桃仁

桃仁(とうにん)は、桃の種を乾燥させたもの。
血行促進作用、ホルモンのバランスを整える作用があり、更年期障害や月経困難などの改善に効果があります。

茯苓

茯苓(ぶくりょう)は、サルノコシカケ科ノマツホド菌の菌核を乾燥し、外皮を取り除いたもの。
生理不順や生理痛、更年期障害、女性ホルモンの変動による精神神経症状に効果があります。

牡丹皮

牡丹皮(ぼたんぴ)は、牡丹の根皮を乾燥したもの。
婦人科疾患、生理不順、月経困難など停滞する血行障害に効果があります。

その他

上記でご紹介した以外にも、「イチョウ葉エキス」、「ナツメ」、「カンゾウ」「柴胡」、「薄荷」、「六味丸」などの漢方成分もシミに効果的と言われています。
それは、血液の流れを良くしたり、内分泌機能を高める作用があるからです。

漢方がシミに効くのはなぜ?

shutterstock_552701299

シミができる原因は、主に紫外線。

紫外線を浴びることによって肌の奥にあるメラノサイトが活性化し、メラニンが作られます。
このメラニンが紫外線を吸収し、その奥にある肌は守られます。

そして、役目を終えたメラニンは肌のターンオーバー(生まれ変わり)と共に肌表面に押し上げられ、汚れと一緒に排出されます。

しかし、加齢やホルモンバランス・生活習慣の乱れなどによって肌のターンオーバーがうまくいかなかったり、紫外線を浴びすぎた事によってメラニンが多量に発生してしまうと、メラニンの排出が追い付かなくなり色素沈着が起こります。

この色素沈着が起きている状態が「シミ」。

なので、シミができないようにするためには、まず紫外線を浴びすぎないこと、そして肌のターンオーバーを正常な状態に保つことが重要です。

紫外線対策としては日焼け止めクリームや日傘などでカバーできますが、ターンオーバーの乱れの改善については、身体の内側からのサポートも必要。

そこで漢方薬の出番!

漢方によって血行を良くし、ホルモンのバランスを整えることによってシミやくすみなど、肌のターンオーバーの乱れによって起きる肌トラブルが改善されます。

漢方は肝斑にも効く!

こちらで紹介した漢方成分は、血行改善作用があるので内臓の働きが良くなったり冷えが改善されるなど、健康そのものにも効果があります。

また、生理不順や月経困難、更年期障害などシミに悩む年齢の方にありがちな女性ならではの不調を改善する作用もあります。

血行が良くなれば代謝が上がり、肌の代謝も良くなるのでターンオーバーも活性。
結果、シミやくすみの対策に効果が期待できます。

特に、ホルモンバランスに働きかける漢方は、肝斑の対策にも効果的。

肝斑は、女性ホルモンが大きく影響していると言われているシミの一種。
そして、肝斑はレーザーなどでは取りにくいとされているシミの種類なので、漢方に効果を期待する人もたくさんいます。

シミに効く漢方薬を2選

shutterstock_137710253

シミに効く漢方薬はいくつかありますが、こちらでは先ほどご紹介した【シミに効く漢方成分】がたくさん使われている漢方薬を2点ご紹介します。

ドラッグストア・薬局などの店舗や、楽天市場などの通販サイトなどで購入できる市販の漢方薬なので、もし持病があったり他のお薬を飲んでいる方は、服用前に医師や薬剤師に相談してください。
また、万が一服用後体調が悪くなったりした時も、医療機関に受診してくださいね。

※楽天市場での価格を紹介します。参考にしてください。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

x449770h_l
●加味逍遥散の成分
柴胡・芍薬・蒼朮・白朮・当帰・茯苓・山梔子・牡丹皮・甘草・生姜・薄荷
●価格
4893円(税込5284円)
64包入り/成人1か月分(1日あたり約165円)
●飲み方
1日2回、1包を食前に水またはお湯で服用

桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けししぶくりょうがんかよくいにん)

桂枝茯苓丸加ヨク苡仁
●桂枝茯苓丸加ヨク苡仁の成分
ヨクイニン・桂皮・芍薬・桃仁・茯苓・牡丹皮
●価格
1241円(税込1340円)
48錠入り/成人6日分(1日あたり約2235円)
●飲み方
1日2回、4錠を食前または食間に水またはお湯で服用

人によって効果がある漢方薬は違う

shutterstock_145864238

漢方は、体質を改善することを目的としています。
でも、体質は人それぞれ異なります。

例えば、栄養不足だったり、血行不良だったり…というのがシミの原因の人もいますし、様々な原因が絡み合ってシミができやすい人もいるかもしれません。

つまり、効果がある漢方薬、その人が必要とする漢方薬は人それぞれ。

なので、専門家に相談し自分に合った漢方薬を見つけることが必要です。

また、1ヶ月を目安に服用してみて、効果がないと感じたり、自分には合わないと感じるときは、他のものを試してみる事も必要です。

即効性はない!

shutterstock_127783865

漢方は即効性はありません。

西洋医学の場合は、まず今の症状をなるべく短期間で効果的に治療をすることが目的です。
しかし、漢方医学の場合は、病気そのものの原因を自然の力によって改善していこうという考え方です。

なので、短期間飲んだだけでは効果は期待できません。

また、一生懸命漢方を飲んで血流を良くし、肌の代謝を高めてシミを消そうとしていても、血行が悪くなる生活習慣(喫煙・ストレスをためる・運動不足など)だと、せっかく漢方を飲んでもその効果は台無しです。

生活習慣も改めつつ、漢方を飲んでシミへの効果を期待しましょう。

あとがき

shutterstock_434848639

いかがでしたか?

血行が良くなったり、女性ホルモンのバランスが良くなる効果がある漢方を飲むと、シミや肝斑の改善・予防に役立つことが分かりました。

しかし、漢方には即効性がなく長く続けることが大切。
長く続けるには、根気だけでなく費用もかかります。

とは言っても、漢方薬は副作用の心配が少なく、身体そのものの健康づくりにも効果があります。

ですから、漢方でシミ対策をしよう!という時は、自分の体質に合った漢方薬を見つけ「気長に」続けてみてくださいね。
そして、少しでも早く効果が実感できるように、生活習慣も見直してみてください。

私のシミにはビーグレンのホワイトケアが効きました

シミに効く化粧品を探しているけれど、なかなか見つからない…と困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なので、「漢方薬に頼ってみようかな。」という方も多いと思うのですが、私のシミにはビーグレンのホワイトケアが効きました。

私もシミに効くという化粧品を色々試してみたのですが、なかなかコレ!というものが見つからず…。

でも、唯一ビーグレンで効果が実感できました。

シミに効く化粧品を探している方は、是非、私のシミ対策体験談も読んでみてくださいね♪


\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方!【失敗談も紹介】

  • もっちりジェルはアトピー肌でも使える?【副作用が気になる方へ】

  • 「もっちりジェル」の成分を大調査!ローヤルゼリーとお肌の関連性とは

  • シミに効く「3種類」のハイチオールCを紹介!実際の効果と口コミはどうなの?

  • 【必見!】シミが上手に隠せるコンシーラーの選び方と使い方

  • 【これが医薬品の力】シミケアにはホワイピュア!口コミでの評判は?