1. TOP
  2. マルガレッタは妊娠中も使える?話題のシミコスメの口コミ情報

マルガレッタは妊娠中も使える?話題のシミコスメの口コミ情報

マルガレッタは、妊娠さんや産後ママの悩みの1つである「シミ」の対策ができる美白コスメです。

・妊娠したらシミができた
・出産後、シミが濃くなった気がする
・肌の乾燥がひどい
このような悩みのある妊婦さんや産後ママはいませんか?

もし、妊娠や産後のシミや、乾燥肌に悩んでいるなら「マルガレッタ」を試してみてはいかがでしょうか。

マルガレッタは、産後にはもちろん、妊娠中でも使える優しいコスメ。
それにオールインワンなので、つわりがひどくて体が辛い妊婦さんや、産後は赤ちゃんの世話で忙しくスキンケアに時間をかけるのは難しいという人にもおススメですよ。

こちらでは、成分や効果、使ってみた方達の口コミ、販売情報など「マルガレッタ」についての詳しい情報をご紹介します。

マルガレッタにはどんな成分が配合されている?

マルガレッタは、美白オールインワンゲルと美白ナイトクリームの2本がセットになっています。
そして、厚生省の認可を受けた医薬部外品の指定を受けている成分を配合。
医薬部外品とは、人体に対する作用が穏やかで効果・効能が認められた成分を配合したもののことなので、マルガレッタは一般的な化粧品とは違い、確かな効果が期待できます。

マルガレッタの全成分

マルガレッタには、具体的にどのような成分が配合されているのか、そしてどんな効果が期待できるのかについてご紹介します。

まず、マルガレッタオールインワンゲルクリーム、マルガレッタナイトクリームの全成分をご紹介します。

●マルガレッタ オールインワン(ゲルクリーム)
有効成分:ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB?F、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製水、1,3?ブチレングリコール、濃グリセリン、マルチトール液、トリメチルグリシン、植物性スクワラン、マカデミアナッツ油、メマツヨイグサ抽出液、カンゾウフラボノイド、オウゴンエキス、アルピニアカマツダイ種子エキス、タイソウエキス、水溶性コラーゲン(F)、水素添加大豆リン脂質、N?ラウロイル?L?グルタミン酸ジ(フィトステリル・2?オクチルドデシル)、1,2?ヘキサンジオール・1,2?オクタンジオール混合物、1,2?ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール、天然ビタミンE、水酸化カリウム、香料(香料は、100%天然香料を使用)

●マルガレッタ ナイトクリーム
有効成分:トラネキサム酸
その他の成分:精製水、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、1,3?ブチレングリコール、ジグリセリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、マカデミアナッツ油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、シュガースクワラン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、メドウフォーム油、ホホバ油、パルミチン酸イソプロピル、2?エチルヘキサン酸セチル、ミリスチン酸オクチルドデシル、モノステアリン酸ソルビタン、1,2?ペンタンジオール、N?ラウロイル?L?グルタミン酸ジ(フィトステリル・2?オクチルドデシル)、ステアリン酸、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、キサンタンガム、グリセリンモノ2?エチルヘキシルエーテル、カルボキシビニルポリマー、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、メチルポリシロキサン、フェノキシエタノール、d?δ?トコフェロール、天然ビタミンE、水酸化カリウム

次に、この全成分の中からシミに効く成分と保湿効果のある成分についてご紹介します。

●シミに効く成分

・プラセンタ
プラセンタとは胎盤のこと。
メラニンが作られるのを抑える働きがあります。
さらには、作られてしまったメラニンが肌から排出するのを助ける働き、肌のターンオーバーを促進する働きもあります。
また、肌に弾力やハリを与え潤いを保ちます。

・トラネキサム酸
シミになっている部分の肌はダメージを受けています。
トラネキサム酸は、もともと止血をするために開発された成分で、ダメージを受けた肌を改善し、メラニンが作られるのを抑える働きがあります。
また、シミを事前に予防したり、ニキビ跡など頑固なシミの改善にも役立ちます。

●保湿成分

以下のような保湿成分が配合されています。
どの成分も肌に潤いを与え、バリア機能を高める作用があります。

・水溶性コラーゲン
肌の水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿効果を高めます。

・植物性スクワラン
体内に酸素を運ぶ作用があるので、この作用によって新陳代謝が盛んになり肌のターンオーバーが促進されます。
保湿力も高く、乾燥による肌トラブルの予防にも役立ちます。

・ホホバ油
皮脂のように肌表面を膜で覆い、乾燥を防ぎます。

・マカダミアナッツオイル
肌の修復を助けたり、皮脂や角質層の働きを正常に保つことによって肌のハリや弾力を保ちます。

・メドウフォーム油
保湿効果や紫外線防止効果がある成分です。
保水膜を肌表面に形成し、水分の蒸発を防ぎます。

・NラウロイルLグルタミン酸ジ
セラミドと同じような働きを持つ成分で、保湿効果があり、肌のバリア構造を修復する作用があります。

妊娠中や産後でも使える成分です【ローズマリー配合でも安心】

妊娠中や産後に使うコスメで心配なのは、自分の肌への影響もそうですが、赤ちゃんへの影響ですよね。
もし、自分が使ったコスメで赤ちゃんに何らかの影響があったとしたら、それはとても辛いことです。

そこで、私なりにもう一度成分を確認してみたのですが、気になる成分が1つありました。

それはローズマリーです。

ローズマリーは、妊娠中に使ってはいけないハーブという情報があります。
マルガレッタは、ローズマリーが主成分の化粧品ではないですし、お茶などとして飲むのとは違いますから、安心して使えるとは思うのですが…。

それでもやっぱり毎日朝晩2回使うものだし、少量だったとしても使い続けることで何らかの影響が出たら…と心配になりました。

なので、「ローズマリーは妊娠中に使ってはいけないハーブと聞いたことがあるけれどマルガレッタは妊娠中に使用してもOKですか?」という問い合わせを販売元にしてみました。

お問合せをしてみたところ、以下のようなお返事を頂けました。
そのまま、ご紹介します。

マルガレッタオールインワンゲルは、スキンケアとして使用量をお守りいただければ、妊娠中でもご使用いただくことが可能でございます。

マルガレッタで使用している精油は、オレンジ、ローズ、ゼラニウム、ローズマリー、イランイラン、ラベンダーの6種類ですが、妊娠中でも使用可能とされているオレンジを主体にブレンドしております。
妊娠中でも安心してご使用いただくために、アロマ(精油)は微量配合とさせていただいております。
お顔に使っていただくと、ふわっと香る程度です。

アロマの香りは、妊娠中のストレスを和らげたり、リラックスすることで、母子ともに良い影響を与えると言われています。
スキンケアの時間に、心地よい香りを楽しんでいただければ幸いでございます。

ただし、妊娠中のお身体は、ホルモンバランスに変化が起きやすく非常にデリケートな状態です。
気持ちが悪くなる等、万が一体調に変化が見られた場合は、すぐにご使用を中止され、専門医にご相談ください。
使用前でもご不安な場合は、専門医にご相談されてからご使用いただくことをおすすめしております。

また、マルガレッタには、肌に刺激が強いエタノールや合成着色料、合成香料、紫外線吸収剤、シリコン、パラベン、鉱物油、界面活性剤を使用していません。

さらには、肌のターンオーバーを整える働きのあるダイソウエキス、カンゾウフラボノイド、オウゴンエキス、アルピニアカマツダイ種子エキス、メマツヨイグサ抽出液というハーブを配合しています。

このように、薬用成分と天然の成分で作られているマルガレッタはは、妊婦さんや産後の敏感肌の人でも安心して使う事ができますし、高い効果も期待できます。

このようにとても親切なお返事を頂くことができました。

まとめてみると、

・用量を守って使えば、妊娠中でも使用可能
・アロマ(精油・ローズマリー)は微量配合しているけれど、その香りは妊娠中のストレスをやわらげるので良い効果がある
・ただし、妊娠中はデリケートな状態なので、万が一体調が悪くなるようなことがあれば、すぐに使用を中止し、専門医に相談してください

という内容でした。

こんなに丁寧にお返事を頂いたので、信頼感もアップ。
この会社のコスメは安心して使える!と私は確信しました♪

マルガレッタの効果的な使い方

マルガレッタは、化粧水・美容液・乳液・化粧下地の4つの役割を果たしてくれるオールインワンゲルです。
なので、妊娠中、体が辛いときも簡単にスキンケアができますし、産後、育児で忙しいママにもおススメ。

使い方は、洗顔後、肌になじませるだけ。
とても簡単に使えるので、便利ですよ。

妊娠中は身体を動かすのは面倒、どこにも出かけないから、産後は忙しいから…などの理由で、スキンケアを怠っていると老け顔になってしまいます。

このマルガレッタの簡単ケアで、しっかり保湿、そしてシミ対策をしてみてはいかがでしょうか。

マルガレッタの使い方

Step1: 洗顔する。
Step2: マルガレッタ美白オールインワンゲルを500円玉ほど取り顔全体に馴染ませる。
Step3: 乾燥が気になる部分があれば重ねる。

朝晩の2回、このような使い方でマルガレッタを使ってください。
清潔な肌に使ったほうが、成分の浸透が良くなるので必ず洗顔してからマルガレッタを使いましょう。

●夜は…
夜は、美白ナイトクリームを指に取り、シミが気になる部分に少量重ねてください。

より安全に使うために注意したいこと

どのような化粧品でもそうですが、使用前には必ず全成分を確認しましょう。
そして、もしご自身にアレルギーがある成分が使われている場合は使用を控えてくださいね。

また、使用中、何か変わったことがあったら使用を中止してかかりつけの医師に相談しましょう。

使おうかやめておこうか、判断に迷う場合はかかり付けの医師に相談したほうが安心ですね。
マルガレッタの公式サイトからも、商品についてのお問合せができます。

妊娠中や産後は、いつも以上に体がデリケートになっています。
不安なことは、しっかり解決してから使ったほうが安心です。

妊娠中や産後にシミができたり濃くなったりするのはなぜ?

妊娠中や産後、シミができたり、目立たなかったシミが濃くなったりするのはよくあることです。
それは、妊娠や出産をすると、女性ホルモンのバランスが乱れるからです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。

妊娠中の女性ホルモンの働き

まず、女性ホルモンの働きについてご紹介します。

●エストロゲン
エストロゲンは、妊娠のために卵を作ったり子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を助ける働きをします。
そして、コラーゲンやヒアルロン酸を生成し、肌のハリや弾力を保つ働きをします。

●プロゲステロン
プロゲステロンは、子宮のない膜の状態を妊娠しやすいように整え、妊娠したら妊娠状態を健やかに保つために働くホルモンです。
しかし、メラニンを生成するメラノサイトを刺激する働きがあるため、分泌量が増えるとシミの原因になります。

妊娠すると肌が綺麗になるって言われるけど…

上記でご紹介したように、女性ホルモンには2つのホルモンがあるのですが、「妊娠すると肌が綺麗になる」ということを聞いたことがある人は多いと思います。

それに、「妊娠中の女性は最も美しい」とも言われますよね。

妊娠すると、女性にしか出せないオーラに満ちたり、子を守ろうとする母性が生まれ顔つきも母らしい優しい顔になります。
また、体型も優しく丸いフォルムになるので、妊婦さんは美しい!と言われることが多いのです。

でも、残念ながら100%の妊婦さんが、「肌」が綺麗になるというわけではありません。

妊娠中するとエストロゲンとプロゲステロンの両方の分泌量が増えますが、その際、エストロゲンが優位だと肌が綺麗になりますが、プロゲステロンが優位だと妊娠したことによって肌が荒れてしまいます。
そして、先ほどご紹介したようにプロゲステロンはメラノサイトを刺激する作用があるので、シミが増えたり濃くなったりするのです。

産後は肌がボロボロに?

産後、肌がボロボロ…と、悩んでしまう人も多いですよね。
シミだけでなく、肌が乾燥してザラザラしている、化粧水をつけるとヒリヒリするなど、今までの肌の調子よりもかなり悪くなったと感じる人もいると思います。

その原因は、十分なスキンケアができていない、睡眠不足などが挙げられます。
赤ちゃんの世話が忙しく、きちんと睡眠がとれない、また、朝起きて洗顔もしていないという人もいると思います。

でも、産後、肌の調子が悪くなるのはスキンケアや睡眠不足だけが原因ではありません。
ホルモンバランスの乱れも、大きな原因の1つです。

産後は、エストロゲンとプロゲステロンがどちらも急激に低下します。
妊娠中は、エストロゲンが優位でキレイな肌をキープできていたという人も、産後は肌の調子が悪くなります。
具体的には、肌の潤いに作用するコラーゲンやヒアルロン酸の生成量が減り、肌は乾燥傾向へ。
乾燥した肌は、バリア機能が衰えるので紫外線などの外部刺激に弱くなりますし、ターンオーバーもスムーズに行なわれなくなります。

産後にシミが増えるのはなぜ?

産後にシミが増えるのは、肌の乾燥によって紫外線などの刺激を受けやすくなるからです。

紫外線など外部刺激を受けた肌は、メラニンをつくります。
そして作られたメラニンは、肌の表面に押し上げられていきます。

健康な肌であれば、表面に押し上げられたシミは、古い角質などと一緒に肌のターンオーバーと共に剥がれ落ちますが、先ほどご紹介したように、乾燥がひどい肌はそのターンオーバーもスムーズにいきません。

結果、メラニン色素は剥がれ落ちることなく肌表面にとどまり、シミになってしまうのです。

なので、シミが増えたり濃くなったりしないようにするためには、メラニンが作られないようにすること、そして肌のバリア機能やターンオーバーが正常な状態に維持できるように、コスメを使ってしっかり保湿をすることが必要です。

その際、おすすめしたいのがマルガレッタです。
マルガレッタは、成分のところでご紹介したように、妊娠中や産後の肌がデリケートな時でも使えるので、妊娠が分かった時点で産後のシミの予防として使い始めても良いですよ。

もちろん、妊娠していない人でも使う事ができます。

妊娠や産後で増えたシミって消えるの?

妊娠や産後に増えたシミは消える…という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

だったら安心…シミで悩んでいるのは良くないし、産後しばらくしたら消えるんだったら放っておこう!なんて思う人も少なくないと思います。

確かに、妊娠や産後にできたシミの中には、消えるものもあります。
でも消えないものもあるので要注意!

消えるシミとは?

消えるシミはホルモンバランスの乱れが原因で出来たシミです。
妊娠中は、プロゲステロンというメラニンを作るホルモン分泌が増える事を、先ほどご紹介しました。
その影響で出来たシミは、産後、ホルモンバランスを安定させることができ、肌のターンオーバーを高めていくことで消える可能性があります。

因みに、ホルモンバランスが原因になっているシミは、こめかみ、目の下、鼻の下、口の周り、額などにできることが多く、それでいて左右対称にできることが多いです。
そして、輪郭がぼやっとしていて色は茶色。

このようなシミが妊娠中や産後にできていると気づいたら、早めにマルガレッタを使って対策をしたほうが良いですね。

●いつ頃消える?

妊娠や出産のホルモンバランスの乱れによってできたシミは、いつ頃消えるのか?というのは、人それぞれです。

ホルモンバランスが妊娠前の平常値に戻って、肌のターンオーバーが活発になれば徐々に薄くなっていきます。
1カ月で消えた!という人もいれば、月経が再開する頃(3ヶ月~1年後)に消えたという人も。
人それぞれなので、焦らないようにしてくださいね。

早く消したいのであれば、ホルモンバランスを早く元に戻し、妊娠前と同じような肌の調子に戻すことが必要。
そして、穏やかに過ごしたり、運動や睡眠、食生活、ストレス対策、紫外線対策などをきちんとすることが大切ですが、産後は育児や家事に追われます。

そんな時は、マルガレッタを使ってみてはいかがでしょうか。
マルガレッタで、ホルモンバランスを元に戻すことはできませんが、肌質を改善したりメラニンの生成を抑え、ターンオーバーを促す事ができるのでシミ対策に役立ちます。

消えないシミという可能性もある

妊娠・出産の際にできたシミも、ホルモンバランスの乱れや肌のターンオーバーが悪いままの状態が長期間続けば、消えることなく残ります。

また、20代後半から30代にかけての女性は、もともとシミができやすい年齢。
なので、妊娠中や産後にできたシミが、妊娠・出産のホルモンバランスによってできたシミではなく、通常の紫外線によるシミ、肌のターンオーバーが衰えたことによるシミという可能性もあります。

だからこそ、マルガレッタを使ったほうがいいです。

消えるかもしれないけれど、消えないかもしれない…と悩んでいるより、肌に優しく使えるマルガレッタを使って毎日ケアしたほうが、気持ちも安定し肌にも良い効果が期待できますよ。

マルガレッタを使ってみた人の口コミ

それでは、ここでマルガレッタを使ってみた人の口コミをご紹介します。

●30歳/Sさん
子供を産んでからシミが増えてしまいました。
このシミを何とかしたいと思って、色々調べていたらマルガレッタを見つけました。
使ってみたら、殆ど分からないくらいまで薄くなりました。
年齢的にもシミができる年なので、これからもマルガレッタを使い続けていこうと思います。

●28歳/Tさん
まだ20代ですし、紫外線をそれほど浴びるようなことはしていないのに、妊娠をきっかけにシミができてしまいました。
すごくショックだったのですが、マルガレッタを使い始めたら1カ月くらいでほとんどのシミが消えてホッとしています。

●33歳/Rさん
マルガレッタは、肌に馴染む感じで使いやすいです。
授乳中にも簡単にケアできるし、保湿力も抜群。
くすみがちな肌がトーンアップしましたし、シミも薄くなっている気がします。
しばらく使い続けてみようと思います。

●35歳/Pさん
化粧水や乳液、美容液を一つずつつけていくのはすごく時間がかかります。
でも、マルガレッタならオールインワンなので、朝忙しいときにも簡単。
ほんの少しのことかもしれませんが、スキンケアにかける時間が短縮できるというだけで、なんだか余裕ができる気がします。
香りも良くてリラックスできますよ。

●37歳/Uさん
産後、シミやくすみで肌が暗く見えてしまっていました。
でも、マルガレッタを使うようになったら肌のトーンがアップ。
ママ友達からも、「肌が綺麗で羨ましい」と言われたり、「スキンケアは何を使っているの?」と聞かれたりするのですごく嬉しいです。

●33歳/Wさん
妊娠中から使っています。
肌にスッと馴染んで肌の調子もずっと良いです。
産後も使い続けていますが、子供が3ヶ月になって外に出る機会が増えてきたので、早めにケアしておいてよかったです。
ママ友達からも「産後なのに肌が綺麗で羨ましい!」って言われます。

マルガレッタを売ってる販売店はどこ?


(出典:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23053159/)

マルガレッタは、ドラッグストアや薬局など実店舗では市販されていません。

また、現時点では、大手通販サイトの楽天市場、amazon、ヤフーショッピングなどでも取扱いはなく、購入できるのは公式サイトのみとなっています。

マルガレッタの公式サイトでは、新発売キャンペーンをやっています。
このキャンペーンを利用すれば、マルガレッタの美白オールインワンジェルと美白ナイトクリームが、格安価格でお取り寄せできますよ。

公式サイトでの販売情報

●通常価格: 7980円(税抜/送料無料)

●定期購入: 1980円(税抜/送料・手数料無料/30日間全額返金保証)
2回目以降は3980円(税抜/送料無料)

このように、今なら新発売キャンペーンで通常価格7980円のところ1980円でお試ししてみることができます。
しかも送料・手数料無料ですし、30日間全額返金保証が付いているので「もしかしたら肌に合わないかも?」という人も安心してお試しできます。

継続回数の縛りはなく、解約・休止の申し込みは次回お届け予定日の6日前までに連絡すればOK。

なので、マルガレッタを試してみたいな…という時は、定期購入で注文したほうが良いですね。

あとがき

妊娠や出産によって、ホルモンバランスが乱れるので肌質が変わり、シミができてしまうこともあります。

しかし、妊娠中は体が辛くて十分なスキンケアができなかったり、出産後も赤ちゃんの世話で忙しくてヘトヘト…スキンケアに時間をかけられないという人も多いと思います。

でも、だからと言って何もケアをしないでいると、産後、自分の時間が取れるようになって鏡をじっくり見てみると、「シミが増えてる、濃くなってる…」と焦ってしまう人も少なくありません。

そんなことにならないように、目立つようなシミはないという人でも、妊娠が分かったらマルガレッタを使い始めてはいかがでしょうか。
もちろん、産後、シミが増えた、濃くなってしまったという人にもマルガレッタはおススメです。

これ1つで保湿ケアもできますし、肌のターンオーバーを促し今できているシミを薄くすることも、そしてメラニンの生成を抑えこれからできるシミを予防することもできますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • あなたの肌は大丈夫?「肌のくすみ」のチェック基準はコレ!

  • 妊娠中や授乳中にハイドロキノンは使っていいの?母乳への影響は?

  • ビーグレンを使って湿疹が出た!?【副作用への対策法を紹介】

  • ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方!【失敗談も紹介】

  • プレミアムベルエタンセルの口コミは嘘?販売店の情報も一緒に紹介

  • 【これが医薬品の力】シミケアにはホワイピュア!口コミでの評判は?