1. TOP
  2. 【ショック!20代で顔にシミが!】原因と今すぐできる対策を紹介

【ショック!20代で顔にシミが!】原因と今すぐできる対策を紹介

shutterstock_175829054

「20代なのに、まだ若いのにシミができてしまった!」
と、鏡を見てショックを受けてしまう人もいるのではないでしょうか?

でも、若い時のシミは、早めに正しいケアをすることで改善できますよ♪
そして、シミの原因を知り、きちんと対策をすれば、新たなシミを作るリスクをグンと下げることができます。

今回は、20代でできるシミの原因や種類、予防方法や改善方法についてご紹介します。

20代のシミの原因と症状

20代のシミの原因はズバリ…「紫外線」

shutterstock_131325953

まず、20代の人がシミになる原因をまとめます。

紫外線

シミの原因としてよく知られている紫外線。

20代だと、少々日焼けをしても肌の調子はすぐに戻るし、日焼けなんか気にしないで思いっきり遊びたい!なんて思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

私も10代~20代後半の頃は、真夏も外で部活をしたり一日中海で遊んだりしました。
でも、日焼けをして肌が黒くなっても、冬になれば色白の肌に戻りました!
なので、紫外線はあまり気にせず過ごしてきました。

でも、その時浴びた紫外線が今になってなかなか消えないシミになり、私を悩ませています。

日焼けしないように対策するのは面倒だし、紫外線を気にしていると思いっ切り遊べない…と思う気持ちはよく分かりますが、若い時に紫外線対策をしていた人としていなかった人とでは、将来の肌の美しさが大きく変わってくると思います。

将来、シミで悩まなくてもいいように、きちんと紫外線対策をしてくださいね。

紫外線を浴びるとなぜシミになるの?

私達ヒトの肌は紫外線を浴びると、自らの皮膚を守ろうとメラニン色素を作り出します。
そのメラニンが、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の低下によって剥がれ落ちず、肌の表面に残ってしまうのでシミになるのです。

シミって何歳からできるの?

あるサイトの「シミは何歳から目立ってきましたか?」という質問の答えを見てみると、20代でもシミに悩んでいる…という人もたくさんいることが分かります。
一部ピックアップしてご紹介します。

・目元のシミは20歳頃から。自分では気づかなくて母に指摘されショックだった。
・シミは20歳頃から目立ち始めた。高い美容液を使ったけど薄くならなかった。今も必死にコンシーラーでシミ隠しをしている。
・目元のシミは20くらいから黒々と。母もそうなので、遺伝かと思っている。
・29歳で急にシミに気が付いた。ある日、自分の顔をしっかり見てみたら目の下にたくさんのシミ。悲しかった。
(引用:http://girlschannel.net/topics/400157/)

このように、シミはいつ、何歳になったら発生するのか…は分かりません。
早い人だと20代前半ですが個人差があります。

若くてもターンオーバーが悪くなっている人は、もう既にシミができているかもしれませんし、今できていなくても近いうちに出てくるかも?
30代になっても、ターンオーバーが正常な人は、シミができるのはもう少し後かもしれません。

また、若い頃、紫外線をあまり浴びなかった人の場合、シミの原因は紫外線だけではないので一概にいう事はできませんが、紫外線をたくさん浴びた人と比べれば、シミに悩み始める年齢は歳を重ねてからになるでしょう。

紫外線が原因のシミができないようにするには?

一昔前に比べると最近は「シミで悩み始める年齢」が低くなっているそうです。
それは、紫外線を浴びる量が昔の人に比べて、現代人のほうが多いから。

オゾン層が薄くなってきた近年は、私たちが暮らす地上に紫外線が届きやすくなっているのですね。

シミができないようにするために大事なのは、自分の肌に必要以上のメラニンを作らせない事。

日焼け止めクリームや日傘、肌を露出しすぎない服装、帽子などで紫外線対策を万全にして、将来のシミに備える必要があります。

また、シミに効く栄養素ビタミンCを積極的に取ったり、メラニンが肌の表面に残らないように肌のターンオーバーを正常な状態にしましょう。

20代のシミの原因は紫外線だけじゃない!【ターンオーバーの悪化

shimi_ira(出典:http://hills-beauty-fujisawa-shimi.com/particular/naze_cause.html)

ここまでにご紹介したように、シミの原因は紫外線で、紫外線を浴びることによってメラニンが作られ、そのメラニンが肌の表面に残ってしまう為にシミができます。

なぜ、メラニンが肌の表面に残ってしまうのか…。
それは、ターンオーバーが正常に機能していないからです。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝・肌の生まれ変わりのことです。

古くなった肌細胞やメラニンは、新しく作られた肌細胞に押し上げられるようにして肌表面に上がり、最後は垢となって自然に剥がれ落ちます。

ターンオーバーの周期は、若くて健康な肌の人は28日。
年齢を重ねるとその周期は長くなり、30~40代になると45~55日ほどかかるといわれています。

でも、ターンオーバーの周期は早ければいいというものでもありません。
洗顔やピーリングで皮膚を擦り過ぎてしまい未熟な細胞が早く表面に出れば、外部からの刺激を受けやすくなります。

ターンオーバーは正常な状態を保つことが大事。
そのためには、生活習慣を見直す必要があります。

ターンオーバーが乱れる理由

・ストレス
・睡眠不足
・運動不足
・食生活の乱れ
・無理なダイエット
・タバコ
・飲酒
・血行不良
・ホルモンバランスの乱れ
・洗顔やピーリングのやりすぎ

このように、ターンオーバーが乱れる理由は色々あります。

ターンオーバーの悪化が原因のシミができないようにするには?

例えば、ストレスや睡眠不足などが原因でホルモンバランスが乱れたり、食生活が乱れていたりするとニキビや吹き出物が多くできます。
ニキビや吹き物はターンオーバーが正常なら比較的早くその跡も治りますが、ターンオーバーがうまくいっていないと色素沈着(シミ)として肌に残ってしまいます。

また、ストレスや運動不足、食生活の乱れ、たばこ、お酒の飲みすぎなどは血行不良の原因に。
血行が悪くなると、肌細胞の隅々にまで栄養を回す事ができなくなるのでターンオーバーが悪くなります。

さらには精神的疲労などでストレスがたまったり睡眠不足になると女性ホルモンのバランスが悪くなり、「肝斑」になりやすくなります。

シミになりにくいターンオーバーが正常な状態の肌を保つためには、身体そのものの健康を意識した生活を送ることが大切ですし、肌に刺激を与えない自分の肌に合ったスキンケアをすることが必要です。

20代できるシミの特徴とその種類について

column16-01(出典:http://www.shimi-navi.info/bihaku/column16.html)

シミといっても色々な種類があります。
20代でできるシミの種類をまとめました。

炎症性色素沈着

特徴:
過去のニキビが治った跡が消えずシミになったもの。

できやすい部位:
ニキビができやすい頬、おでこ、顎、胸、背中など。

シミの色:
ニキビ跡によって様々。褐色や黒褐色など。

*ニキビだけでなく、傷やアトピー性皮膚炎が治った跡もシミになる事があります。
特に、肌荒れを繰り返し慢性化した後はシミになりやすいです。

老人性色素斑

特徴:
輪郭がはっきりした類円系のシミ。
今までに浴びた紫外線による影響が、時間の経過に伴って現れたもの。

できやすい部位:
顔、手、腕など普段から日光に当たりやすい場所。

シミの色:
濃い褐色、薄い茶色など様々。
※老人性…とはいっても、紫外線を多く浴びていると20代からもできてしまいます。

雀卵斑(そばかす)

特徴:
米粒くらいの大きさで数多くできる。

できやすい部位:
顔、手の甲、鎖骨周辺など普段から日光に当たりやすい場所。

シミの色:
薄い褐色

※そばかすは遺伝性と後天性があり、遺伝性の場合は思春期の頃がピークでそれを過ぎると自然に消える事が殆どです。
しかし、日焼けなどの外的刺激によって濃くなり、思春期を過ぎても消えない事もあります。

肝斑

特徴:
女性ホルモンの影響を受けやすい。

できやすい部位:
頬骨やおでこ、口の周りなど左右対称にできる。

シミの色:
薄い褐色

※女性ホルモンの影響を受けやすいシミのため、30~40代など女性ホルモンのバランスが乱れやすい年齢の人に多く見られます。
20代でも、妊娠や出産・授乳、或いはピルを飲むことによって女性ホルモンが乱れるので肝斑になることがあります。

20代のシミの具体的な改善方法

shutterstock_146796698

シミを改善するための基本は、先ほどご紹介したシミの原因である「紫外線」と「肌のターンオーバーの乱れ」に気をつけること。
つまり、「日焼け対策」と「生活習慣の見直し」。

そして、できてしまったシミは濃くなる前に、なるべく早く消す事が必要です。

まだ20代!若いからと安心してはダメ

shutterstock_226385866

20代の頃は少々無理をして肌に負担をかけてしまっても回復が早いので、短期間で色白でツヤがあり、キメの細かい肌に戻ります。
もちろん、よほどニキビや肌荒れを悪化させたり、ひどい火傷などをしなければ…ですが。

なので、私もそうだったのですが将来のシミのことなどはあまり考えず、つい油断して肌に負担をかけてしまいがちです。

肌に負担をかける若い人にありがちな行動

・朝、出かけるときはしっかり日焼け止めを塗ったとしても、日中塗り直すのが面倒になってしまってうっかり日焼け!

・ピーリングをした後の肌はつるつるになるからと週に何度もピーリングをしたり、SNSで話題になっている流行の化粧品を手当たり次第に使ってみる。

・仕事や遊びで夜遅くなってしまって化粧をしたまま寝てしまう。

このような行動をしてしまう事があるという人は、少なくないと思います。

でも若い時は、少々肌に負担をかけて肌トラブルが起きたとしも、比較的早く改善できるので油断してしまいがち。
しかし、その若い時の油断が将来のシミにつながってしまうのです。

また、若い頃は美白化粧品を使うなどして早めに対策をすれば消す事ができます。
でも、年齢を重ねると体も肌も衰えてくるので、シミもなかなか消えません。

なので、若いからと安心していると後になって頑固なシミに悩むことになってしまうので、肌に負担をかけない生活習慣、化粧品選びをするようにしてくださいね。

美白化粧品を使う

スクリーンショット 2017-01-15 13.57.32

できてしまったシミは日焼け対策や生活習慣の見直しだけではなかなか薄くなりません。

なので、なるべく早く消すための対策したほうが良いです。
若い時のシミで、できたばかりのシミなら、適切なケアをすれば消えるからです。

そして、シミにはやはり美白化粧品がおススメ。

美白効果がある成分は色々ありますが、即効的に効果が期待できる美白成分として今話題になっているのが「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンには、今できているシミを消す効果もあり、新たにシミになろうとしているメラニンに働きかける作用もあります。

でも、ハイドロキノンは、効果がある代わりに肌に負担がかかりやすい刺激の強い成分として知られているので、使用するのを躊躇ってしまう人も多いかもしれません。

ですが、妊娠中でも使える!敏感肌の人でも良い効果があった!と口コミでも評判のハイドロキノンがあります。

それは、ビーグレンのホワイトケアという薬学博士が開発に携わったコスメです。

ビーグレンホワイトケアはトライアルセットから始められます

syouhin002

ビーグレンのハイドロキノンは低濃度で刺激が弱く、それでいて独自の浸透力で肌の奥まで浸透するので、肌に負担なく使う事ができるのです。

今なら、格安な価格でお試しできますよ。
できてしまったシミの早期改善に、ビーグレンのホワイトケアを役立ててみてはいかがでしょうか。

あとがき

shutterstock_558756334

いかがでしたか?

今回は、20代の人たちに向けて、シミの改善方法や予防法についてご紹介しました。

20代でシミができてしまうと、「まだ若いのに…」とショックを受けてしまう人も多いと思います。
でも、できてしまったシミは早く適切なケアをすれば治りますから、諦めずに自分の肌に合う美白化粧品を使ってシミケアを始めましょう。

そして、新たなシミを作ってしまわないように、また、30代~40代になって多量のシミで悩まなくても済むように…、シミ対策として紫外線対策・生活習慣の見直しを十分に行ってくださいね。

20代のシミにもビーグレンがおススメ!

私も、ビーグレンホワイトケアでシミケアをしています。

そして、その効き目は私自身もびっくりするほどでしたし、これほど効果が実感できたのは、今まで使ってきたシミ用化粧品の中でもビーグレンだけです。
20代の方なら私よりも肌の代謝が良いので、もっと短期間でシミを消すことができるかも?

私のビーグレン体験レポをご紹介しています。
20代でシミに悩んでいる方も是非、参考にしてみてください。

 

顔のシミが気になる人は絶対必見!私のシミを消したコスメ
↓↓↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 薬局で処方箋なしで買えるハイドロキノン化粧品3選!

  • 肌の水分量17時間キープ!?ビーグレンQuSomeローションがスゴイ!

  • 【恐怖】シミ予備軍って知ってる?まだ平気と思っている人は要注意!

  • シミに効く「3種類」のハイチオールCを紹介!実際の効果と口コミはどうなの?

  • 飲み薬でシミを消す!人気のシミ対策サプリ・医薬品5選!

  • 頬の毛穴が目立つ人必見!みかん肌、黒ずみ…それぞれの対策を紹介