1. TOP
  2. 飲み薬でシミを消す!人気のシミ対策サプリ・医薬品5選!

飲み薬でシミを消す!人気のシミ対策サプリ・医薬品5選!

shutterstock_225717337

できてしまっているシミ対しては、美白化粧品を使うなどの外側からのケアのだけでなく、毎日摂る食べ物からの栄養素で体の内側から対策・予防することも大切です。

でも、毎日食べ物からシミに効果がある栄養素を十分な量摂るのは大変…。

そんな時におススメなのは「サプリメント」。
サプリメントなら、必要な栄養素を十分な量摂ることができますし、カロリーも気にしなくてOK!

今回は、「シミ対策サプリメントの選び方」、そして多くの人が飲んでいる「人気のシミ消しサプリメント」をご紹介します。

シミ消しサプリで補給したい栄養素って何?

shutterstock_177641918

シミに効果がある成分というと、思い浮かぶのが「ビタミンC!」という方が多いかもしれません。

でも、シミに効くと言われているサプリメントには、ビタミンC以外の成分も配合されています。

こちらでは後程ご紹介する【シミを消す人気のサプリ】に配合されている成分をピックアップし、その成分には具体的にどのような効能があるのかをご紹介します。

シミに効く成分

shutterstock_413318638

Lシステイン

シミの薬には必ずといっていいほど配合されています。
Lシステインはアミノ酸の一種。
皮膚の代謝を活発にし、メラニン色素の生成を抑える・爪や髪・皮膚の健康を維持する・活性酸素から体を守るなどの作用があります。

ビタミンC(アスコルビン酸)

シミ対策用のサプリメントや医薬品には、「ビタミンC」ではなく「アスコルビン酸」と記載されています。
このアスコルビン酸には、抗酸化作用・コラーゲンの生成をサポート・メラニン色素の生成を抑えるなどの作用があります。

ニコチン酸アミド

皮膚や粘膜を正常に保つ・血行促進作用があります。

リボフラビタン(ビタミンB2)

細胞の再生・皮膚の代謝促進などの作用があります。

パントテ酸カルシウム

ニキビやアトピーなどの皮膚疾患の改善作用がある成分です。

サプリ選びで欠かせないのはLシステインとアスコルビン酸(ビタミンC)

haitiallc_genri(出典:http://www.belajarseowp.com/hichall/)

その他にもシミに良いといわれている成分はたくさんありますが、この2つ(Lシステインとアスコルビン酸(ビタミンC)は「メラニン色素の生成を抑える」作用がある成分。
シミ対策には欠かせない成分です。

ですから、シミを消すためのサプリメントや医薬品を選ぶなら、この二つの成分が配合されているものを選んでくださいね。

シミを消すお薬やサプリって副作用の心配はないの?

shutterstock_554228644

次にご紹介するシミを消すためのお薬は、「第3類医薬品」として分類されていて、確かな効き目が期待でき、それでいて比較的副作用の心配が少ないという厚生労働省お墨付きの製品から、人気が高いものをピックアップしてご紹介します。

薬といっても医師の処方箋がなくても購入できますし、サプリメントよりもシミに対する効果が高い医薬品ならではの効果が期待できます。

また、サプリメントも1つご紹介しますが、サプリは栄養補助食品ですから、基本的に副作用の心配はありません。

ただし、副作用の心配が少ないとはいっても体質には個人差があり、どのようなものでも「合う、合わない」ということがあります。

用量・用法を守って服用することはもちろんのこと、飲んでみて体調が悪くなるようなことがあれば中止し、症状が重い場合は内科や皮膚科で診察を受けるようにしてください。

因みにシミを消す医薬品の成分によって考えられる副作用は、「吐き気・下痢」などの胃腸障害。

初めて飲む場合は、体調の良い時に少ない量から始めてみると、より安心です。

シミを消す人気のお薬・サプリ5選

shutterstock_139772137

それではここで、シミを消すお薬【第3類医薬品】として人気が高い商品を4つ、そしてプチプラで人気のシミ消しサプリとして人気が高い商品を1つご紹介します。

ロスミンローヤル

1-221276_xl

第3類医薬品のロスミンローヤル。
こちらは成分配合を確認してみると、Lシステイン(1日/160㎎)、アスコルビン酸はもちろん、ビタミンB類、ビタミンEなど綺麗な肌を作る成分がしっかり配合されていますし、ローヤルゼリーやニンジン、シャクヤクなどの生薬も配合。
シミや小じわなどを改善するための成分が計22種類も配合されています。

メーカー:
アインファーマシーズ

ブランド名:
ロスミンローヤル

容量:
270錠(1日9錠/1回3錠を3回)

価格:
8208円(税込)

販売店:
公式サイト

キミエホワイト

2 kimi

こちらも第3類医薬品のキミエホワイト。
配合成分はLシステイン(1日/160㎎)・アスコルビン酸・そしてニコチン酸アミド・リボフラビタン(ビタミンB2)が配合されています。
ドラッグストアなどでも気軽に購入できるというメリットもあります。

メーカー:
富山常備薬グループ

ブランド名:
富山常備薬グループ

容量:
180錠(1日6錠/1回2錠を3回)

価格:
2980円(税込)

販売店:
公式サイト、楽天、ドラッグストアなど

DHCエルシスホワイト

3 dhc
DHCエルシスホワイト(第3類医薬品)。
配合されているLシステイン(1日/240㎎)、アスコルビン酸、パントテ酸カルシウムが配合されています。
DHCといえば、数多くのサプリメントや健康食品を販売しているメーカー。
人気と実力のあるメーカーの製品であること、またリーズナブルな価格という事も人気の秘密です。

メーカー:
DHC

ブランド名:
DHC

容量:
180錠(1日6錠/1回2錠を3回)

価格:
1902円(税込)

販売店:
DHC公式サイト

*販売ページ http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=40023

ハイチオールCプラス

5-haiti
ハイチオールCプラスも第3類医薬品。
配合成分はLシステイン(1日/240㎎)、アスコルビン酸、パントテ酸カルシウム。
昔からあるシミのためのお薬としてロングセラー、古くから大人気です。

メーカー:
エスエス

ブランド名:
エスエス

容量:
180錠(1日6錠/1回2錠を3回)

価格:
21382円(税込)

販売店:
楽天市場、amazon、ドラッグストアなど

*公式サイト http://www.ssp.co.jp/hythiol/

シスチンホワイト

4-sisu
シスチンホワイトは医薬品ではなく、L-シスチン含有加工食品(サプリメント)。
また、Lシステインではなく、Lシスチン(1日2カプセル~3カプセル/160㎎~240㎎)が配合されています。
Lシスチンは、Lシステインが2分子結合したアミノ酸なのでLシステインと同じような作用を持っている成分です。
ビタミンCも配合されていますよ。
プチプラなのが魅力。

メーカー:
オーガランド

ブランド名:
オーガランド

容量:
60カプセル(1日に2~3カプセルを目安)

価格:
756円(税込)

販売店:
楽天市場、ヤフーショッピングなど

*販売ページ http://ogaland.com/item/cw

あとがき

shutterstock_483101983

いかがでしたか?

今回はシミに効く医薬品・サプリを5つご紹介しました。

医薬品というと副作用が心配ですが、副作用の心配が少ないという第3類医薬品なので、内側からシミのケアを始めたいという方にオススメです。
ただし、容量・用法はきちんと守って1日の摂取量が容量を超えないように飲んでくださいね。

そして、シミに効く薬・サプリといっても色々な製品がありますが、肌の代謝(ターンオーバー)を高め、メラニンの生成を抑える効果があるLシステインとアスコルビン酸(ビタミンC)が配合されているものを選ぶことが大切です。

また、
・シミの原因になる紫外線をなるべく浴びないようにする
・肌のターンオーバーが高まるように睡眠をしっかりとる
・食事はバランスよく食べる
など、お薬やサプリだけにシミケアを頼るのではなく、日常生活にも気を付けて過ごしてみてくださいね。

化粧品でシミを消すならコレ!

食事やお薬、サプリでの内側からのケアと併せて、化粧品でもシミケアをしたい!という方には、ビーグレンがおススメ。

私は、ビーグレンホワイトケアでシミのケアをしましたが、1ヶ月で驚くような効果が実感できましたよ♪
私のビーグレン体験レポートも、是非読んでみてくださいね。


\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 妊娠中や授乳中にハイドロキノンは使っていいの?母乳への影響は?

  • ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方!【失敗談も紹介】

  • ビーグレンを使って湿疹が出た!?【副作用への対策法を紹介】

  • 【経過写真あり】シミデトックスの効果は?料金相場なども紹介!

  • 【必見!】シミが上手に隠せるコンシーラーの選び方と使い方

  • シミに効く「3種類」のハイチオールCを紹介!実際の効果と口コミはどうなの?