1. TOP
  2. ビタミンCがシミに効く理由!【朝摂ると日焼けしやすくなるのは本当?】

ビタミンCがシミに効く理由!【朝摂ると日焼けしやすくなるのは本当?】

shutterstock_439565641

シミに効く成分といえば「ビタミンC」を真っ先に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

ビタミンCは、肌にいい、シミに効く、色白になれる…などの美容効果がある栄養素として知られています。

でも、本当にビタミンCは肌に良いのでしょうか?
また、たくさん摂ったほうが良いというのも本当なのでしょうか?

結論からいうと、ビタミンCは肌に良い栄養素でシミにも効果があります。
また、健康にも良い効果があるのでたくさん食べたほうが良いんですよ♪

今回は、ビタミンCがシミに良いと言われる理由などについてご紹介します。

ビタミンCはメディアでも話題

top01(出典:http://www.house-wf.co.jp/news/detail.php?id=1002000140)

ビタミンCは美容や健康に良いのでたくさん摂ったほうが良い…ということは、よく知られています。

テレビや雑誌などあらゆるメディアで「ビタミンC」の効果について紹介される機会も多いですよね。

例えばビタミンCは、「キレイ」や「元気」のために飲んだほうが良いよ~というようなイメージを持たせるようなテレビCMもあります。

b1
b2(出典:Youtube)

また、ビタミンCは成分が壊れやすく不安定なため人工的に改良し、安定化させた「ビタミンC誘導体」を配合した化粧品などは、数多くの美容雑誌などで取り上げられていますし、ビタミンCに関する書籍なども色々出版されています。

b3(出典:http://ビーグレン口コミ・.net/bgkk/918.html)

b4

ビタミンCには嬉しい効果がいっぱい!

b5(出典:http://b-steady.com/the-stain-on-my-face-629)

このようにビタミンCは、たくさんの人に美容や健康に効果があると知られている栄養素。
具体的には、「美白」、「しわ・たるみ」、「乾燥肌」などの美容効果、「疲労回復」、「免疫力UP」、「がん予防」などの健康効果があります。

ただ、今回は【ビタミンCとシミの関係】についてのご紹介ですので、「美容効果」に絞って記事を勧めていきたいと思います。

ビタミンCがシミに効くのはななぜ?

shutterstock_445267702

ビタミンCがシミに効くのはなぜなのでしょうか?

ビタミンCがシミに効く理由4つ

shutterstock_558624181

ビタミンCがシミに効く理由は4つあります。

メラニンの生成を抑える

シミの原因になるのはメラニン。
ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果があります。

抗酸化作用

肌の細胞の働きを悪くしたり、代謝を下げる活性酸素がシミの原因に。
ビタミンCには、活性酸素の発生を抑え肌の代謝を高める効果があります。

メラニン色素を普通の色素に戻す

シミは濃い茶色をしています。
その色はメラニン色素ですが、ビタミンCはメラニン色素を普通の色素に戻す還元効果があります。

ストレスに強くなる

肌は紫外線や肉体的・精神的疲労などのストレスを受けると乾燥したり、代謝が悪くなり、結果シミができます。
ビタミンCには、ストレスに抵抗する副腎皮質ホルモンの合成を促す作用があるため、ストレスに強い肌に。
なのでビタミンCを摂ると、シミができにくい肌になれるのです。

シミに効くビタミンはビタミンCだけなの?

b7
(出典:https://nurseful.jp/career/nursefulshikkanbetsu/endocrinology/section_1_05_01/)

ビタミンは13種類(脂に溶ける脂溶性ビタミン4種類と水に溶ける水溶性ビタミン9種類)あります。

このうちシミに効くのは、「ビタミンC」、「ビタミンA」、「ビタミンB群」、「ビタミンE」。

ビタミンCと同じように「ビタミンA」や「ビタミンE」にも、シミの原因となるメラニンを増やす活性酸素の発生を抑え肌の代謝を高める作用があります。

では「ビタミンB群」は、なぜシミに効果があるのか…。
それはビタミンB群は、それぞれの成分が助け合いながら皮膚を健康に保つ効果を発揮してくれる成分だからです。

因みにビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類。

シミの改善には代謝を高めて肌のターンオーバーを促すことが必要ですが、このビタミンB群にはエネルギーを作り出し代謝を助ける働きがあります。

なぜビタミンCだけが注目されるの?

shutterstock_417403903

ここまでにご紹介したように、シミに効果があるのはビタミン13種類のうちの11種類、つまり殆どです。

でも、なぜビタミンCだけが注目されるのでしょうか?
そして、「ビタミンCはたくさん摂ったほうが良いよ!」と言われることが多いのでしょうか?

それには理由がありました。

ビタミンCの性質は不安定

ビタミンCには、熱や酸、アルカリなどの物質に弱く成分が壊れやすい不安定な性質があります。

そして、少し食べるだけでは、熱処理で成分が壊れてしまったり、生で食べる際に水洗いすることによって成分も一緒に洗い流されてしまうので十分な量を栄養素として摂ることができません。
そのため、ビタミンCを含む化粧品には、不安定なビタミンCを安定性のあるビタミンC誘導体に加工して配合しています。

ビタミンCはストレスで消える

紫外線や喫煙、睡眠不足、精神的・肉体的疲労などのストレスによってビタミンCはどんどん消費されてしまいます。

身体のあちこちで使われている

私達の身体は、食べること=栄養素を摂ることによって作られています。
ビタミンCも他の栄養素と同じように肌だけでなく、身体そのものの健康を維持するために体中のあちこちで使われています。
ですから、少し摂っただけでは足りないのです。

他のビタミンはたくさん摂らなくてもいいの?

他のビタミンに比べると特に不安定だったり消化されやすく肌に届きにくいのがビタミンC。
だからこそ、たくさん摂りましょう!と言われているのですね。

とは言っても、ご紹介したように他のビタミンもシミに効果的。
ですから、ビタミンCばかりを意識するのではなく他のビタミンもバランス良く摂るようにしてくださいね。

ビタミンを多く含む食材と食事から効率的にとるコツ

vitaminb(出典:http://leg-diet.com/post_375)

ビタミンを多く含む食材には、どのようなものがあるのでしょうか。

また、それらの食材からビタミンを効率的に取るにはどのように食べたらいいのでしょうか。

ビタミンを多く含む食材

シミに効くビタミンを多く含む食材には、以下のようなものがあります。

ビタミンC

ブロッコリー、いちご、みかん、さつまいも、柿、大根、キャベツ、キウイ、トマト、パセリ、ゴーヤなど

ビタミンB群

レバー、しじみ、うなぎ、ピーナッツ、卵、ほうれんそう、小豆、大豆、さけ、ピーマン、まぐろなど

ビタミンA

レバー、うなぎ、にんじん、とうがらし、しゅんぎく、ほうれんそう、卵黄、小松菜、チーズなど

ビタミンE

しじみ、かつお、卵、バター、アーモンド、大豆、ピーナッツ、うなぎ、さけ、ほうれん草、レバー、えんどうまめ、牛乳など

ビタミンを効率よくとる食べ方のコツ

せっかくビタミンをたくさん含む食材を食べるなら、効率よくとりたい所。
そこで、ビタミンを食事から効率的にとるコツをご紹介します。

生で食べられるものは生で食べる

加熱するとせっかくの成分が壊れてしまうので、生で食べられるものは生で食べるようにしましょう。
間食に生で食べられるフルーツやピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類を食べると良いですよ。

加熱など調理時間は短く汁ごと食べる

冬場など生野菜を食べると体が冷えてしまう…というような場合は、たっぷりの量を食べるとビタミンが多く摂れますが、お湯で茹でるとビタミンCが溶けだしてしまうので、温野菜はレンジでチン!がおススメ。

また、加熱する場合は、加熱時間を短くしましょう。

野菜スープやお味噌汁など、溶け出てしまった栄養素もすべて汁ごと食べられる料理もおススメです。

小分けして食べる

また、一度に食べても身体の中に蓄積しておくことができませんから、1日の中で何度かに分けてビタミンCを摂るようにしましょう。

どれくらい摂ったら十分なの?

シミ対策をしようと思ってビタミンCを摂る場合、どのくらいの量を摂ったらいいのでしょうか?

厚生労働省が定める成人1日のビタミンC必要摂取量の目安は、男女ともに100㎎。
意外と少ないですね。

でも、シミ対策をしたいと思うと摂取量は1000mg~2000㎎必要だと言われています。
1000㎎のビタミンCをとろうと思うと少し大変。

例を挙げてみます。

●生で食べられる果物
キウイ 1個=59㎎
いちご 10個=160㎎
みかん 1個=26㎎

●生で食べられる野菜
パセリ 1本=6㎎
ミニトマト 5個=25㎎

●茹でた野菜
ブロッコリー 4分の1個=22㎎

●炒めた野菜
ゴーヤ 2分の1個=70㎎

このような量なので、厚生労働省が推奨する100㎎を摂るなら食事からでも十分ですが、シミ対策に十分な量を摂ろうと思うと食事からでは難しい現実があります。

仮に十分な量を食べようともうと、「食べ過ぎ=カロリーの摂り過ぎ」という心配も出てきます。
その場合は、サプリメントなどでビタミンを補うのも1つの方法。

サプリメントなら、ビタミンCだけでなくシミに効果的なビタミン類やミネラルをバランスよく配合された製品などがあるので便利です。

摂り過ぎたらダメ?

普段の食事から摂る程度であれば、たくさん摂ってもビタミンの摂り過ぎになってしまうというような事はありません。

ただ、空腹時にレモンやみかんなどを一気に大量に食べると吐き気や下痢などの胃腸症状が出てしまうことがあります。
先ほどもご紹介したように、ビタミンは一度に食べても体内に蓄積されないので、少しずつ回数を分けて食べるようにしてください。

サプリメントでとる時は過剰摂取に注意

ただし、サプリメントなどでビタミンを補給するときは要注意。
摂り過ぎると副作用があるビタミンもあります。

●ビタミンA:
脱毛、皮膚の乾燥、頭痛

●ビタミンE:
筋力低下、疲労、吐き気や下痢などの胃腸障害

シミに効果的とはいっても、サプリなどの吸収が良いもので補給すると摂り過ぎになってしまうことがあるのでご注意くださいね。

ビタミンCは朝に食べると日焼けがひどくなるの?

shutterstock_301486010

ビタミンCは朝とると日焼けしやすくなるという噂が…。

朝食でフルーツや野菜を食べる方や、スムージーを飲む方も多いと思うので、 その真相について調べてみました。

ビタミンCと日焼けの関係

ビタミンCを含む食べ物の中には、なんと朝食べると逆に紫外線の影響を受けやすくなる物質が含まれているものがあるとのこと。

その物質とは「ソラレン」。
ソラレンとは光毒性を持つ物質で、光に当たると紫外線に過敏に反応してしまいます。

そのため、ソラレンを朝食べて紫外線に当たってしまうと、皮膚からの紫外線吸収量が増え、シミの原因になる…と言われているのです。

ソラレンを含む食べものとは?

レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物、きゅうり、セロリやシソ、三つ葉などの野菜などが挙げられます。

食べる時間を工夫

ビタミンCといえば昔からレモンですし、食べものは偏ったものばかりを食べるのではなく色々な種類をバランスよく食べたほうが健康にも良いです。

なので、ソラレンが含まれるからといって敬遠するのではなく、そういった食材は夜摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

朝食べるのにおススメはコレ!

ビタミンCは、夜だけ一生懸命とるより一日の中でこまめに摂ったほうが良い栄養素。
なので、朝はソラレンが含まれていない食材をおすすめします。

朝食べるのにおススメなのは、果物ならバナナ、りんご、ぶどう、いちご、なし、野菜やらほうれん草、青梗菜、レタスなどがありますよ。

あとがき

shutterstock_74946154

いかがでしたか?

シミにはビタミンCが良い!とよく言われますが、実際には「ビタミンC」だけではなく「ビタミンA」、「ビタミンB群」、「ビタミンE」
を摂ることも大切なので、バランスの良い食事を意識してください。

その上で、ビタミンCは他のビタミンよりも不安定で壊れやすく身体に蓄積されにくい成分なので、意識的に多めに食べるようにした方がいいです。

ただし、一気に食べても吸収され肌に届く量は限られているので、何回かに分けて食べるようにしてくださいね。

また、シミに効くようにたくさんビタミンCを摂ろうと思うと、カロリーの摂り過ぎになってしまう心配がある人はサプリメントを利用するのもおススメ。

ただし、サプリメントを利用する場合は、過剰摂取しないように用量の目安を守ってください。

そして、せっかくビタミンを多めに食べても紫外線を多く浴びてしまったらその効果は台無しに…。
日焼け止めクリームなどの紫外線対策も、しっかり行ってくださいね。

スキンケアでシミ対策するならコレ!

食事からビタミンを摂るように心がけたいけれど、でもそれだけでは不十分かも?と心配な人には、スキンケアでのシミ対策もおススメ。

私は、ビーグレンホワイトケアでシミ対策をしています。

1か月間使ってみた体験談をご紹介していますので、こちらも併せて読んでみてください。


\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • ハイドロキノンは効果抜群の美白成分!でも副作用に要注意

  • ビーグレンモイスチャーリッチクリームの口コミ評価!ケアの仕上げに効果的?

  • オリーブオイル洗顔が凄い!「毛穴の黒ずみケア」にも効果あり?

  • 美白化粧品の代表格!ビーグレンQuSomeホワイトクリームのシミケアが凄い

  • 【美白効果があるアロマ5選】アロマオイルでシミは本当に消えるの?

  • 【経過写真あり】シミデトックスの効果は?料金相場なども紹介!