1. TOP
  2. 汗は浴衣の敵!化粧崩れでデートを台無しにしない為の対策とは?

汗は浴衣の敵!化粧崩れでデートを台無しにしない為の対策とは?

-shared-img-thumb-PAK85_shimadukaminoke20140823_TP_V

浴衣を着て夏祭りや花火大会に行くのも日本の夏の醍醐味です。でも汗でせっかくのメイクが台無しに…そして、浴衣も台無しに…。
せっかくのデートなので、なるべく汗をかかずに、キレイに過ごしたい!そんな悩みのある方に、浴衣で汗をかかない方法を紹介します。

涼しい場所で着替えましょう!

日本の夏はとにかく暑い!じっとしていても汗が噴出すほど暑い日もあります。普段から顔汗がひどいという方は特に、デート中の顔汗も心配ですが、「デート中」とか「顔」にこだわったことではなく、とにかく浴衣って汗をかくんですよね。着るだけでもう大変!

なるべく着崩れしたくないから、先にメイクを済ませてから浴衣に着替えたら、着替えるだけで汗だくで、せっかくのメイクがドロドロになってしまった・・・そんな経験、私にもあります。

浴衣に着替えるときは、メイクが先でも後でも・・・、とにかく強めの冷房をかけて、涼しい場所で落ち着いて着替えましょう。着慣れていないので、上手に着れない~と焦ってしまうと、さらに汗が吹き出てきますよ。落ち着いて余裕をもって着替えてくださいね。

メイクはポイントメイクが良い!

浴衣のときのメイクは、しっかりメイクでなくて大丈夫です。ファンデーションはナシにしてBBクリームを使ったり、下地とフェイスパウダーだけ!というようなシンプルメイクがいいですよ。口元、目元などのポイントメイクにすると浴衣が引き立ちます。

ヘアスタイルもアップにしたり、すっきりまとめたほうが、襟足がきれいに見えて女性らしい和風スタイルになります♪

顔汗は舞妓さんに習うべし!?

真夏に舞妓化粧で着物をしっかり着ていても、少しも暑そうではなく、メイク崩れもしていない舞妓さん。舞妓さんって汗かかないように訓練してるの?なんて思ったこともあるのですが、もちろん舞妓さんだって汗をかくんです。顔に汗をかかないように工夫をしているのですね。

浴衣を着るときには、舞妓さんが顔に汗をかかないようにしている工夫を真似すれば良いんです。その工夫とは?

浴衣を着るときに、胸の上の辺りを強めに紐などで縛る

これだけです。これは、体の仕組みである「半側発汗」を利用した汗予防法です。圧迫すると、その部分から上は汗を止めることができるのです。舞妓さんは帯を締めるときに、胸の上辺りをしっかり占めているので、顔に汗をかいていないのです。私たちも浴衣を着るときにその方法で、顔汗の対策はできますよ。




[su_divider]

汗を抑えるアイテム

顔汗を抑えるグッズ

紐でしばる事で汗を止める、汗止めベルトなどの商品があります。そういったものを利用すると、皮膚に負担が少ないですね。ただし、夏祭り、花火大会・・・と時間が長くなると、ずっと締め付け状態ってかなり苦しいです。

混雑した電車内などで気分が悪くなってしまったりするかも?ですから、あまりキツキツに締め過ぎないようにしてくださいね。

舞妓さんの汗止め方法と併用して使ってみたいグッズもあります。それは、顔汗を抑える「顔汗制汗ジェル」です。顔に使える制汗剤は少ないのですが、探してみるとあるんです。これならメイク崩れの心配なく、安心して夏祭り、花火大会を楽しめますね。

でも、半側発汗(圧迫して汗を止める方法)をしても、汗をかかなくなるわけではないのです。汗がかけなくなったら熱がこもって、命が危険にさらされます。圧迫していない部分から汗が出るのです。

私たちの体ってすごい仕組みになっているんだな・・・と改めて感心してしまいますよね。しかし、他の部分(胸、お腹など)から多量の汗が出てしまうと、それはそれで大変です。しっかり対策しましょう。

ワキ汗・胸汗は浴衣用の下着で対策!

暑いから、余分なものは着たくない!浴衣の生地もそこそこ厚いから透けない、大丈夫!と肌着を着けずに浴衣を着てしまう方もいるみたいです。でも、素肌に浴衣はダメです。浴衣をお店で購入するときに、下着のことも思い出して購入してくださいね。買い忘れてしまった!という方は、通販でも購入できますよ。

浴衣用の肌着をきちんと着ければ、浴衣に汗染みを付けずにすみますし、透けずに着れるので上品さがUPします。ワキ汗対策として、浴衣用の肌着に汗ワキパットを着ければ、ワキ汗対策もバッチリです!

胸汗も多いという方は、和装用のブラジャーも売っています。和装用のブラジャーは、浴衣でも、振袖でも、多少バストのサイズが変動してもずっと使えるので、一枚持っているとこれからも便利ですよ。

お腹の汗はタオルが大活躍!

お腹の汗は、タオルを巻くことで対策できます。肌着の下に一枚スポーツタオルを巻くとしっかり汗を吸収してくれます。タオルを巻いて「寸胴」にすると、帯も巻きやすくなりますよ。

タオルなんて巻きたくない!余分な太さを出したくない!なるべくスリムに浴衣が着たい!という方は、浴衣用の肌着を買うときに、タオル地の肌着を買うと一石二鳥です。

でも、ぽっちゃりさんでバストも大きい!という方は、なるべくウエストにもタオルを巻いたほうが見た目がきれいです。着物・浴衣は「寸胴」が理想的体型です。胸とお腹との境目をなくしたほうが、スッとキレイに見えますよ。
浴衣を着る練習をするときに、お腹周りにタオルアリ、とナシの姿を一度チェックしてみてはいかがでしょうか?




[su_divider]

まとめ

夏、暑い季節の浴衣デートは、

・浴衣を着るときは涼しい場所で着替える
・メイクは薄め、ポイントメイクにする
・浴衣用の肌着を着ける
・顔汗対策グッズを使う(汗止め帯や顔汗制汗剤)

という方法で、汗対策ができます。グッズや肌着の購入には、費用がかかってしまいますが、肌着や汗止めバンドはこれからも使う機会がきっとありますし、制汗剤は夏の間のメイク崩れ対策にもすごく役に立つと思います。

他の部分で節約して、夏祭りデートを成功させるためにも是非使ってみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらコス 〜キレイを目指すための最新トレンドやコスメを紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

関連記事

  • 夏フェス初参戦の女子必見!どんな服装・メイクで行く?持ち物は?

  • 【ビアガーデンの服装】職場での飲み会マナーは先輩に聞く!?